SSブログ

衛星劇場で押井監督の『御先祖様万々歳』放送 [アニメ周辺・時事]





CSの衛星劇場で5月、押井守監督の『御先祖様万々歳』が放送される。
「俺たちのOVA特集」の中の1つ。

昨年末、旧ツイッターで「『御先祖様万々歳』はどこでも配信されていない」という呟きを見かけたので、今回の放送は貴重と言えるかもしれない。

たしかにぼくが契約しているAmazonプライム・ネットフリックス・U-NEXTでも配信されていない。
『舞台「鉄人28号」』や『ガルム・ウォーズ』なら未配信もありえるが、『御先祖様万々歳』は配信されていると思い込んでいたので、意外だった。


『御先祖様万々歳』は、通常の「アニメ作品」として見ると肩透かしを食らうかもしれない。

「やや先鋭的な舞台作品をアニメ化した」と思って見始めたら、すんなり消化できるだろう。

特長(「特徴」ではない)は、饒舌すぎるセリフ回しと、それに負けない古川さん・勝生さんをはじめとする声優陣の演技合戦にある。
キャラクターの動きを見ながら、長いセリフを存分に楽しむ。
押井作品特有のテーマ性もあるが、個人的にはあまり意識しない方が良い。

『御先祖様万々歳』には、全6巻をまとめた劇場版『MAROKO 麿子』もあるが、冗長さこそが魅力の1つなのだから、やはり『御先祖様万々歳』の方が楽しめる。


本作の最大の見どころは、主人公が雪の中を進むラストシーンだ。

押井作品のモチーフの1つである飛行船が飛び、その飛行船はセイダカアワダチソウと同じ黄色をしている。

主人公とその飛行船の関係性が、そのまま主人公とヒロインの暗喩なのだが、そこは見てのお楽しみ。
押井監督の盟友とも言うべき、川井憲次さんの音楽がこのラストシーンを盛り上げる。

数々の押井作品を彩ってきた川井さんの劇伴だが、ぼくはここで流れる「胡蝶の夢」(このタイトル! 第6話のタイトルでもある)が一番好きだ。


※最初「です・ます調」で書き始めたが・調子出なかったので、エラソーな文体にした。





nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。