SSブログ

Anison Days(アニソンデイズ)1月5日放送分、ドリカム中村さんゲスト回の『Gのレコンギスタ』関連トーク書き起こし [富野監督関係]





BS11で毎週金曜に放送している番組「Anison Days(アニソンデイズ)」。

MCは森口博子さん、サブMCは酒井ミキオさん(コードギアスやスクライドに参加しているミュージシャン)。

1月5日の放送は、DREAMS COME TRUEの中村正人さんがゲストでした。
「中村さんが」TVで初めて劇場版『Gのレコンギスタ』の主題歌『G』を歌いましたが、関連トークもあったので、書き起こしておきます。


いつも怒っていた富野監督


中村さん「ポスター 1枚のみで楽曲を書いたので」

森口さん「え、ポスター 1枚だけで」

中村さん「(富野監督が)もう何の説明もしないから、このポスターを見て感じたのを楽曲にしてくれ」

森口さん「しかも歌い出し、いきなり『モビルスーツ』。あんなガンダム、ストレートなガンダムなかなかないですよね」

中村さん「衝撃です」

森口さん「衝撃でした」

中村さん「その点では、ちょっとガンダムファンの方にも受け入れられていただけてもらえたかなという自負はあります」

森口さん「富野監督と対談した時に、うちの奥さんがね『ドリカムがいい』って推したから、こういうことになったんだよって。後ろにポスターが貼ってあって、愛おしそうに見ながらいいよドリカムってもう推してました監督」

中村さん「そうですか? 富野監督はぼくに会う時は、いつもぼくのこと怒ってますけど(笑)」

森口さん「えー、なんでなんで」

中村さん「めちゃめちゃ怒ってるんですよ」

森口さん「えーどんな感じで」

中村さん「最初ね、デモテープをお渡しした時に、美和さんの声が聞こえないな、美和さんの声が聞こえないとか。例えば、こういうインストものを劇中に使う時はいかがですかって言ったら、それは挑戦か、受けてたとうじゃないか(と富野監督が)。なんかこう、何でもかんでも喧嘩腰になってしまうので」

一同笑い。

中村さん「でも富野監督って素晴らしいですね。天才です」

森口さん「天才ですよね」


酒井さんによる『G』解説


酒井さん「マサさんが青春の頃に聞いていた、当時のソウルファンクのニュアンスがふんだんに出ている、グルービーな楽曲ですよね。あとそう、気になったのはガンダムのGじゃないですか。この曲Eマイナーなんですけど、まあ言ってみればG(メジャー、平行調)じゃないですか。

中村さん「(ビックリ顔)おおー。…俺がそんなこと考えてるわけないじゃないですか」

酒井さん「あれ?!」

(一同笑)

中村さん「ミッキー(酒井さんのこと)すけえな!」

酒井さん「そうなんですか?」

森口さん「ぐうぜーん?」

中村さん「ぐうぜーん」

酒井さん「あえてGにしているのかと思って」

中村さん「なになになに言ってんの。打ち合わせの時言っといてよ、俺の手柄にしたのに」

酒井さん「かけてるのかなと思って」

中村さん「まさにそういうことですね(笑)」


以上です。
「それは挑戦か」は、『キングゲイナー』の時の田中公平さんとのエピソードを思い出しますね。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。