SSブログ

周回遅れで『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見た、ファンサの行き届いた終幕だった(ネタバレあり) [アニメ周辺・時事]

 昨日、遅ればせながら『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を見てきました。

 この時期に見るくらいだから、当然熱心なファンではありません。

 友達と「『ナディア』の庵野の新作が始まるらしいぜ」とTVの前に座った、本放送の1話目。面白かったなー。
 「なんかスゴイの始まったぞ」感。





 録画しておいたビデオテープを、何回再生したことか。

 でもぼくは、TVシリーズの後半にはもう、熱が冷めていたように記憶しています。

 この前なにかのTVで、あの「長い時間・キャラクターが動かない演出」をプラスな面として紹介していて、ビックリしちゃったよ。

 そうか、あれは特「長」ということになっているのか。特「徴」ではあるけれども…
 TVで最初に見た時は、「これキツキツなのかな」って想像していたけれど(笑)。

 その後も、劇場版は一応全て映画館で見ているけれど、1回きり。内容もほぼ覚えていない。


 だから『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、新型コロナもあることだし、見ても見なくても良いな、くらいの気持ちでした。

 でもこれまでずっと映画館で見ていたのだから、最後も見ようか、と重い腰を上げたのが昨日。

 結論から言うと、見て良かったです。


ネットの断片情報から、予想していた通りのラスト


 まあ、ぼくのTLでは、ネタバレをした人はどなたもいなかったけれど、ツイートの端々から、たぶん最後は『Air/まごころを、君に』でやったことを、もう1回ドレスチェンジして描くんだろうな、とは思っていたので。

 終盤パートは「やっぱりこうきたか」と思いました(マリエンドなのはツイッターで見かけていた)。

 レイのラストシーンでは、カメラやセットがあったせいか、エヴァの旧劇版より・今村昌平の『人間蒸発』を思い出したけれども。あれ、意識しているんじゃないのかな。


 映画冒頭、まず艦を有線ファンネルのように使うオープニングの戦闘シーンで・「そうだそうだ、エヴァってこういうSF的なアイディアも魅力の1つだったよな」と思い。

 その後延々と続く農業シーンでは。
 「ああ……MAGIへの侵入回とか、TVアニメでSF的センスオブワンダーに触れた気がしてから25年以上経ち、農業シーンを長々と見ることになるとはなあ…」と。これは、

 嫌味や皮肉ではなく、本当にちょっと感慨深いものがありました。

 庵野監督の興味が移ったのかな、とまで考えました。庵野監督、サッポロポテトバーべーQ味やベビースターラーメンが主食のままだったら、あの農業シーンにはいかないと思うんだけれど(笑)。
 
 観客もスタッフも年をとった。上映前のCMでは、『シン・仮面ライダー』と『シン・ウルトラマン』が流れているんだもの。どういうことだ。


 あの村パートは「シンジの回復」と「レイの人間性の獲得」の2つを描くので、長い尺がいるのは当然。いいんです。
 「シンジを描くの辛そうだな、逆に綾波の描写は『筆がノッているな』」と思って見ていたけれど……村の序盤、世界観説明のためだけしか主人公が効いてないの・ちょっと辛いよな……


 それより、懐かしい面々が出てきたり、「トウジと委員長なんて意外やろ?」みたいなツッコミ待ちセリフがあったり、何より(物語的には全く必要のない)レイの制服姿も出てきて。

 「ああ、俺みたいな『TVシリーズを見ていたくらいの軽い視聴者層』もしっかりフォローしているんだな」と、制作陣のおもてなし・ファンザ―ビスを感じましたよ。

 念のために書いておくけれど、制服が好きってことじゃないよ。作品へのノスタルジーってこと。


「ヒロインとしての綾波」を見た


 レイってさあ、TV放映当時、人気のあるキャラクターだったんだよね。
 泥酔した俺の友達が、「綾波好きだー!」と叫んでいたのを思い出してしまった。なんて不毛なんだ……

 俺はあんな人形のようなキャラクターより、断然アスカの方が好きだったけれど。

 でも人気あるから、最初のレイが死んだ時、色んな意味で理解できなかったもんね。

 だって、「次の綾波」なんか来ても、そこに感情移入できないじゃん。だから「あれ、これなんだ?」ってのと、「ホントに殺したの?」とか、当時色んな思いがね。


 だからさー。
 今回のシン・エヴァ見た時に、「あ、綾波がもう1回ヒロインやっている」と思って。
 
 それもちょっと、ファンサービスに思えたんだよね。


丹念にエヴァを殺す


 ラスト、あったじゃん。なんかエヴァが次々といなくなるシーン。

 俺のような熱心ではない視聴者には、ちょっと覚えていないエヴァまで。丁寧に1体ずつ消滅させていく。

 もう復活しないように。
 アナザーストーリーでも、
 リブートでも、
 外伝でも、
 スピンオフでも、
 20××でも復活しないように、丁寧に殺していく。エヴァを。

 見ている途中で、「これ、分散しているガイナックスも含みたかったのかなあ」と邪推したけれど(笑)。

 あのシーン、「子殺し」とも言えるけれど、長い年月が過ぎたせいか、そんな悲惨さはなく。
 念入りに幕を閉じているな、復活しないように細心の注意を払っているな、と。

 それに、キャラクター4人それぞれに、ちゃんとエピローグを描いてあげたところも、クリエイターとして真摯な態度だな、と思ったし。

 だからどういう結果でも満足できるんだよね。

 カオルくんが「渚司令」だったとか、本来ならけっこうなギミックだったはずなのに、「もうどうでもいいや」感あったもん。
 「ああ、そうなの。でもいいんだ、よく頑張ったね。お疲れ様、ご苦労様」って感じ(笑)。

 改めて考えると、ヘンな見方だなー。手塚スターシステムの役者を見ている、ような。

 それこそ・ここら辺から、映画的にはメタ的な視点を導入して、作品世界と現実世界のミックスを始めていたので。


 その意味では俺、素直な観客だったと思うよ。スタッフというより、キャラクターに向けて「ご苦労様」と思っていたんだもん。


「風呂敷を閉じる」ために割をくったゲンドウ


 TV放映当時、エヴァの最大の魅力は「大風呂敷を広げておいて・閉じない」だと思っていたので。

 なんとか形付けて終らせようとすると、やっぱ敵ボスが割食うよね。

 もう動機が弱い。ユイユイ言っているけれど、今回の世界設定では、赤木親子に手出してないの? とも思うし。
 あんなに精巧なクローン作れるなら、それでユイを作って慰めてもらえばいいでしょ、とも。


 かと言って、細田監督みたいに「親子」を描きたいわけじゃないだろうから。もう、ちょっと辛いなって。

 衒学的味付けが『エヴァ』の持ち味だったんだから、行動の理由なんて謎のままでいいのに。

 まあ今回の映画の難点は、ここだけかな。

 他のエヴァ映画と同じく、もう1回見ることはないだろうけれど、劇場で見て良かった。確かに終幕だった。

 お疲れ様。



おまけ。下のツイートは、プラグスーツを着る時のことです


 レインボーだったろ!

 




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。