SSブログ
富野監督関係 ブログトップ
前の20件 | -

「愛」「宇宙」「未来」「星」「命」…井荻麟(富野監督)作詞の中で、一番頻出しているワードは何? [富野監督関係]

 アニメ監督だけではなく、作詞家「井荻麟」としても多数の作品を残している富野監督。
 欲を言えば、自作品に関係ないところに詞を提供していたら、ファンとしてはもっと嬉しいですが…

 さて井荻麟作詞によく出てくる単語を把握すれば、「なにか傾向のようなものが掴めるのでは?」と思って始めたのが今回の企画です。

 ま、結論から先に書くと、傾向など何も掴めず(分析能力ないので)、ただのお遊び企画になってしまった…


手順


頻出ワードの検索方法は以下の通りです。

代表的な井荻麟作詞の歌詞を見て、多そうなワードをリストアップする

歌詞検索サイトうたてんで「井荻麟+任意のワード」で検索

ヒットした歌を1つ1つあたり、検索で任意ワードの出現数を数えていく

「うたてん」でフォローしていない井荻麟作詞曲は、歌詞検索サービス「歌ネット」で調査

歌1つずつ、リストアップした18種類のワードを検索でチェックしていく

要するに、手間がかかったということです。数字に間違いあったらスマンな(多分ある)。


私がリストアップした言葉は以下の18種類です(50音順)。


1、愛

2、哀(哀しみなど含む)

3、明日(あす、あした)

4、命(生命、平仮名表記含む)

5、今(今日は除く)

6、宇宙(うちゅう、そら、宙=そら、平仮名表記含む)

7、男

8、女

9、君(平仮名表記含む)

10、銀河

11、唇

12、心(平仮名表記含む)

13、時、時代(平仮名表記含む)

14、瞳

15、星(星々含む、平仮名表記含む)

16、未来

17、~(して)みせる(見せるは除く)

18、燃え(平仮名表記含む)


名詞以外も含まれていますが…

さて皆さん、1~18、どの言葉が一番使われていると思いますか? なお使用回数が同じ場合は、使用曲数が多い単語を上位にしています。


対象作品


 今回、検索対象にした井荻麟作詞は以下の37作品。

『カムヒア! ダイターン3』
『翔べ! ガンダム』
『シャアが来る』
『きらめきのララァ』
『いまはおやすみ』
『哀 戦士』
『風にひとりで』
『めぐりあい』
『スターチルドレン』
『ビギニング』
『復活のイデオン』
『コスモスに君と』
『セーリング・フライ』
『疾風ザブングル』
『乾いた大地』
『わすれ草』
『HEY YOU』
『ダンバインとぶ』
『みえるだろうバイストン・ウェル』
『スターライト・シャワー』
『傷ついたジェラシー』
『Z・刻をこえて』
『銀色ドレス』
『一千万年銀河』
『君を見つめて ~The time I'm seeing you~』
『STAND UP TO THE VICTORY』
『いくつもの愛をかさねて』
『いつかまた生まれた時のために』
『ひなげしの旅のむこうに』
『生まれてくるものへ』
『愛の輪郭』
『ターンAターン』
『CENTURY COLOR』
『月の繭』
『キングゲイナー・オーバー!』
『氷の上のおやすみなさい』
『Gの閃光』

井荻麟作詞曲はまだまだあるんだけれど、「鈴置さんに提供している曲が抜けている!」「ハッシャバイがないぞ!」とかは勘弁してください。お遊びなので…

では以下、結果発表です。


結果発表・18位~11位


【18位】
瞳…『みえるだろうバイストン・ウェル』『銀色ドレス』など5曲、5回。

【17位】
女…『哀 戦士』のみ、6回。

【16位】
~(して)みせる…『STAND UP TO THE VICTORY』『Gの閃光』など3曲6回。

【15位】
哀…『哀 戦士』のみ。7回。

【14位】
燃え…『翔べ! ガンダム』『キングゲイナー・オーバー!』など3曲、7回。

【13位】
唇…『傷ついたジェラシー』『Z・刻をこえて』など5曲、7回。

【12位】
男…『哀 戦士』『風にひとりで』など3曲、8回。

【11位】
銀河…『一千万年銀河』『月の繭』など6曲、8回。


結果発表・10位~1位


【10位】
未来…『CENTURY COLOR』『Gの閃光』など6曲、9回。

【9位】
明日…『Z・刻をこえて』『Gの閃光』など7曲、9回。

【8位】
時、時代…『ダンバインとぶ』『STAND UP TO THE VICTORY』など11曲、18回。

【7位】
宇宙…『スターチルドレン』『一千万年銀河』など12曲、23回

【6位】
愛…『いくつもの愛をかさねて』『愛の輪郭』など7曲、26回。

【5位】
星…『コスモスに君と』『一千万年銀河』など16曲、31回。

【4位】
君…『コスモスに君と』『君を見つめて ~The time I'm seeing you~』など11曲、33回。

【3位】
命…『Z・刻をこえて』『キングゲイナー・オーバー!』など16曲、33回。

【2位】
今…『シャアが来る』『君を見つめて ~The time I'm seeing you~』など13曲、34回

【1位】
心…『乾いた大地』『いつかまた生まれた時のために』など18曲、34回


 結果、私が調べた中では「今」と「心」が一番使われていました。曲数では「心」の方が多かった。

 「愛」がそれほど伸びないのは予想通り、嗜好を考えると「~みせる」はもっと多いと思っていたんだけれど…
 全然だったな。


 しかし…37作品もあって、しかも「作品カラーに沿った作詞」という縛りを考えると、もっと頻出ワードが偏っているんじゃないかと予想したけれど、そうでもなかった…… 

 ここからも、「井荻麟」としての姿勢が垣間見える気がします。




nice!(3)  コメント(63) 
共通テーマ:アニメ

サンライズ創立30周年記念本『SUNRISE CHRONICLE(サンライズクロニクル)』を読んだ [富野監督関係]

 どうもです。お久しぶりです。

 「富野由悠季の世界」展の札幌会場が1月23日に終了し、これで全日程が終了しました。

富野由悠季の世界札幌会場.jpg

 ぼくが行ったのは青森と札幌の2会場。愚痴っていた割には、まあいいか……

 札幌会場では、富野監督関連の書籍が読めるコーナーもあって、そこに『SUNRISE CHRONICLE(サンライズクロニクル)』の『Ⅰ』『Ⅱ』も並んでいました。

 『サンライズクロニクル』は、サンライズが創立30周年を記念して出した本。非売品で、だからバーコードもありません。
 たぶん、関係者に配られたのでしょう。2巻合わせて700ページ以上あります。

 前から読んでみたかったのですが、非売品なので当然プレミアムがついており、例えばメルカリだと・この記事を書いている時点で5600円~15000円の価格が付いています。
 どいつもこいつも表紙のシリアルナンバー消していやがって、後ろめたい気持ちはあるんだな…


 昔、この書籍の存在を知った時に、札幌の図書館蔵書検索で調べたのですが、やっぱりありませんでした。

 しかし「富野由悠季の世界」札幌会場には並んでいる。このコーナーに並んでいる本は、「北海道図書館所蔵」とある!

 そうか、市図書館ではなく、北海道図書館か。考え付かなかった…

 さっそく予約。
 1冊ずつしか蔵書はないので、「富野由悠季の世界」終了後、私の手元にくるよう予約しました。



 
 江別市(札幌の隣)にあるので、直接行かず郵送で貸し出し。
 往復2千円かかるけれど、それでも転売ヤーから買うよりは安い。


 そして今月頭に届きました。

サンライズクロニクル.jpg


 さて、肝心の内容ですが、1977~2007年にサンライズが制作・協力した仕事内容をまとめたもの。
 つくりとしては、1997年に発売された『サンライズアニメ大全史』をリッチにしたような。


サンライズアニメ大全史 (タツミムック)

サンライズアニメ大全史 (タツミムック)

  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2022/02/17
  • メディア: ムック



 文章は氷川さんによる、当時のアニメ界・時世を合わせてサンライズの状況を語るコラムが何本か載っているのみ。
 期待していた・富野監督をはじめとする関係者へのインタビューは一切なかったですね。

 まあ、それは「サンライズ創業30周年企画『アトムの遺伝子 ガンダムの夢』」に集約しているってことでしょう。


 『クロニクル』だけあって、有名なTV作品はもちろん、店頭の販促で使っていたような作品も網羅されていました。

 個人的には、『噂の刑事トミーとマツ』のOP、サンライズが手掛けていたの知らなかった。



 トミーが怒るきっかけ、今では放送難しいだろうな……


 それと『Z』の意味が、ギリシャ文字で「6番目(年後)」と、「これで終り(ゼット)」って豆知識が書いてあって、知っていたような・初めて読んだような。

 VHD向け作品とか、時代を感じさせるものもあったり(『DEAD HEAT』)。
 サンライズ、『オバタリアン』をアニメ化していたのか…とか、『死にぞこない係長』なんてぼくは全く聞いたことが無い作品があったり(監督は、富野ファンならお馴染み杉島さん)。

 『The Impression of First GUNDAM』とかガンダム『グリーンダイバーズ』とか、「名前は知っているけれど見たこと(体験したこと)はないもの」も載っていて、そこらへんは有難かったです。

 時代を感じさせると言えば、「サンライズが社名変更 4月から『バンダイナムコフィルムワークス』に」のニュースが流れてきた時期だったので、「社名ロゴの変遷」は少し寂しかったですね。


 ちなみに巻末のスタッフ一覧には、「監修」に富野監督の名前がありました(ほかに高橋監督と飯塚正夫さん)。

 


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:アニメ

HBCラジオ『サンデーモーニングトーク』11月21日放送(ゲスト富野由悠季監督)文字起こし [富野監督関係]

 どうも。
 HBCラジオ(北海道のTBS系列)の朝6時50分から放送している『サンデーモーニングトーク』。11月21日放送分は富野由悠季監督がゲストで登場しました。

 月300いくら円払えばradikoで日本中どこからでも聞けるし、文字起こしはしなくてもいいかなと思っていたんだけれど…

 10分間の番組なので、一応残しておくことにしました。
 富野監督みっちり話されたので、10分間にしては文字起こし量多かったけれど…

 パーソナリティはクイズ大好き山内要一アナウンサー。
 では敬称略で、文字起こし。適度に入れている中見出しはもちろんブログ主が施したもの。


文化功労者の顕彰式で天皇陛下からかけられた言葉


山内:今週は機動戦士ガンダムシリーズをはじめ数多くの作品で総監督を務めて、今なお精力的に作品を送り出す富野由悠季さんにお話を伺ってまいります。富野監督、おはようございます。よろしくお願いいたします。

富野:おはようございます。富野です。よろしくどうぞお願いします。

山内:もうすでに行ってきたという方もいると思いますが、今月17日水曜日から北海道立近代美術館で待ちに待ちました特別展「富野由悠季の世界」がスタートいたしました。
展覧会私も見てきましたが、鉄腕アトムからGのレコンギスタまでですね、55年にわたる富野監督のお仕事をもう、ほぼ全て、見られるというような展示になっていますので、いろいろそのお話を伺う前に。

富野:はい。

山内:文化功労者、おめでとうございます。

富野:ありがとうございます。
あのー、これも本当ファンがいてのことですし、それから作品、それから作品外のことでもいろいろイベントや何かで協力してくれたスタッフがいてくれたからだという風に思っています。そういう意味では時代に押されて、そういう人たちがいてくれたおかげでの受賞、つまり総代として受けて参りました(この「総代」は16日・サツゲキでのトークショーでも言ってましたね)。
そして天皇陛下とも、お声を掛けていただいた時に、第一声が「(笑いながら)富野さん、あの『海のトリトン』が」ってきて…

山内:あっそうですか。

富野:はい。で、分かりました。あ、ご覧になってらしたんだなあ、っていう、そういう世代。時代がそういう風になったから、陛下のそういう言葉をいただいて。私は絶句しまして。何も話ができませんでした。

山内:へえ…

富野:というのは、まさか固有名詞が出てくるとは思わないわけですよ。だからありがたいと同時に、本当に幅広い視聴者に対してきちんとしたメッセージを送る作品が作れたんだろうか、っていうような思いもあったので、一瞬辞退したいとも思ったんですけれども。

山内:ほお。

富野:いや、文化庁からも言われたんです。これは応援団がいてくれて、ここまでのことを考えた時にって。それは顕彰しましたので、受けていただかなければ困りますって言われました。

山内:おそらくね、私もいわゆる団塊ジュニア世代なんですよね。いわゆるガンダム世代ですよ。

富野:そうです。

山内:そういった人たちがおそらく、いや富野監督にっていう声が上がったんでしょう。

富野 それは痛いほど感じました。つまり中央官僚から、まさに一般の方々まで、それから現在つまりリアルファンまでが、含めて、応援があったっていうことなので。お前だけ勝手にね、受賞面倒臭いから嫌だって言うな、っていう。ということ。

山内:(笑)。

富野:一番重要なことは、今までアニメの文化、ましてや巨大ロボットなんて文化のジャンルにも入ってないわけ。もう地の果て、へへ(笑)、ジャンルのものがこういう風に顕彰されたっていうことは、ジャンル全体とかアニメ全体が国家の目線から見てもやっぱり大きな地位に立って、社会的なメディアとしての位置付けっていうものを認識してくれたんだからだ、だから受ける。


「富野由悠季の世界」展について


山内:あの、今回の富野由悠季の世界についてもいろいろ伺おうと思います。
私も見てきましたがもう本当に壁の隙間ないくらいもう、だーっと展示物が並んでましてですね。 いわゆる根幹の部分とかもむき出し状態になっている作品展ですよね。今回私も拝見しましたけれども、

富野:全くそうです。そういうことです。

山内:これに関しては?

富野:基本的に展示物に関しては一切ぼくがコントロールしてません。それであのー、学芸員たちが結局美術館の学芸員でありながら、若い頃に子どもの頃にアニメを見ていたおかげで、っていうのが集結して今回展示をやったわけです。
だからぼく自身が、あ、この作品はこの時代にこういう風な形で見られていたんだとか、それから、何で自分はこういう風に思い付けたのかっていう、やっぱり一番根本的なところを見せておきたかった、っていう理由があります。
それが若い人にじゃなかったわけ。
ガンダムファンとか、それこそ歳をとっていく人たちに対して、実を言うとなんとなくの気分で巨大ロボットものをやったんじゃないんだよねっていうことをちょっと思い出しておいてほしい、っていうことが一番根幹にありました。
それはどういうことかと言うと、公共放送の電波を使っている。つまり公共に向けてメッセージ性ってのがある作品を作らなければいけないってことは、ぼくの中では基本的な哲学とは言わないまでもテーゼにしていた、っていう部分があります。

山内:はー。


「ニュータイプ」を設定してみたけれど…


富野:だもんで、どんなタイプの作品であっても、つまり近未来を全部輝かしいキラキラした世界だという風には思いたくはないし、それほど軽率にものを考えてはいけないっていう趣旨の作品があったりとか、ガンダムの場合には戦争の実相みたいなものがぼくの知っている第二次大戦の様相を転写することで、未来論というのを語れないのかなと思ってやった。
だからニュータイプ論みたいなことも設定してみたんだけれども、20年やって、世界中の偉い人たち・大統領レベルの人たちが皆オールドタイプだっていうことが分かったんで(ブログ主注:これもサツゲキのイベントで言っていました)、基本的にぼくに世界中の人間を感化する能力がないってことが分かったわけね。すごいでしょ?(笑)
世界中の人間を感化したかったわけ。

山内:はあー。

富野:それでニュータイプって言葉を思い付いて、それでドラマを作ろうと思うと、人間ってね、そのくらい驕りたかぶって物語を作るわけ。
ってやってるけど「お前のやってるのさ、巨大ロボットものだよね」ってそれでおしまいなわけ。だけどそういうものにこだわりました。
ハタチくらいまではただの、ただのガンダムファン、メカファンだったのが、35になると少しものの考え方が分かって、「ん、やっぱりこうだったのね」とか。だからなるべく資料としては生々しい資料を並べておいて、そしてかつて自分の記憶にあったものが、こういうレベルから始まってるからこういう風に分かりにくいんだ、こういうレベルから始まってるからこういう風に面白いんだ、っていうようなことも含めて、もうお前ら子どもじゃないんだからきちんとしろよ、と言いたいわけ。

山内:うーん。

富野:だからああいう展示にしたの。
それできちんとしろよって言ったのはどういうことかと言うと、あなたたちに子どもがいるでしょ、なんです。
子どもの世代に対してどういう風に大人っていうのが大人の態度を見せていくかという時に、今の子たちはもう本当にデジタル時代になってしまって、SNSを使って、それでクリックしながら何やってるか分かんないような子どもたちをどういう風にコントロールしていくかという時に、あなたコントロールしてる? してない? 教育してる? しつけしてる? してない? だろ。もうちょっときちんとモノを考えるとか、対象に対しての自分の姿勢ってのを正しなさいよ。
そういうことしていかないと、次の子たちが全部グレていって、要するに地球を汚染する、汚染源にしかならないんだよ、っていうことを「富野由悠季の世界」展では言ってますって。嘘です。わははは(笑)

山内:いやいやいや、メッセージは十分ね、伝わる世界になっておりますんで。是非ね足を運んでいただきたいと思います。まだまだ聞いていたいところなんですが、お時間ということで。ありがとうございました。

富野:いえいえ、こちらこそありがとうございます。




教師が知らない「子どものスマホ・SNS」新常識

教師が知らない「子どものスマホ・SNS」新常識

  • 作者: 藤川大祐(千葉大学教授)
  • 出版社/メーカー: 教育開発研究所
  • 発売日: 2021/03/13
  • メディア: 単行本



ネット・SNSの危険から子どもを守れ! -教師・親のための早わかりbook-

ネット・SNSの危険から子どもを守れ! -教師・親のための早わかりbook-

  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 2021/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



しくじりから学ぶ13歳からのスマホルール

しくじりから学ぶ13歳からのスマホルール

  • 出版社/メーカー: 旬報社
  • 発売日: 2020/02/03
  • メディア: 単行本



告発 誰も晒せなかったSNSのヤバすぎる闇 (書籍)

告発 誰も晒せなかったSNSのヤバすぎる闇 (書籍)

  • 作者: コレコレ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2021/10/08
  • メディア: 単行本



 

nice!(2)  コメント(87) 
共通テーマ:アニメ

『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』電子版を無料配布中、当然富野監督への言及もある社史 [富野監督関係]

 今回は情報のみ。

 現在、KADOKAWAグループの会社が運営している電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」では、『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』を無料配布しています。

 HPにあるあらすじ・内容には「ライトノベル、コミック、アニメというもっぱらサブカルチャーの分野でKADOKAWAが創造した価値とその分野でのメディアミックス戦略の意味を解き明かす」と書かれています。

 「BOOK☆WALKER」への登録が必要ですが、これで入手できるなら全然OKですね。

 私はさっそくもらって、でもまだ読む時間は無いので、「富野」で検索だけかけてみました。
 当然ヒットしますよね。
 
 「New type」創刊の話(表面上? は『カムイの剣』上映に合わせての創刊ってことになっているのか…)、

 「ガンダム」ノベライズの件(カドカワからのセールスではなく、サンライズから版元移籍打診あった)、

 逆シャア公開に合わせた文庫の「富野由悠季・ガンダムフェア」、

 ガンダムエースの創刊、

 などで富野監督の名前が登場しています。

 まあ富野監督関係なくても、アニメに興味のある人やあの時代の角川映画に思いのある人は・無料でもあるので、入手しておいた方が良さそうです。 

 今見ると悪くないんだよね、角川映画(アニメじゃなく実写)。当時のあの空気は、なんだったのか……


 この『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』のプレゼント期間は今月末まで。これを無料で読めるのはありがたいな。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「富野由悠季の世界」札幌開催記念特別上映会・劇場版『機動戦士ガンダム』富野監督舞台あいさつ内容要旨 [富野監督関係]

 昨日16日、「『機動戦士ガンダム』富野由悠季監督舞台挨拶付き上映」が開かれました。

 今日から始まっている「富野由悠季の世界」展の記念上映です。

 富野監督が札幌で舞台あいさつしたのは、たぶん劇場版∀以来。19年ぶり……

 まさか一人でトークするはずないので、「どなたが対談相手(か司会進行)を務めるんだろう」と思っていたら、まさかの最初から最後まで・観客から質問を受け付けて答えていく形式でした。

 司会は、劇場の職員さんが担当していました。

 では、内容です。走り書きしただけなので、ザックリした要旨です。


富野監督登場前~登場


 開始前に、スタッフからスタンディングオベーションの要請。
 サプライズで誕生日ケーキプレゼントがあることの告知。

 富野監督登場。素直にスタンディングオベーションする来場者。

 富野監督「立たなくていい、座れ!」
 俺(おお……これだよコレ……!)

 富野監督「なるべく簡潔に答えて、数多くの質問を受けるように努力します」

 文化功労者選出お祝いの花束贈呈。
 しかしちょっと遅れて、花束現れない。

 富野監督「無視して次に行く」「急げ!」(結局笑顔で受け取りました)

 富野監督「(文化功労者選出は)スタッフそして皆さんがいたおかげ。私は総代。カドが丸くなったので、皆さんが期待するようなコメントは出しません(笑)」


来場者からの質問1


Q、ニュータイプについて。NTの概念は。

A、ニュータイプを説明できなかったのがガンダム(シリーズ)。∀以降は描くのをやめた。現実ではオールドタイプの人間が大統領になったし、人類に絶望しているという言い方もできる。でもニュータイプを具体的にあげることもできる。藤井聡太さん。羽生さんのコメントでそう思った。 


来場者からの質問2


Q、F91で、ビギナ・ギナに花を付けた意図。

A、細かい部分に引っかかることが不思議。花が持っている共通認識がある。絶望したくない。


来場者からの質問3


Q、昔の作品も素晴らしいですが、現在の作品も素晴らしいと思います。劇場版Gレコの進捗状況を教えていただけるでしょうか?(なぜこの質問だけちゃんと書いているかと言うと、質問したのがぼくだからである)



A、ちょうど先週アフレコを終えた。年末までにはダビングを終らせたい。でも問題もある。信じてもらえないかもしれないが、コロナ禍でアニメが増えて、アニメーターが不足している。来年の6月までには5部作を終らせたい。奥さんからは絶対に言うなと言われているが、生きている間に終らせろと言われている(笑)


来場者からの質問4


Q、樋口監督のローレライなど実写映画に出演した理由

A、同業者に依頼されたら出る。現場を見たい気持ちもある。勉強になった、ありがたかった。


来場者からの質問5


Q、作詞する上で心掛けていること

A、「本来やってはいけないところ」という自覚を持ってやっている。これしか書けない、という絶望感の方が多い。子どもの時を思い出してほしいが、詩や短歌、俳句などを書けると思ったはず。自分は中学で「詩」を選んだが、その後高校で学ばなかったのでバチが当たった。
 本来書いてはいけない奴が書いている。作詞ができるとは思っていないが、富野展で展示しているものもある。「しょうがねえなハゲは」と見逃してほしい(笑)。


来場者からの質問6


Q、アニメ作品のバックグラウンドがアニメになっている(アニメを見てアニメを作っている)。後進の育成は。

A、(育成の)意識は毛頭していない。ライバルが増えるから。
「なんとなく作る」ことはやめた。アニメは「公」に向かって公開するもの。その意識を持っていると、後進に方向性を示すことになる。
日本のヌーヴェルバーグ(ブログ主注・たぶん松竹ヌーヴェルバーグのこと)は後進が生まれなかった。自己主張ではなく、みんなが喜んでもらえるものを作る。若い人に貰える楽しい作品を作る。「お前の個性」なんかいらない(この前に、富野ファンならお馴染みの「教育現場での個性あるあるは嘘」の話もしています)


質問終了


 約30分間のトークでした。

 富野監督「結局(答えが)長くなってしまった。でも60点くらいはつけられる」

 誕生日プレゼントのケーキ登場。




 司会の女性「最後のご挨拶をお願いします」

 富野監督「(司会が)最後の挨拶と言いました。どうせ私は来年死にますよ」 


 以上です。劇場版ガンダムは「見なくてもいいかな?」と思っていたんだが、結局最後まで見てしまった。

 背景を省略するためか顔のアップが多用されていたり、今の目で見ると作画的に辛いところもあるけれど、やっぱり見ると面白いわ。

 小学生の頃、「アムロの母親って浮気していて嫌だな…」と思っていた記憶があるんだけれど。
 今見ると、カマリアを乗せた車を・男が運転しているだけなんだよね。

 まあでも、それで分からせるってことでしょ。
 そこら辺が巧みですよね。

 ただ、画質悪かったなあ(笑)。絵がブレているシーンすらあったんだけれど。
 10年くらい前にリバイバル上映で見た時も、あんなに悪かったかな……


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

『Anison Days』2021年11月5日放送分(ゲスト・GARNiDELiA)、Gレコ主題歌『BLAZING』言及部分文字起こし(富野監督のリテイク辛かった件) [富野監督関係]

 タイトル通り。発言者さんの敬称略。

 リテイクの話は、当時も何かのインタビューで語ってらっしゃいましたね。

 Gレコの話はないだろうと・期待もせずに見ていたら。
 「曲作りで苦労を味わった楽曲が…」とナレーションが流れてきて、「Gレコの話題来る!」と思ったよ(笑)。

 ではでは。以下から。


Na:巧みにニーズをとらえるGARNiDELiA。しかし曲作りで苦労を味わった楽曲が。

メイリア:『Gのレコンギスタ』っていうガンダムの作品の主題歌をやらせていただいた『BLAZING』って楽曲がありまして(笑)。あの、富野監督が監督された作品だったんですけれど、作詞もさせていただいて。そのリテイクがもう6回7回くらいあって。

森口:おー。

メイリア:1か月くらい1曲の作詞でかかっちゃったんですよ。私がデータで送ると、富野監督がここに〇つけて、ここはもうちょっと主人公の想いはこういう感じだから、もっとこいう心情を表現するような歌詞にしてください、みたいな。そのやりとりを永遠けっこう繰り返して。

森口:やっててめげなかったですか。監督もう…

メイリア:もう3回目ぐらいで無理かもしれないと思い始めて、もうなんかじゃあ監督書いてくださいみたいな気持ちになったんですけど。

一同:(笑)

酒井:そうなりますよね。

メイリア:分かんないよもうみたいな。分かんないよ、その気持ちみたいな。

森口:監督もきっと、打てばなんか響くじゃないですけど、何か出てくるかもしれないこのメイリアさんからはっていう可能性もすごく感じたんじゃないですか。

メイリア:そうだったんですかね。でもあの、ほんとにもう……もーほんとやだって思いましたね(笑)。

一同:(笑)

メイリア:もう絶対来ませんようにって願いながら。

森口:最後、こなかった時はどんな気持ちだったんですか?

メイリア:ヤッター! やっと解放されたって気持ちになって。でもあの、やっと認めてもらえたなと思って。すごいなんか頑張って良かったなとおもったんですけど。


 以上です。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

『伝説巨神イデオン』の音楽に関する発言を振り返る ※12月11日TV番組「この道わが旅~すぎやまこういち音楽の旅路~」富野監督コメント文字起こし追加 [富野監督関係]

 すぎやま先生が相変わらず愛想よく入っていらっしゃる。  
 「ああ、先生。井荻(麟)がよろしくって……」
 「なんだ? きょう来れないの? 駄目だねぇ。プロになりたくないってのわからんでもないが、それじゃあいいものなんて書けませんよ。あなた(富野監督)からもいっといてあげなさい。ファンに対して失礼のきわみです」
(徳間書店『「イデオン」ライナー・ノート―アニメの作り方教えます』から引用、カッコ内はブログ主)


 イデオンは色々と魅力のある作品ですが、OP・EDも含めて「音楽」もその魅力の1つだと思います。


 伝説巨神イデオンの音楽を書くに当たって、一番考えたことは、単に子供のためだけの音楽にはしたくない、ということでした。
(中略)
 イデオンの音楽は、バースのついたジャズのスタンダードナンバーの古い手法を取り入れたり、アメリカン・ポップス調のフィーリングで考えたりと、今までのアニメ音楽とは一風違った音楽作りをしたので、シンフォニックな面を強調した作品となりました。
(後略)
(株式会社日本サンライズ『伝説巨神イデオン記録全集1』から引用)

 サントラを聞くくらいのファンなら、このすぎやまさんのコメントには共感できるのではないでしょうか。


 富野監督がかつて語ったところによると、イデオンの音楽は『カルミナ・ブラーナ』をモチーフにしてほしいと依頼ししたそうです。


 音楽については、音響監督の浦上(靖夫)監督から、イデオンの曲はこれしかないということで、LPを1枚渡されました。それはカルミナ・ブラーナという曲です。それを、すぎやま(こういち)先生が受けて「あ、だったら全部分かった」と言ってくれた。ということで、全部決まった。テレビの時からそうです。プロは凄いなと思いました。それがあれば、そりゃがんばりますよというのが僕の立場でした。そういう意味で、しまったと思ったのは、「風呂敷広げすぎてしまってやばい」と(笑)。
(ASCII.jp『アツ過ぎる! サンフェスの開催前夜祭「イデオンナイト!」』から引用)


カルミナ・ブラーナ おお運命よ

カルミナ・ブラーナ おお運命よ

  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: MP3 ダウンロード



カルミナ・ブラーナ 踊り

カルミナ・ブラーナ 踊り

  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: MP3 ダウンロード




 イデオンは『弦がとぶ』などのBGMも良いですが、EDの『コスモスに君と』も名曲です。
 すぎやまさんの訃報で、戸田恵子さんもブログをアップされていましたね(「こすもすにきみと。」)。

 富野監督・すぎやまさん・音響監督浦上さんの座談会では、すぎやまさんは真っ先に『コスモスに君と』について触れています。

(前略)あの人が書いてきた、「コスモスに君と」という主題歌の言葉ね、あの詞を見てね、のったの。とてもいい言葉。

 それに答えるように、富野監督は次のようなことを言っています。

 「コスモスに君と」の曲をここで初めて聴かせていただいた時に、「あ、すぎやま先生っていう方はこういう風に、これで間違いなく全部がわかちゃったから後は何も言わなくていいや」っていうのがこちらにわかるわけですよ。
(株式会社日本サンライズ『伝説巨神イデオン記録全集4』から引用)


 この座談会でほかに興味深かった点は、

すぎやまさん曰く、富野監督は「わりと哲学的に物事を考える部分のある人」。

イデオンの音楽の基本に置いたのは、現代音楽寄りのクラシック。一番最初の時点で、オーケストラ音楽をもとにするということで2人の意見が一致した。

音楽自体が物語っているので、BGMとしては使いづらい面もあった。


 というところでしょうか。
 余談だけれど、この座談会読んでいたら、この年(1981年)に井荻=富野監督、をオープンにしたみたいだね。


 上の最後の「音楽自体が物語っている」については、CD『伝説巨神イデオン』のライナーノートでもう少し詳しく書かれています。


 富野監督いわく、「(すぎやま氏に依頼した)理由は明白であった。私たちは、明確に音楽を欲しいと考えたからだ。無論、自己主張だけがたつものでも困るが、かといって、BGM的な単なる雰囲気を創るだけのものは、必要としないと考えたのだ」

 ちなみにこのライナーには、すぎやまさんによる短い・各曲解説があって、その中で『コスモスに君と』については

 のって旋律を作ることができた、特に詩の中の「ふと」が心の琴線に触れた、と書かれています。
 また戸田恵子さんの表現力についても「さすがだなという感じがした」とおっしゃっています。


 もう1つ、ピックアップしておきたいところ。
 「デス・ファイト」って曲あるでしょ。戦闘シーンでよく使われている曲。

 あの演奏メンバー、田中清司さん(大野克夫バンド)や羽田健太郎さんなどが参加しているんだね。豪華だ…
 

 さて。
 私がイデオンの音楽で一番好きなのは、やはり「カンタータ・オルビス」です。

 資料を読むと、すぎやまさんに劇場版の音楽を依頼したのは1981年の11月25日(接触篇は82年7月公開)。この日、VTRやコンテを資料として渡しています。


 『イデオン』のテーマは、輪廻という言葉に代表されるように、やや仏教的なものじゃないかと考え、クライマックスのラストシーンでは大々的な生命賛歌をつくりました。「生命賛歌のためのカンタータ、オルビス」というのです。
(中略)
 アニメファンの方々にぜひオーケストラ・サウンドの豊かさ、楽しさを作ってもらいたくて、『イデオン』ではシンフォニーを中心に音楽をつくってみました。
(後略)
(徳間書店『ロマンアルバム・エクストラ51 伝説巨神イデオン』から引用)


 「カンタータ・オルビス」の歌詞はラテン語です。
 「オルビス」はラテン語で円・円運動の意味。 「カンタータ」は声楽曲のことなので、文字通り輪廻転生をイメージした曲名なのでしょう。
 
 スケジュールの話を続けると、年が明けて82年5月3日、BGM映画用総新作の打ち合わせだったそう。
 5月8日、富野監督によるすぎやまさんへのラッシュを見せながらの説明。午後1時から深夜0時まで打ち合わせ。

 8日に会議して、月末までに約130曲の作曲とアレンジだって! プロってすごいな…


 ここからは、2021年12月11日、NHKで放送された番組「この道わが旅~すぎやまこういち音楽の旅路~」での、富野監督コメントの文字起こしです。ざっくり・アバウト。

NA「富野監督はイデオンを作る時、ある注文をすぎやまさんにしたそうです」

富野監督「(イデオンの音楽でイメージしたのは)カルミナ・ブラーナっていう世俗的なカンタータって言い方があります。つまりカンタータってのはどういうことかって言うと、混声コーラスっていう、大コーラスが入る。
宗教的な雰囲気があってすごい。それでイデオンにはぴったりだ。つまり全滅作戦のお話を予定していたので。
それで初めて(すぎやまさんに)会った時に、本当に息をのんだんだけど、「あ、カルミナ・ブラーナね。はい分かりました」って。っていう返事だったの。「それでああいう雰囲気の曲になってるのね。で、それを今回ロボットものでやるのね」っていう部分を、本当にひと言で分かっちゃったの。
プロフェッショナルでやるにはこれだけの幅を持ってなくちゃいけないんだっていうことで、本当にビックリもしました」

NA「すぎやまさんの音楽は物語の結末に大きな影響を与えたそうです」
富野監督「幽霊オンパレードのエンディングシーンはぼくには描けなかった。あの曲(カンタータ・オルビス)がなければ。自分のオリジナルストーリーだけで映画を作れるってほどに自信があったわけじゃないの。そういう意味で言うとやっぱりあの楽曲に背中を本当に押されて、イデオンっていうのが作品として塊になったっていう意味では本当にあの、感謝していますね。
で、こういう話をしていると、今ふと思いましたけど、ここに(上の方)すぎやま先生が出てきて笑ってくれた(笑顔)」

NA「そしてED曲『コスモスに君と』は富野監督が作詞を担当しました」
富野監督「特にEDテーマの曲がものすごくぼくにとって好きだった。メロディーラインをぼくが聞きたいばっかりに書いている部分があったりして(涙ぐんでる?)。
(初めて聞いた時)出だし、ワンフレーズ聞いて涙が出ました」



IMG_20200730_015522.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ここから見始めてもいけるかも『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』 [富野監督関係]

 昨日、『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』を見てきまして。



 見る前は、「面白かったら、ファン向けの感想書こうかな」くらいだったのですが。

 噂? によると、『閃光のハサウェイ』は新規の人にも好評だったそうじゃないですか。だったら今、ひょっとしたら

『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』にちょっと興味あるな、

でもガンダムシリーズ知らないし、

熱心なマニアは鬱陶しそうだし、

そもそも劇場版GのレコンギスタのⅠもⅡも見てないし…


 と二の足を踏んでいる人がいるかもしれない。
 だから大丈夫ですよ、それでも楽しめますよ、ってことを書きたいと思います。



設定や固有名詞なんて無視


 そもそも、ぼくはTVシリーズも見ているし・Blu-rayも持っているし・これまでの劇場版も映画館で見ているけれど、

 それでも固有名詞や世界観設定、キャラ配置なんかを全部覚えている訳じゃないんですよね(記憶力の問題)。

 『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』では冒頭、聞き慣れない固有名詞が続々出てくるけれど、そんなの分からなくて当然、大丈夫大丈夫。
 この映画の面白さには何の影響もない。

 冒頭にこれまでのあらすじがあった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、親切でしたね。

 熱心なファンはそれまでに前作を見返すのかもしれないけれど、ライト層の人だっているんだから。
 ぼく自身が・そのライト層で、記憶力も悪いから(2回目)、あの「振り返り」はありがたかった。

 
 『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』はそんなものも無いのに、いきなり固有名詞を次々と圧縮セリフで出して、観客に理解させようっていうんですから、そりゃ無理な話です。

 分かんない、でいいんです。あなたが悪いんじゃない、作った人が悪い。

 見終わって『Gのレコンギスタ』の世界に興味を持った人は、公式アカウントが勉強みたいに専門用語なんかをたくさんツイートしているので、それを読んでみてください。



 でも大丈夫です、こんなの分からなくても十分楽しめますから。



そもそも『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』から見て楽しめるのか?


 ほとんど・あるいはまったくガンダムや『Gのレコンギスタ(今後はG-レコと略しますね)』の知識がないのに、楽しめるのか?

 というのは、もっともな疑問だと思います。劇場版は全5部作、ナンバリングの真ん中ですからね。

 でも、人間の「補完力」って、すごい高いものだとぼくは思っています。


 そもそも、ほとんどマーベル作品なんて見たことないのに、『アベンジャーズ/エンドゲーム』だけ見た人いません?

 興味ないのに、彼氏の付き合いで嫌々スターウォーズシリーズのどれか1本だけ見た人は?

 プリキュアよく分からないのに、子どもの引率でオールスターズを見たお父さん・お母さんだっているんじゃないでしょうか。

 でもどれも「分かんないところは放置したまま」、それなりに楽しめたんじゃないですか? 
 あ、ごめん。スターウォーズシリーズはちょっと分かんないけれど……(笑)

 だから『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』も、面白く見られます。分からないところはそのままで、楽しく見進められるものなんですよ。


 それでもしあなたがツイッターやっていて・「ガンダム初めてみたけど面白かった」的なことを呟いたら。

 たぶん「もっとGーレコを広めたい」って熱心なファンの皆さんがたくさんいて、「いいね」を推してくれる→あなたの承認欲求が多少満たされる、なんて副産物もつきます。

 で、「いやこれを見ないと」「じゃあ次はこれですね」とリプしてくる奴いて鬱陶しかったら、全員スナブロ(スナック感覚でブロック)しちゃえばいいんです。



キャラクターはカップリングで把握する


 あとね、各勢力が入り乱れていて、キャラの立ち位置を把握しづらいんですよ。

 公式アカさんが、この資料をあげていますけれど。

 


 別にガンダムファンでもない、「ちょっと興味を持っている」くらいのあなたは、勉強じゃないのに・こんなの覚えてられないですよね。

 ただでさえ「大まかに」4グループあるのに、さらにその中でも勢力争いして一枚岩じゃなかったり、「もとはAグループだったのに今はBグループ」みたいなキャラがいて、ややこしい。

 しかも劇中では、各グループを軍艦で呼び分けていることが多いんですよ(上記のツイートも、そのために各グループ・軍艦名を記していると思われます)。
 さらに各グループに所属している軍艦は・当然1つじゃないので、ますます覚えきれない。

 でもね、いいんスよ。理解できなくても。

 キャラクターを、カップル、またはユニットで把握しちゃえばいいんです。

 「こいつとこいつはカップル」「こいつらは三角関係の3人」とかで追っていけばいいんです。

 そこら辺の人物描写はね、富野監督マジ巧みで匠ですから。

 意識しなくても、すんなり頭に入ってくるはずです。



「出てくるメインキャラはほぼ全員バカ」だけ理解する


 ここまで読んでいただいた方は、「え、これで面白いの?」と思われるかもしれません。

 でもね、不思議ですけど、面白いと思います。見ると。しかもできれば劇場の大画面・大音量で。

 G-レコのメインキャラって、

ほぼ全員がバカで、

ほぼ全員が「自分(たち)は他人より優れている」と思っていて、

だから当然・逆に事態は「ほぼ全員の思った通りに進まない」し、

ヒロインの姫様は無鉄砲な「何でも見てやろう」だし(マルC小田実)、

全員がお調子乗りだから「よーし姫様に従うぞ」だし、

全員がお調子乗りだから「よーし俺たちも行くぞ負けてられるか」だし、

なんかこの世界にはタブーがあるらしいけれど、それも「盾に使う」ような奴らばかりだし、

「悪の黒幕」なんていないのに戦闘や争いは起こっているし、


 それがね、見ていて楽しんですよね。エネルギッシュなんです、キャラクターが。

 「こんなに好き勝手動きやがってバカどもが、うらやましい」ってなるんですよ。楽しい時間ですよ。



声優さんの声が耳福


 「耳福」って、「眼福」にちなんだ・俺の考えた言葉だと自惚れていたら、コトバンクに載っているな…なんだよ、すでにあったのか……「中日辞典」だけれど。

 で、ここからはちょっとマニアックな話になってしまいますが。
 声優さんの声がねーすげえいいんですよ。

 逢坂良太さんの底抜けな「天才」セリフも良いですし。逢坂さんと佐藤拓也さんの、「互いに褒め合いながら内心バカにしあう」掛け合いも良かったすねえ。

 もちろん主人公の石井マークさん・嶋村侑さんの声も心に残るんですが。

 中でも福井裕佳梨さんの声がねー。可愛いんですよ。特に、医者の隣の家を気に入った時の声、すっっっごく可愛くなかったです? ああ、可愛い。

 ロックパイの耳元でささやく、たかはし智秋さんの声はセクシーだし。あとさあ。TVで見た時は全く思わなかったけれど、ロックパイの戦艦の・役人みたいな館長、ホントに役人みたいで「声優さんってやっぱりすげえなあ」ってなっちゃった。

 中原麻衣さんもゾクゾクした。中原さんは実際のお顔が、ちょっとバララのイメージと被るんだよな。
 
 森のシーンでの寿美菜子さんも。ノレド人気高まりそう。

 そしてミシェル・ユミコ・ペインさん、あれだけパンチ強い声なのに、なぜ他のアニメでお見かけしないんだ!

 ……ちょっと筆が……もといキーボードが走ってしまったけれど、「声優さん、いや役者さんって素晴らしいな」と思っちゃいますよ。


 声優さんの魅力もたっぷり味わえる『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産』、ぜひ劇場でご覧になってはいかでしょう。



最後に、ファン向けにひと言だけ愚痴


 あ、以下ネタバレありね。







 あのさー。姉だって分かるシーンあるじゃん。あそこでさ、すぐアイーダのこと「姉さん」って言っちゃうの、早くない?

 いや、ベルリってそういう性格なのかも知れないけれど。
 
 好きだった女性が姉だと分かって・ショックを受けているはずなのに、すぐ「姉さん」って言える?


 その後に、悩みを独りで吐露するシーンあるでしょ。あそこを超えて、やっと「姉さん」と呼べるんじゃないのかな。

 今回の映画、満足だったけれど、このシーンだけはちょっと疑問でした。

 あ、あとここまで読んでいただいた方には分かるだろうけれど、冒頭の固有名詞が次々出てくるシーンも、ちょっとモヤモヤした(笑)。
 

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版
ガンダム Gのレコンギスタ(1) (角川コミックス・エース)

ガンダム Gのレコンギスタ(1) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/12/26
  • メディア: Kindle版
ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック

ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック

  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2015/09/23
  • メディア: 単行本
ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK)

ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK)

  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: Kindle版
ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス

ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス

  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2015/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

富野監督が語ってきた高畑監督(高畑勲展での富野監督「特別講演会」、今日から7月18日までネット配信中) [富野監督関係]

 どうも。

 本日6月25日から、福岡市美術館さんが

【高畑勲展】富野由悠季氏 特別講演会オンライン配信

 をYouTubeで公開中です。7月18日まで。





 アップされている動画は、6月20日に福岡市美術館ミュージアムホールで行われた講演会の模様。
 来月18日まで開かれている特別展「高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの」関連企画として開かれました。

 前半だけですが、約27分もあります。誰か文字起こししておいてくれないかな…


 さて、富野監督と高畑監督・宮崎監督の接点と言えば、ハイジや赤毛のアンまで遡るでしょう。

 その後は、富野監督が高畑監督・宮崎監督のことを話しているのはけっこう目にするけれど、逆は見かけません。まあ、ぼくが追いかけていないだけだろうけれど……

 宮崎監督がガンダムに触れたのは、大昔にこのブログで書いたこれ(「17年前のぼくは、宮崎が庵野について語っている文章を読みながら、富野のことを考えていたのだった」)しか知らないな。

 だからこそ、押井監督が「宮さん、よく富野さんに電話しておしゃべりしていたからね。宮さんと富野さんって実は仲良しなんだよ。」と話されていた時にはビックリしたし。



ロマンアルバムでの高畑・富野対談


 富野監督と高畑監督と言えば、真っ先に思い浮かべるのはガンダムの『ロマンアルバム・エクストラ』における対談でしょう。2人の対談って、これだけじゃないのかな。他にある?

 この対談の中で印象深いのは、

「TVアニメが映画になる途端、実写畑の監督が拍を付けるために出てくる(ブログ主注・大昔の話。『未来少年コナン』も『海のトリトン』もこのメにあっている)」
「TVにおける人種コードの問題」

 の2点かな。富野監督がちょっと恐縮しているのか、個人的には読んでいて・あまりスウィングしていないと感じる対談でした。



富野監督が語る、名作劇場参加への意義


 今回アップされた講演会でも語られている『ハイジ』や『アン』に参加して学んだこと・糧になったことは、過去にも語られています。

 例えば2013年産経新聞文化面の「テレビ還暦」に富野監督が登場した際は、担当者がコーナーに入りきらなかった話として、富野監督の「宮崎さん、高畑さんと出会い、アニメを映画として作っている同世代の作り手がいると知って、命拾いした」という言葉を紹介しています。

 また『アニメーション監督 出崎統の世界』でも、


アニメーション監督 出崎統の世界 ---「人間」を描き続けた映像の魔術師

アニメーション監督 出崎統の世界 ---「人間」を描き続けた映像の魔術師

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/03/24
  • メディア: 単行本



僕は宮崎駿、高畑勲という人 たちとも出会うことができて、その仕事の下働きをやらせてもらいながら、コンテの総直しもされています。


 と、今回と重なる内容を語っています。

 まあコンテの総直しはね、映像でおっしゃっていますが、自分もするようになっているので…大ベテランのコンテも直して、当のご本人から色々書かれているので……


アニメの仕事は面白すぎる 絵コンテの鬼・奥田誠治と日本アニメ界のリアル

アニメの仕事は面白すぎる 絵コンテの鬼・奥田誠治と日本アニメ界のリアル

  • 作者: 奥田誠治
  • 出版社/メーカー: 出版ワークス
  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: 単行本




 『∀ガンダム記録全集1』では、今回の映像では出てこない話題でしたが、アニメ業界以外からのスタッフを取り入れることについて、


アニメ業界でこれを今までやってきたのは宮崎駿さん高畑勲さんだけです。それをお二方だけにやらせておくのは、酷ですよ。


 と話しています。



高畑監督没後


 しかし、富野監督による高畑監督への言及が増えたのは、2018年に高畑監督が亡くなってからでしょう。
 ちょっと探しただけでも、下記の通り。


そして、劇を作るというのはこういうものだということを高畑監督から教えてもらったという重みってすごいことです。リアリズムというのはアニメでもあるんですか? と聞いたことがあります。高畑さんの答えは、「石があると避けるよね。シナリオにそう書いてあるんだから、絵コンテも避けるように描いてください」と。(『公研』2020年8月号

高畑勲監督は日常会話を使いながら、劇をステップアップさせるテクニックを持った業師(わざし)でした。(アキバ総研アニメ業界ウォッチング第63回



 今回の映像で語られている「動きのないシーンをどう持たせるか」については、特に2019年11月の「KOBECCO」におけるインタビューでも詳しく書かれています。
 未読の方は、是非読んでみてはいかがでしょうか。


 また高畑監督没後のインタビューの中でも一番多かったのが、「高畑監督は師匠だった」内容ではないでしょうか。
 下の記事とか。

富野由悠季が語る『ガンダム』のリアルを生んだ“高畑勲イズム” 「高畑さんは僕にとっても師匠」

 ネットを掘れば、まだ結構残っているんじゃないのかな。


 ちなみに今回の映像で、個人的に一番嬉しかったのは、富野監督が『赤毛のアン』のOPを絶賛していることですね。

 ぼくも大好きなんです。
 グリーンゲイブルズにやってきたアンの弾む心情を、見事に映像化したあのOP、ホントに素晴らしいですよね。 



nice!(2)  コメント(15) 
共通テーマ:アニメ

6月にトゥエルビ(BS12)で放送される『ザブングルグラフィティ』を語る [富野監督関係]

 6月13日にトゥエルビ(BS12)で『ザブングルグラフィティ』が放送されるので、それを機に初見の人向け・また視聴済みの人にも読んでもらえるような一文を、残しておきたいと思います。



 これだけ長年ブログ書いていて、あんまり『ザブングルグラフィティ』に触れたことなかったな…

 『ザブングルグラフィティ』は1983年公開。TVシリーズ終了からおよそ半年後に公開されました。
 『ドキュメント 太陽の牙ダグラム』『チョロQダグラム』との同時公開です。

 作品自体もそうだけれど、「チョロQ」って時代を感じさせるね…10円玉でウィリーさせようか……


 TVシリーズ全50話を84分にまとめた…と言っても、いくら富野監督の編集が巧みでも・そんなことできるはずもなく、キャラクターの「躍動感を追った」ような作りになっています。

 ですから初見の人は「ストーリーを理解しよう」などとはせず、ただただ「キャラクターの行動を楽しむ」見方がおススメです。

 富野監督自身、『戦闘メカザブングル大全』における大塚英志さんとの対談で、


1年分のテレビバージョンをまとめて見せようと走ったら、『~グラフティ』はまさしく「Just Runnning!」だったんだから……。


 と、この映画の核心をひと言で語っております。

 そう、『ザブングル』では「走る」がテーマです。

 『ザブングル記録全集』4巻では、富野監督は以下のように記しています。


ジロンもラグもエルチも走ったが、僕も走り、結局、それにつられて2スタも走りまわって、終わった


 2スタとはサンライズ第2スタジオのことで、『ザブングル』以前には『ボルテスⅤ』や『ダイモス』を、『ザブングル』後には引き続き『ダンバイン』『エルガイム』などの富野作品を制作しました。

 この、制作陣を振り回すくらいに走ったキャラクターたちに焦点を当てたグラフィティ=直訳じゃ「落書き」になっちゃうな…なんだグラフィティって……
 回想集? 名シーン集? まあそんな『アメリカン・グラフィティ』的な作品が(ホントにそうか)『ザブングルグラフィティ』です。 

 もっとも当時の製作発表懇談会では、富野監督は「シリーズの後半をメインに、ストーリーが一応わかるようにした上で(中略)キャラクターにスポットを当てます」とおっしゃってはいますが。

 まあでも、普通の映画のように・ストーリーを追うことを、あまり重視しない方が楽しめると思います。

 劇場版に限らず、『ザブングル』は走る・動くキャラクターたちの生命力がウリですから…

 
 最近では少なくなりましたが、自作に厳しい評価を下すことが多い富野監督も、『ザブングルグラフィティ』には好意的な発言をしています。

 上記の大塚さんとの対談では、「本当にね、『ザブングルグラフィティ』は上手くまとまってましたね」と言っていますし、

 『ロマンアルバム・エクストラ 戦闘メカザブングル』では下記のような言葉が並んでいます。


あんなにイモっぽい作品だったけど、そのいいところをこうやってすくいあげると、かくもグラフィティになっていくのか、という感動すらあります。「グラフィティ」の話はメチャクチャとんでるし、絵も、アニメーターには申しわけないけど、あまりうまいとはいえない。でも、多少崩れていようがへただろうが気にならない。気にさせないくらい、作品自体にパワーがある。圧倒的なパワーがね。


これはもう、うぬぼれです。笑ってくれていいんですけど、ホント、この上なき愛すべき作品だ、ただのダイジェスト版とはちょっと違う。このやり方ってのはまねされるだろうっていう自信があるんです。最近フィルムに接すれば接するほど、この思いは強くなっていく。もう、圧倒的に大好き。我ながら、よくぞここまで惚れぬいたって感じです。


 とまで語っています。よほど愛着がある作品なのでしょう。

 TV版を見ている人には、TVシリーズとの相違や、「トロン・ミランが!」(逆に未見だと、「幻のトロン・ミラン(関西地区で)」ってなんだ? となるわけですが…)を楽しむことができますが、まあ「記憶の確認」みたいな見方になっちゃいますよね。

 未見の人には「ストーリーはよく分からなくて、あっという間に終わっちゃったけれど、なんか元気出てきた!」と視聴後に思ってもらえたら、富野監督ファンとしては嬉しいかな。


 ちなみに富野監督の自著『だから僕は…』では、『ザブングルグラフィティ』について、


映画にする上で、新たに描き加え、描き込んだ画面もないし(角川スニーカー文庫版320ページ)


 とか書いていますが、もちろん新作カットはあります。だから富野監督ファンほど、富野監督の言葉を信じられなくなるんだ(笑)。


 それと無責任な視聴者である私は、「キャラの動きを追った編集を楽しめば良いでしょう」とおススメしていますが、制作側は当然それ以上のことを狙っています。

 当時のプレスシートには、


「人気に後乗りして、興行成績の安定のみをはかるような企画者たちの体質に対しての反逆」
「映画は重く、もっともらしいものであるという、過去のタテ思考の人々への反逆」

 などの言葉が並んでいました(DVD『ザブングルグラフィティ』ライナーより)



 また、メタ的な発言も(「そう簡単に死ぬかよ! アニメでさ!」)含めてユーモラスなシーンがあった『ザブングル』。
 『ザブングルグラフィティ』にもそのテイストは当然あって、一番視聴者にインパクトを残したのは、おそらく着色がされていない「これが動撮だ!!」でしょう(未見の方は、ぜひ今回の放送でご確認ください)。

 このシーンは後年、2013年のTVアニメ『帰宅部活動記録』1話目で、「これが原撮だ!!」とパロディで再現されています。


※AmazonPrime会員なら1話目無料で見られます。該当シーンは23分過ぎ。


 しかしトゥエルビは最近、長井龍雪作品やサンライズロボット系OVAを放映したりと、アニメに力を入れてきていますね。

 ボトムズの総集編OVAなんて、今回放送されなかったら見返すことなかったかも。OP・EDがプラモだったの、すっかり忘れてた。


アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/05/10
  • メディア: Kindle版



HGに恋するふたり(3) (角川コミックス・エース)

HGに恋するふたり(3) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/05/26
  • メディア: Kindle版



小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: コミック










ザブングルグラフィティ.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

WOWOWプラス『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【アニメ術】』の富野監督インタビュー内容要旨 [富野監督関係]

 スカパーのWOWOWプラスで、2月に放送された『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 』。合わせて、富野監督がインタビューに答える『アニメ術』も併映されました。

 その富野インタビューの要旨です。
 有料チャンネルだし、5月にも再放送予定なので、そのままの内容は載せません。

 全部見たいファンは、契約してください、ってことで。




 では以下要旨です。どうぞ。


 「公開されてから少なくともこの40年の間にイデオンのファンっていうのもいるわけです。そういう人たちに向かって今更何かを言う、言う必要がないくらいにファンの方は理解してくれている」

 「(『イデオン』の仕事が来た時は)次の仕事が来て良かった、それだけです。企画書っていうのは既にあったわけですけれども、そういうものが気に入る気に入らない一切関係ないんですもん。
そうなったらこういう嫌な言い方をします、巨大ロボットものを2本ぐらい重ねてできなかったらプロじゃないだろう、それだけです」

 「1クール目は本当に苦労もしたけれども、やはり新しい方向性のものができるかもしれないとは思った」

 「メカを作画するというスタッフが、ガンダム以上に定着した時期。メカだから嫌だよっていうのは、ガンダム時代はまだアニメーターにあったんです。というのがほとんどなくなってしまって、億劫がらずに作画してくれた。
 と同時にもう1つイデオンの時に褒められるのは、メカデザインっていうのがガンダムほど複雑じゃなかったので作画がしやすかったというのもあります」

 「(タイミングの良い動きなどを)ワンカットの中でポンってやってくれちゃうっていうアニメーターが何人か出てきたわけです。で本当に何人かがやっぱり出始めたということが、それ以後のこの種の作品を作る上で圧倒的戦力になっていったんじゃないのかなという風に思ってます。
 対抗意識を持っていた、宮崎アニメが動き始めたということもやっぱり大きな要因としてはあったということは言い添えておかなければいけないことです」

 「(劇場版は)本当は作りたくはなかったという気分はあります。
 劇というのは起承転結がある、あってお客さんに納得してもらうものなのが劇作として考えたら0点と言うしかないんだよね。という風に思ったから」

 「20年目ぐらいの時に接触篇を見た時に正直ちょっとびっくりしたことがあるのは、そうは言うけれどもカスカス(?)、話は分かるかもしれないっていう見方になっているっていう風に、それは現在でも自惚れています」

 「自分の一生だけを考えれば、アニメの世界にいて良かったなという風に思ってます。というのはアニメの世界にいるおかげで実を言うと自分のエリアっていう部分での本音を吐き出しているのがあるので、言ってしまえば僕が人殺しとかテロをやらないですんでたっていうのはものすごく自覚しています」

 「本当にめんどくさいんだけれども僕の世代なんです、僕の世代と僕のような気質だったんで、だからガンダムでありイデオンを作れたんであって、やっぱり今にして思うんだけど他の人には作れませんね」

 「スポンサーから叩かれるし、局のプロデューサーからてめえ死んじゃえって言われるし…だから時代がかかせたんじゃないの。僕みたいなやつが好きにやらせるとああなるし、好きになってやったにしてもアニメでもイデオン止まりなのよねって」

 「例えばイデオンっていう作品を作った富野さんっていう監督がねって、『未知との遭遇』のスピルバーグと同じぐらいにね、力のある監督なんだよって言えたはずなの。
 そういう言葉が絶対に出てこないっていうのは、そういうことを言う奴はどこにもいない。で、それだけの話なの」

 「褒めるのはガンダムを作った富野という部分でしかない。いやいや俺ガンダム全部やってないんだけれども、20年前に作るのとっくに辞めてるんだけれども、だけどガンダムの富野だもん。未だに」

 「本当に人間ってそのくらいね、趣味の指向性って狭いんですよ。そういう意味ではまさに力不足で、『未知との遭遇』ぐらいにファンを獲得できるように作っておければよかったけれども、悔しいけどそういう風には作れなかった」

 「映画論とか文芸論的な、自分で評価してほしいっていう風に本当にこの40年間思ってましたけれども、そういう風潮は全く出てこないというのはなぜかと言うと、今言った通り巨大ロボットものだからなんです。
 巨大ロボットものにそういうメッセージがあるなんて絶対に思わないわけよ、映画評論家と言われている種族の人たちには。現にトム・クルーズが出てるわけじゃないし。
 トム・クルーズが声当ててればおそらくイデオンはあっという間に違うでしょう。っていうのが映画の世界なのよ」





 「巨大ロボットアニメだって言うレッテルを貼られているからイデオンっていうのはこうやって生き延びてるんで、もうちょっと生々しかったらやっぱり袋叩きになってたろうなと思います。だって徹底的に隙がないんだもん」


 要旨は以上です。

 例えばカマリアの声を倍賞千恵子さんがあてたからと言って、そんなに強い影響を与えたのかな?
箔がついたとは思うけれども…




 ところで全く話題が変わって、余談なんだけれど。
 萩尾望都さんの『一度きりの大泉の話』、ホント面白いよ。




一度きりの大泉の話

一度きりの大泉の話

  • 作者: 萩尾望都
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: Kindle版



少年の名はジルベール

少年の名はジルベール

  • 作者: 竹宮 惠子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/01/27
  • メディア: 単行本



【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール (小学館文庫)

【電子版限定特典付】 少年の名はジルベール (小学館文庫)

  • 作者: 竹宮惠子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/11/06
  • メディア: Kindle版



 大泉サロンについてはもう1つ、作家さんが書いている新書もあるけれど、ぼくはスルーでいいかな。

 あの本、『一度きりの大泉の話』を読むと、書名にしている漫画家の一方には、一切話を聞いていない本ってことになるよね…その件について取材NGにしている漫画家名を・書名に入れてもいいんだな……




 IMG_20200730_015522.jpg


アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: コミック



小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: コミック



機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/05/10
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「『爆装』している機体だってある!」(『逆シャア』のアムロ)だと思っている人が読む記事 [富野監督関係]

 どうも。

 前々から、1つ記事にしたいなと思っていたことがありまして。

 富野監督の特長の1つに、「黒歴史」を代表に(この言葉が富野監督の創作か否かは・難しいところではあるけれども)、独特の言葉使いがあると思います。
 「黒歴史」以外にも、「ニュータイプ」とか。

 で、全く話題になっていないけれども、『逆襲のシャア』に出てくるアムロのセリフ「爆装している機体だってある!」も、独特なセンスだと思っていました。

 ぼくは『逆襲のシャア』を見るまで、「爆装」という言葉を知りませんでした。


 「爆装 意味」とGoogle検索すると、トップに


爆装とは - Weblio辞書 名詞 航空機に爆弾を搭載すること。


 と表示されます。

 ちなみに手元にある大辞泉(第1版)で「ばくそう」と調べても、「曝葬 死体を山地・原野などに、空気中にさらしておく葬方」しか載っていません。

 「飛行機の整備士になりたかった」(読売新聞2017年8月13日)人で、戦闘機にもおそらく知識があるであろう富野監督が、「爆装」の本来の意味を知らないわけがありません。

 それでも、語感の良さや・「観客に伝わるだろう」と、アムロに「爆装」と言わせたのだ、この言葉センスよ……という記事を書こうとして、ちょっと思いとどまりました。


 本当に「爆装」なのか?

 ここがぼくのライターとして優れている所なのですが(仕事くれ)、念のために「アムロ 爆装」でGoogle検索すると、5740件ヒットします。

 ガジェット通信の記事「1988年『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』編 押井守の映画50年50本」でも、


アムロに「爆装している機体だってある」と言わせた上で、


 と書かれています。


押井守の映画50年50本 (立東舎)

押井守の映画50年50本 (立東舎)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2020/08/12
  • メディア: Kindle版




 もう間違いない。「爆装」だ。
 ただここが、長年ライターとして食べているぼくの……略、仕事くれ。


 娘から電子辞書を借りて、「ばくそう」を念のために調べてみた。

 
 明鏡国語辞典(第2版)は「爆走」しか出てこない。

 で、広辞苑(第7版)で「ばくそう」を調べると、


爆傷に同じ


 と書かれている。……うん?

 導かれるまま、「爆傷」を調べると、


火薬・爆弾・砲弾などの爆発によって受ける外傷。爆創


 ……これだ! あのシーンで言われているのはまさにこの状態、「爆創」だ。「爆装」ではなく「爆創」だったのでは。


 いやいや、これは勘違いするよ。
「機体も爆創がある!」とか言ってくれたら、「爆創」を(知らなくても)想像できるかもしれないけれど、

 「ばくそうしている機体だってある!」と言われたら、(その言葉を知らなくても・実際そうだったように)「爆装」だな、と思っちゃうでしょ。

 
 ここらへんが富野監督独特のセリフ回しと言うべきか…


 勘違いしていたのはぼくだけかと思ったけれども、先のガジェット通信の記事もあるし、

 「アムロ 爆創」でGoogle検索すると、


検索条件と十分に一致する結果が見つかりません。


 と表示されます。

 あなた達も「爆装」だと思っていたよね、ね?
 


 ちなみに新明解国語辞典(第7版)で「ばくそう」を調べると、下記の言葉が載っています。


博捜 たくさんの文献などを根気よくあれこれ調べること


 まあ今回調べたのは、「博捜」ってほど根気よく調べたわけではありませんけれども。


 おあとがよろしいようで。


※追記

 ツイッター上で、「Blu-rayの字幕では『爆装』になっていますよ」とご指摘いただきました。

 Blu-ray持っているのに、字幕あるの忘れてた…(そもそも買って、特典映像しか見ていなかった)。

 じゃあ脚本上も「爆装」になっているのかな。

 ちなみに、「直後でジェガンが爆発しますが、爆装したままだったミサイルポッドが原因になっている」とのご指摘が併記されていました。

 たしかに「爆装」しているのがそのジェガンのことだと、直後の「言わんこっちゃない」に繋がるんですよね。

 やっぱり「爆装」なんだろうか。

 言葉(というか漢字)で、あのシーンの見方がちょっと変わってくるな。



アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



シャアの日常(8) (角川コミックス・エース)

シャアの日常(8) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(13) (角川コミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST(13) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: コミック



 



爆傷.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「富野由悠季の世界」展、青森会場で見た内容の備忘録(そのまま個人的オススメポイントにもなっている) [富野監督関係]

 どうも。

 「富野由悠季の世界」展。
 福岡会場は急遽フリーになった後でそれどころではなく、静岡はホテル予約までしていたのに新型コロナで飛行機飛ばず。

 不貞腐れもしたけれど。やっと、青森会場で見ることができました。2日間で7時間いた。

 内容はタイトル通り。箇条書き。順不同。


1、大学時代に脚本・演出・撮影した実写短編『二つの場所』常時上映。

 悩む男と、男を励ましつつも最後は力強く歩き始める女。キャラクター造形には、後の富野作品の萌芽が垣間見えるようで面白かった。

 んで、女が襲われるカットさ……。『羅生門』ですよね?(笑) さすがに太陽は映してなかったけれど。 


2、トリトンのストーリーを変えたことで・虫プロのスタッフから「袋叩きにあった」ことについて、音声ガイドで「フェイクニュース」と断言

 これは…ビックリしましたね(笑)。
 パンフレットによると(貧乏人には2千円高い…)、音声ガイドも富野監督が手直ししているそうなので、ご本人の言葉と解釈していいんでしょうね。

 「袋叩き」が具体的に・どんなことかにもよるけれど。

 「虫プロからもう出入り禁止だと言われた」(朝日新聞インタビュー「ガンダムへの出発点(ラララの時代)」)とか、
 「虫プロシンパから、徹底的に……それこそ10年以上です、口をきいてもらえませんでしたから」(SF JAPAN VOL.3冬季号)とかおっしゃっていたのは、富野監督ご本人なのですが(笑)。

 どういう心情の変化なんだろう。


3、ライディーン企画書に「イデー」の文字。

 この頃から。


4、劇場版ザンボット、台本まであった。

 台本用意されるくらいまでは進んでいたんだ。


5、劇場版トリトン、富野監督やる気だった? 富野監督による簡単な企画書? あった。

 『キャラクターランドVol.2』のインタビューでは、吉田豪さんの(劇場版トリトンについて)「当然、何も知らなかったわけですよね?」という質問に、富野監督は「はい」と即答しているんですよね。
 だから、この展示物を見た時も少し驚きました。


6、グフのデザイン原案は富野監督、そして大河原さんが修正

 あの、長刀背負っているグフのデザインね。

 これは…何が重要かと言うと。ぼくが以前に書いた記事の中で触れた、「ガンダムが背中にサーベルを背負っているのは、佐々木小次郎のイメージから来ている」話。

 いやー。あのグフのデザインも富野監督なら、ホントにガンダムも佐々木小次郎をイメージしていたの、あるかもしれないな。

 ちなみに富野監督自身は、『時代劇入門』の中で、春日さんの質問に対して「そうです。もちろんです」と即答しています。
 

時代劇入門 (角川新書)

時代劇入門 (角川新書)

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/03/07
  • メディア: Kindle版




7、イデオン発動篇アフレコ台本に書かれている、ある走り書き。

 某作曲家さんへの愚痴が。ついでに前作の作曲家さんにまで(笑)。


8、対デレンセン戦闘シーンのコンテあり、欠番内容判明

 放送当時さあ…。「あの戦闘シーン分かんねえ」からの、「新規OP、カット部分が使われているな」となって、繋げた有志もいたよね。
 なんかもう、懐かしくて。

 デレンセンが変形した部分が、カットされていたのか。ベルリの「小手先で変形云々」のセリフで、フォローできるという考えだったんだろうな。


9、宮崎監督を追ったNHKのドキュメント番組への言及

 スタッフ向けの資料にあった。宮崎監督も別パートのコンテを参考にしている、ナレーションに誤魔化されてはいけない、など。

 さるベテラン演出家さんが著書で、『∀ガンダム』参加時にコンテが直されたことへの不満を書かれていたけれど、それへのアンサー・コンテを直すことの理由が明記されていると思う(『映像の原則』にもあるけれど)。


10、劇場版『G-レコ』演出ミーティングメモに、「1の成績悪ければそれっきり」の赤字

 スタッフへの喝なのかもしれないけれど、やっぱりその可能性もあったのかな。


11、永野さん設定画

 永野さんの設定画、書き込みが面白くてついつい時間をとられてしまう。

 アムの胸があるとも書かれていたんだけれど、え……


12、『ダンバイン』の1話目。ショウが寝ることについて、ショウも視聴者も「異世界を承認するための時間」と肯定的な説明文

 これ書いた学芸員さん、おそらく富野監督が「ショウを寝かせたのは失敗だった」と言っていたのを踏まえての説明文でしょうね。


13、トカマクを撃墜したの、コンテではダーナっぽいか?

 「【ダンバインファンの皆さんへ】誰がトカマクを殺したか」を書いた人間としては、該当シーンのコンテは興味深かった。 
 明記されていなかったけれど、演出意図を汲み取ろうとすると・マーベルっぽいな。


14、黒歴史鑑賞体験

 4面全てキスシーンに囲まれた時は、おじさんなんか照れた。


15、ZZタイトル案

機動戦士ZZガンダム
機動戦士ガンダムZZ
ガンダムZZ
モビルスーツガンダムZZ

の4案あって、富野監督は機動戦士ZZガンダムに蛍光ペンを引いていた。


16、『闇夜の時代劇』での解説文

 あの忍者は、富野監督自身ではというのは、かなり鋭い指摘でした。


17、エルガイムタイトル、『スパイラル・ガラ』から『グレイヨン』へ。そして『グレイヨン』の頃から「ヘビーメタル」だった


18、動線にある巨大なシャガールの絵に圧倒された。


19、ジグ・マックのデザイン案に、「こんなの飛ぶか」と富野監督のセルフツッコミ。


20、歴史を持たない新興都市に歴史を偽装する侵略者が舞い降りて「変な戦争」を戦う

 説明文、どれも興味深かったけれど、『F91』のこの説明はおおっとなった。


21、「ディアナ」誕生の設定が読める

 土重改良、植林・穀物開発。


22、「かぐや姫」「とりかえばや」とあり、最後は「花咲か爺」だったとは

 会議メモ楽しかった。


23、『∀』ラストシーンコンテ。

 ディアナ様食事シーンで、「リングあり。why I don't Know」の文字。
 ソシエが自転車漕ぐシーンでは、「スカートの方がいいか」と。最初、スカートじゃなかったのか!

 あのラストシーンはエンドレスで上映されていて、3回も見ちゃったよ。大きい画面で見る機会ないしね。
 あそこ、村田さんの「わーーーっ」って叫び声がいいんだよなあ。ホント良い。


 ざっと羅列しただけで、こんなところですね。


 ところで、最後に。

 あのー。非常に自意識過剰で、我ながら気持ち悪い話なのですが……


 書くの躊躇われるのですが…

 『∀』ラストシーンの展示で、説明に

「奇跡の6分と称される」「奇跡の6分と呼ばれる」って2回書かれているのですが。

 
 あのー。……えー。

 最初に称したのも呼んだのも、私だと思うのですが、そこのところいかがでしょうか……

 たぶんあのシーンの分数を測って、シーンごとに説明してブログなりなんなりで公開したのって、そしてその文章の中で「奇跡の6分間とも呼べる」って書いたの、私なんですが……

 自惚れていいんでしょうか。それとも偶然の一致で、先達がいらっしゃるのでしょうか……



アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: コミック



機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: コミック








スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ


サンデーうぇぶり



富野展青森1 - コピー.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「富野由悠季の世界」展・富山会場の富野監督×細田監督対談、YouTubeで配信中 [富野監督関係]

 「富野由悠季の世界」展【スペシャル対談 富野由悠季監督×細田守監督】/富山会場開幕記念 in 富山県美術館が、今月4日からYouTubeで配信されています。未見の方は、下の動画からYouTubeの該当ページで見てください。




 12月7日午前2時の段階で、まだ7千回再生にも達していない…
 富野監督と細田監督の組み合わせで、どういうことなんだ…

 まあ詳しい内容は、実際に見ていただくとして。


 富野監督と細田監督は対談したこともあるし、

 富野監督は細田作品に対して好意的な評価をしていることが多いから。

 例えば
 「『時をかける少女』の印象に関して言えば、基本的に悪くなかったですからね」とか、

 「富野由悠季:『おおかみこどもの雨と雪』を異例の大絶賛」など。

 だから結構噛み合った会話になるだろうな、とは予想して見始めました。


 また、『サマーウォーズ』のパンフに、
 細田監督は大家族が舞台となっている作品として『ザンボット3』を例に挙げていたらしいので(らしい、というのは・ぼくは実際にはパンフを見ていない)。

 『ザンボット3』の話になるのか、と思っていたら。富野ファンとして印象深かったのは、『ダイターン3』の話に時間を割いていたことですね。


 富野監督が『ダイターン3』のユーモアに苦心したことは、今までも何回か語っているけれども。

 例えばムック『キャラクターランド』における吉田豪さんとの対談では、


『ダイターン3』では、手を変え品を変え作ってみたけど、そんなのは2年、3年も続けられない。死んじゃう


 と振り返っています。

 まあ、『ダイターン3』を「ギャグ」と言うところに、「ぼくとは考えが違うな」とか思ってしまいますが(笑)。

 どなただっけ…大昔にさ、たぶん『ニュータイプ』で「ユーモアとギャグの違い」を書いていた方がいて。エッセイのコーナーだった記憶があるから、とりさんかゆうきさんだよな、たぶん。記憶あやふやだけれど。

 まあ、意味もなく体が爆散したり、死んだり、今のアニメで言うと『おそ松さん』はギャグアニメ。
 ぼくの中では、『ダイターン3』はユーモアですよね。ギャグではなく。

 1話に見られた軽妙洒脱さが、途中の回でも数回見られたらな…


 話が逸れた。

 「ダイターンに四苦八苦した分、シリアスなガンダムは楽だった」ってのは面白い話でした。


 でも富野監督は、その後ザブングルやエルガイムの前半では・コメディ路線に再度挑戦していたはずだし。

 それにもう、『キングゲイナー』や『Gのレコンギスタ』は・もはやシリアスとかユーモアなんて区別できない、魅力的な混然一体さを醸しているからね。


 そういやGレコと言えば、今回の対談でさあ。

 富野監督が「ガンダムを作らなくて20年経つ。『ガンダムの富野』はとっくの昔に死んでいるはずなんです」みたいなことを、「G」と書かれた帽子をかぶって言っていて、ちょっと悲しくなっちゃったよ。

 いいじゃん、「ガンダムの富野」なんて。
 もはや縮小再生産が止まらないガンダム世界なんて、富野監督には狭すぎる。

 
 もうガンダム以外の作品をどんどん作っていただきたい。Gレコだって、ガンダムの看板がなければ、もっと売れていたかもしれないよ?


 あと今回の対談で印象深いのは、ファーストガンダム1話における、「シートを外すシーン」の話かな。

 あの見過ごしてしまいそうなワンシーンに、富野監督がそれほど意図を込めていたとは。

 ということは、ですよ。


 「ガンダムを覆っているシートを外す」で思い出すのは、『逆襲のシャア』のオープニングシーンじゃないですか。
 チェーンがシートを外して、タイトルがバーンと出ますよね。

 今回の対談を聞いてからだと、あの印象的な逆シャアの冒頭シーンって、ファースト1話のリフレインなのかな、と思っちゃいますね。「アムロ最後の物語」だから、ガンダムの1話を再現したのかしら。


 それと、最後の「子育ては親育て」の話ね。

 『バケモノの子』はまさにそんな話の一面があるし、細田監督へのサービスだったかもしれないけれど。

 今必要なのはむしろ、(したいけれど)結婚も子どもを持つこともできない、「かつて子どもの頃にガンダム見ていた大人たち」へのメッセージだと思うんだけれど、そこは富野監督、興味ないのかな。
 視点はいつも子どもに向いているからなあ…
 興味ないだろうな…



 最後にこの動画、期限書いてないけれど・期間限定じゃなくアップされっぱなしなのかしら。






ワールドウィッチーズ UNITED FRONT


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ


サンデーうぇぶり


IRIAM - キャラクターのライブ配信アプリ




アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: コミック



小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: コミック



機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/05/10
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(158) 
共通テーマ:アニメ

「清水銀行Presents 富野由悠季×藤津亮太 静岡に語る in サンライズ」備忘録 [富野監督関係]

 どうも。

 「カミーユの名前って、カミーユ・クローデルから来ていたんですよ」くらいを書いていた10年以上前が懐かしい…

 もう誰もそんな内容じゃ、2度とこないだろこのブログ。

 そんなわけで今回は、説明なし。不親切な内容にする。


 今日、11月8日まで期間限定で公開されている「清水銀行Presents 富野由悠季×藤津亮太 静岡に語る in サンライズ」を見ました。




 「富野由悠季の世界」は10月23日で入場2万人達したのに、この動画は視聴回数4000回いってないのか…

 そんなもんだよな…何故俺が富野展行けないんだ……ぶちぶち……


 
 この動画の備忘録です。ザックリした箇条書き。


1、カミーユという名前のキャラを作っている立場として、ロダンは気に入らない。

2、静岡での展示は生真面目。

3、ザンボットで静岡(焼津)を出したのは、トリトンの影響。

4、トリトンの漁船の絵は富野監督が書いた(1話かな…)

5、舞台を静岡にしたのは、小田原にはしたくなかった。知りすぎているから。あと、駿河湾は相模湾より広いから選んだ。

6、逆シャアの時に発作的にインド行っていた。インドを知らないから。

7、インコの鳴き声入れたのはその成果。

8、藤津さん「シートン動物記→ハイジに入ったのが、調べること、その土地を知ることの大切さに気付いた、演出家としての転機の1つだったのでは」。富野監督「その通り」。




9、宮﨑さんからもらったハイジの設定図、腹が立つ。小屋が平地に建ってない(笑)。

10、コンテマンにはロケハンの写真回ってこなかった。

11、チェコとVガンロケの記憶は別個になっている。嫌な記憶。例のバイク戦艦スポンサー重役。

12、バイク戦艦のカウンターに東欧が必要だった。

13、見世物としての処刑(ギロチン)。

14、飛行場からバイカル湖まで車で2時間、ずっと白樺林。

15、実際に行って、キンゲで助かったことがある。バイカル湖で見るお月さまはキレイ。月はなぜこんなに低いのか。

16、リーンの翼の失敗。沖縄には行くべきだった。

17、20年若ければGレコで、ブラジルにロケハン行ってた。

18、Gレコは駿河湾側から見た富士山。

19、あの富士山は2回か3回噴火している。

20、日本海側でノレドは待っているだろう。境港で。

21、声優・井荻麟。演じた感想は「別に」。しかし、だめだ、素人の声は使えない。訓練していない声が聞こえてくるのは気持ち悪い。

22、松田聖子はアイドルの最低線。最高は山口百恵です(笑)。

23、コロニーは頭上に街あるのは気持ち悪いとも言われ、描いてもらうの大変だった。

24、Gレコは「嘘八百のリアリズムはここまでやるだろう」。畑で育てている野菜も決めている。

25、Gレコでは「宇宙生活者は麻を大事にする」ところまで描いた。潰しがきくから。あと万能だから。




26、バイストン・ウェルは難しかった。まだ何もやっていない。

27、映画ハリーポッター。技術が行き過ぎている。精度が良いのが、どこまで正しいのか?

28、上記に関連して。『麒麟が来る』、当時の人はこんな満月は見ていないだろう。

※『麒麟が来る』、ぼくもたまに妻と付き合って見ているんだけれど。
もう10年以上前、撮影がフィルムからカメラに移行した時点で、画面的には時代劇って決定的に不利になったと思っており。鮮やか過ぎるんだよね。鮮明になったせいで、リアリティが完全に失われた。
だから逆に、『麒麟が来る』の1話目で(当時には無いような)色鮮やかな着物とかで徹底的にカラフルな画面を作っているのを見た時に、「いっそこっちに振り切っちゃうのはアリだな」と個人的には思ったけれど。


29、4畳半が出てくるアニメ嫌だった。巨人の星やオバQ。

30、(長浜監督ですよね?)「名前は知りません(笑)」。

31、『どろろ』の担当回見た。本当にひどい。杉井ギサブローがよくOK出したな、と。杉井さんがコンテチェックしてないのも分かっちゃう(笑)。

32、日本アニメーションに行かなかった理由。世界名作ものへの学習能力がなかった。もう1つ、あの2人(高畑・宮崎)のいる所へ行ったら潰される。

33、長浜さんの言ったことを全部やったうえで、全否定する。

34、大島に住んでいたこと。ホンダのN360に乗っていた。それからホンダ77。





35、タツノコでは徹底的に無視された。『いなかっぺ大将』の時、笹川さんに「これダメだよね」と言われた。

36、地方性について。細田監督にはヒントを咀嚼できる土着性がある。

37、『海獣の子供』は理知的すぎる。『天気の子』より作品的に優れているのに、人気は『天気の子』ほどない。

38、コロナ時期もあまり変わらなかった。デスクワークだから。

39、2本シナリオ書いて、さらに3本目の企画を考えている。『卑弥呼大和』はその3本目。

40、畿内説は馬鹿な話。でも新刊読んだら、それが北九州説でしっくりきた。でも(説としては)傍系。


最終結論 「邪馬台国」はここにある

最終結論 「邪馬台国」はここにある

  • 作者: 長浜 浩明
  • 出版社/メーカー: 展転社
  • 発売日: 2020/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





41、ラストシーンは決まっている。Gレコみたいなもの。でも真ん中が決まっていない。

42、元気に死ぬには、死ぬまで意識持っていたい=ぼくの場合は新企画を考え続けるしかない。

43、『2001年宇宙の旅』みたいにしたい。訳分からないけれど凄いよねえ、みたいな。

44、映画界の馬鹿どもに、「好きな映画作ってんじゃねえよ」って言えるような映画作りたい。


 以上です。

 邪馬台国、どこにあってもいいんだけれど、「住民全員が隠している」みたいな陰謀論はちょっとご勘弁願いたいな…




ワールドウィッチーズ UNITED FRONT


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ


サンデーうぇぶり


IRIAM - キャラクターのライブ配信アプリ



アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: Kindle版



機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/03/26
  • メディア: コミック



小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版 (角川コミックス・エース)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: コミック



機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/05/10
  • メディア: Kindle版




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ガンダムと「外連味(ケレン味)」という言葉 [富野監督関係]

 えー。お久しぶりですね……

 今回もひと時お付き合いのほどを。



妻とクイズ番組を見ていた時


TV「『ケレン味』とはどういう意味でしょう?」

「あー…」

「どう言えばいいんだろう?  ケレン味なんて、ふだん使わないよね」

「まあ日常会話では使わないけれど、ガンダム語る時には・まま出てくる言葉だから、案外馴染みがあるかも」

「ふーん……」

 妻は納得したような、承諾しかねるような、微妙な反応でした。
 しかし、その3日後。



鷲崎さんのヨナヨナ@森口さんゲスト回を見ていたら


 A&Gで放送されている「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」で。

 木曜はゲストによって見たり見なかったりなんだけれど、今回は森口博子さんがゲストだったので。見ていました。
 ま、あのアルバムの宣伝ですよね。


GUNDAM SONG COVERS 2

GUNDAM SONG COVERS 2

  • アーティスト: 森口博子
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2020/09/16
  • メディア: CD



 そうしたら、会話の中で。

 鷲崎さんが「人気曲といいますか、ケレン味の多い曲が前回は多くて、セカンド(アルバム)は…」と。

 出た。偶然にも、ガンダム関連で「ケレン味」出た! 思わずカミさんと目を見合わせてしまいました。

 もっともぼくが思っていた「ケレン味」@ガンダム界隈シーンでの使われ方は、ちょっと違っていて。


一応「ケレン味」の意味


 まあ、使われるのは、戦闘シーンの説明においてですよね。

 ぼくの中のイメージでは、(ファースト)ガンダムの殺陣はケレン味があった、それに比べてZガンダムは…的な・結構、ファースト褒めてZ貶すみたいな、そんな文脈の中で「ケレン味」が使われていたような。


 ちなみに、「外連味」の意味は。
 goo辞書では
 はったりを利かせたりごまかしたりするようなところ。「外連味たっぷりの芝居」「外連味のない文章」

 念のために「外連」で調べると、
 歌舞伎や人形浄瑠璃で、見た目本位の奇抜さをねらった演出。また、その演目。早替わり・宙乗り・仕掛け物など。

 とありますね。


 もう1つ、精選版 日本国語大辞典での「外連味」は
 俗受けすることをねらったやり方。はったりやごまかし。また、その程度。

 「外連」だと
 芸の本道からはずれ、見た目本位の奇抜さをねらった演出。放れ業(わざ)、早変わり、宙乗りなど。歌舞伎や人形浄瑠璃に多い。

 と書かれています。

 誉め言葉じゃないっぽいな(笑)。


 ぼく(そして多分ぼく以外の人でも)、「ファーストはグフの登場に合わせて雷が落ちるとか、ケレン味のあるところがいいんだよ!」 とプラスに使いますが、誤用なのかな…

 ま、「ハッタリズム」なんて造語? もあるから、アニメとかでは「はったり」が必ずしも悪い意味ばかりじゃないところから、「ケレン味(プラスの意味)」も来ているのかもしれないけれど。


 しかし、確かに上記の例文にある「外連味のない文章」って言葉も知っていたのに、どうして「外連味のない文章」と「外連味のある演出」という相反する言葉を、どちらもプラスの意味で疑問なく使っていたんだろうな、ぼくは。



「ガンダム ケレン味」で検索


 ちなみに妻との冒頭の会話、「ガンダム関連では『ケレン味』って言葉が出てくる」ってのは、ぼくの思い込みじゃないよな? と不安に思って、「ガンダム ケレン味」でGoogle検索してみました。

43200件ヒット。例えば。

マッシブなプロポーションと広い可動を両立!「ROBOT魂<SIDE MS> ΖΖガンダム」1月発売決定!
「大振りに造形されたダブル・ビーム・ライフル等により、ケレン味溢れるポージングが可能!」



1988年『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』編 押井守の映画50年50本
――アニメとしてのケレン味は、どうでしょう?
押井 ケレン味は少ないね。富野さんはアニメーション特有の快感原則を好まない人なんだよ。
(中略)
だけど『逆襲のシャア』は、小惑星アクシズを押し返す場面がまさにそうだけど、場面づくりや描写、あるいはシチュエーションにケレン味があふれている。


氷川竜介のアニメCG列伝 第一回
「動きのタメ・ツメ」「絵的なウソ」などケレン味を採り入れることですね。


 やっぱり「ケレン味」使われているから、ガンダム好きな人なら知っている言葉ではありますよね。
 正しく意味を説明できるかは別にして。



「時代劇 ケレン味」で検索

 
 「ケレン味」って、時代劇を語る際にも頻繁に使われる言葉だと思うのですが。

 同じくGoogle検索すると、54000件ヒット。

 市川海老蔵、時代劇「石川五右衛門」で襲名後初の連ドラ主演!
「秀吉の側室・茶々とのロマンスなどをケレン味たっぷりに描く痛快で壮大な人間ドラマ。」


『ふたがしら 2』の紹介
時代劇ファンも納得のケレン味溢れる江戸活劇、第2集!

ふたがしら(2) (IKKI COMIX)

ふたがしら(2) (IKKI COMIX)

  • 作者: オノ・ナツメ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/12/23
  • メディア: Kindle版





 やっぱり目に付くのはどれも、プラスの意味で使っているな。

 まあ「俗受けすることをねらったやり方」で結構、ぼく俗なんで、とも言えるので、これからもプラスの意味で使っていこうかな。


 しかし富野監督作品って、押井さんの言うように(初期の作品は除いて)見せ方ではケレン味少ないような気もするし、

 いやいや近作Gレコでも・後ろから光当ててMSをバンっと映すところや(10話だっけ)、テンダービームなんて、ケレン味あるとおもうんだけれど…


 ケレン味…外連味ってなんだろう……

 辞書でひくと………





人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ


外連味.jpg

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:アニメ

富野監督が現在構想している新作タイトルは、昔どこかで聞いた『ヒミコヤマト』! [富野監督関係]

 ホントは今日、富野展に向けて札幌を発っているはずだったのに…




 拗ねて拗ねて、静岡での富野展始まって2~3日は、ツイッターほとんどミュートしてたしね。かなり富野監督への関心も減退していたのですが。

 最近発売された『グレートメカニックG』は、オーラ・バトラー特集で、富野監督のインタビューも載っているというのでAmazon注文しました。


グレートメカニックG 2020AUTUMN (双葉社MOOK)

グレートメカニックG 2020AUTUMN (双葉社MOOK)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: ムック




 古見さんの最新刊といっしょに買った。
 只野くん、モテモテ…もう「ただの人」じゃないじゃん。

 さてモノが届き、取り敢えずは富野監督インタビューをパラパラと。真っ先の感想は、





 でしたね。富野監督が、いきなり現在構想している新作『ヒミコヤマト』なる作品の話を始めたので…

 インタビュアーさん(無記名だけれど、どなただろう?)が、「ダンバインを含め富野監督の作品を見ている視聴者は…」とか、「この新作の構想は掲載していいのですか?」、「アニメ版『リーンの翼』では、…」などと、なんとか軌道修正しようとしているのと、

 途中で「『ヒミコヤマト』についてもう少し」と、(これはもうダンバインのインタビューとしては無理かも)と保険うっている感じが、

 なんかこうね。インタビュー中にどのような原稿にまとめようか、大変だったろうな…と。


 さて気になるこの『ヒミコヤマト』、詳しい内容は是非とも『グレートメカニックG 2020AUTUMN』を読んでいただくとして。

 ぼんやりと分かることは


卑弥呼=弥生姫(日本名)が出てくる。

戦艦大和が絡んでくる。

富野監督自身もまだ物語はよく分からない。


 ですかね。作品名にもなっているくらいだから、もし弥生姫が主人公なら、富野アニメ初の女性主人公だ。



 さてさて。
 『ヒミコヤマト』の名前を聞いて、「まだ監督の中では生きていたのか、この企画」と思った富野監督ファンもいらっしゃると思います。


 カタカナではなく漢字の『卑弥呼大和』は、富野監督と角川春樹氏・福井晴敏氏が構想した企画。福井さん曰く「戦艦大和に卑弥呼的な、源日本的な何かが取り付いて、現代の東京をしかりにやってくる話」だそうです。

 ぼくは手元にないので確かなことは言えませんが、これたぶん、『リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well』の中で出てきた話だと思います(『リーンの翼』、あんまりピンとこなかったもので買わなかった…違ったらすまん)。


リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well

リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well

  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2007/03/30
  • メディア: 大型本




 今回のインタビューによると、企画は99年。富野監督が「東京都知事を倒す」話と言っているので(どんな話だ…)、上記の福井さん「現代の東京をしかる」とも一致しますね。


 今回のインタビューでも触れられていますが、この『卑弥呼大和』のイメージボードは、「富野由悠季の世界展」の兵庫会場で「のみ」展示もされていました。俺の前で富野展の話をするのはやめろー!!(情緒不安定)





 ちなみに劇場版『Gレコ』以降の新作については、最近ネットで公開された公研『ガンダム監督の「敗北者宣言」』でも触れられていました。
 劇場版5部作のうち、まだ3作残っているのに…というツッコミはひとまず置いておいて。


---ここから引用---
今シナリオを2本持っています。2本ともロボットらしいものが出てきます。
(中略)
できたら人型ロボットが出てこないものを作るために新しいホンを書いています。
---ここまで引用---


 このロボットに関しての言及は今回のインタビューにもあるので、シナリオ2本のうち1本が『ヒミコヤマト』ってことでしょうね。


 なお、富野監督が今回のインタビュー最後で語っている「素晴らしい物」。

 ぼくの脳裏に反射的に浮かんだのは、「それってヒゲの洗濯で見せてもらったけれど…」なんだけれど、それはともかく。

 過去の作品を振り返るインタビューで・次回作の構想を話す富野監督、「らしくて」良かったです。

 ぼくは、完全新作>バイストンウェルもの>ガンダムシリーズの順で期待しているので、『ヒミコヤマト』は良いな。ホントは『Gレコ』もガンダムシリーズから切り離されていたら、言うことなしだったのに。

 そしてこれまで10本以上の劇場用作品を作っている富野監督ですが、「完全単独作品」は無いと思っているので、劇場用作品としての『ヒミコヤマト』を期待してしまいます。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ





nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:アニメ

ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 5(ラスト) [富野監督関係]

どうも。

『ガンダム』などを作った富野監督と・ドリカム中村さんが出演したラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(8月21日放送)の文字起こし、その5です。最終回です。


富野監督の最新作劇場版『Gのレコンギスタ』(略称『Gレコ』)シリーズのテーマ曲を担当したドリカム。そのため、対談の内容は多岐に渡っています。

これまでの記事は以下の通りです。

ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 1
ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 2
ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 3
ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 4

今回も、勝手に適宜中見出しを入れております。それと敬称略です。ではでは。



「ついでに」人が死ぬ描写


中村:ちょっとぼくが振っておきながらここで断ち切るのも申し訳ないですけれども。
でもぼくね、いつも思うんですよ。『Gレコ』で戦闘シーンあるじゃないですか。それこそついでに死んじゃう人いっぱいいるわけですよ。あれどうしてくれるんですか。
例えば水戸黄門がですね、「助さん格さん懲らしめてやりなさい」って言って、刃物をピュッて向けた時に、ついでに死んじゃう人いっぱいいるわけですよ。これはすごいシリアスな問題だと思うんですよ。『Gレコ』の戦闘シーンとかで。
どういう風に考えてらっしゃるんですか。あれって、あれやられちゃったっていっぱいいるじゃないですか。

富野:あれやられちゃったっていう局面を作ったやつのことを、そろそろ本当にお前ら考えろっていうのは、もう40年以上前から持ってます。
だからあの偶然ではないんだよね。だから最近のデジタルの加工が本当に腹が立つのは、平気で人間を飛ばすのね。お前人間をこんなに飛ばしたら死ぬんだぞっていうの、みんな絵面の格好良い、あの爆発の飛ばされ方をしてるわけ。
で、そういう演技論を見せられてかっこいいとかというふうに思わせるという今のビデオのデジタルビデオの環境、極度にひどいと。
それで、じゃあついでにとか、勝手に死んでく人たちのことを無惨に死ぬようにやったら戦争反対の表現なるかというと、その表現をした瞬間にオンエアが禁止される、公開が禁止されるって事も起こるから、それもしてはいけない。
そうなった時に、我々はそういう具体的な物事に対して正確な判断基準になる材料を持ててるのってなった時に、今の人たちは持ってないよね。

中村:それは難しいですよやっぱり。

富野:つまり東京大震災の時の、震災後の焼死体の写真でさえもクロ塗りになってるかフレームから切って掲載するようになってしまった時代には、我々はこれ以後と何て言うのかな、人の命を大事にしましょうって言うことをだけを言葉にしていて済むんだろうかっていうことは、そろそろ本当に考えなくちゃいけない時期が来てるんじゃないのかなとも思う。
だけども人権主義に関して、既に誰一人反対論を言えなくなってしまってるっていう。3~40年は経つので、本当に正直困ってます。
で困ってるからこそ、いやそういうものに反旗を翻すようなものを作れないのかなとも。

中村:作品でね。

富野:思うんだけれども、ということでいま本当に苦労してます。


富野監督が選ぶ曲、1曲目


中村:そんな富野監督がですね、好きな曲をかけようかなと思って。で2曲あるんですね、候補がね。

富野:あるんだけれども。

中村:最初に考えたのは何ですか。

富野:最初に考えたのは『ハイフン・スタッカート』(『Gレコ』劇中歌)で、自分の作詞した曲で、『Gレコ』でやった曲なんだけれども、とても好きなのよね。

中村:じゃあちょっと聞かせてもらいましょうかね。聞いてください。
(流れる、AmazonPrime会員なら下記アイコンをクリックすると無料で聞けます)




中村:知ってますよこれ。
アレンジとかも監督ちょっと意見するんですか。こういう風にしてくれないみたいな。これも菅野(祐悟)さんですよね。

富野:ぼくね、この歌詞カード渡して、何にも言わない。で、この曲が出来てくるのよ。すごいなって。

中村:トイレ関係で言えば、やっぱり『Gレコ』ですごいのはトイレですよね。コアファイターの中にトイレがあって。あれすごいです。
今までの巨大ロボットもので、ああいうのありました?

富野:一度やってるんですけども。




中村:でもまさにそうですよね。

富野:で、何よりも菅野祐悟がすごいのは、あの歌詞カードを持ってきて、この曲層で作るっていうのは本当にね、脱帽ものなんてものじゃない。

中村:さっきのホルストのもそうですけど、宇宙、壮大とか、サイエンスフィクションって言い方が良いのか分かんないけれども、そういうものに絶対今まで使われなかった、東洋というかインドっぽいというかバリっぽいというか。
ただそのバリにしてもインドにしても、宇宙と直接つながっている…

富野:そういう説明を一切しないのに、菅野祐悟はそれやってくるのよ。

中村:そこでもうなんかピンと来ちゃうっていうか。『Gレコ』の地球サイズにしていくっていうか、ちょっと欧米なサイエンスフィクションの描写もあったけれども、インドも含めて、マントラ含めての宇宙観というか。

富野:ここまでパッとくるというそりゃ凄いよ。

中村:凄いですよね。俺はできないですよ。菅野さんで良かった(笑)。俺偉そうに言ってるけど。怒られちゃうなホントに(笑)。


『うれしはずかし朝帰り』から受けた衝撃


中村:もう1曲いきましょうか。もう1曲はこれですね。

(『うれしはずかし朝帰り』が流れる)



中村:突然言ったんでスタッフ慌てて、ウチの曲なんかアーカイブに入っていませんからね。慌ててSpotifyからとったんじゃないですか今。
(笑)。ホントに。
昔はレコード部屋に引き抜きに行ったんですけどね。今は簡単だから。仕事簡単だから。Spotifyで検索して出てきますから。これはドリカムの『うれしはずかし朝帰り』。これは何故ですか。

富野:要するに衝撃を受けたんですよね。

中村:これ実際にお聞きになったんですか。

富野:聞きました。
えっ、朝帰りの曲だろ。朝帰りをテーマにして、こうまで大々的に元気に歌っちゃうっていう、シンガーソングライターみたいなのが出てきたっていうのがまずね衝撃的だったわけ。

中村:当時の常識で言えば、朝帰りっていうのはちょっと秘めたるものでございます。

富野:そうそう。それとそういうロマンがないわけ。

中村:(笑)。ありますよ。ロマンあるけど、でもそうですね。すがすがしい朝です。

富野:これか、っていう時に、まさに時代の、世代間の断絶。

中村:切れ目が入っているんですね。

富野:っていうものものを感じて、こういう人たちが出てくるこれ以後の10年20年どうやって暮らしてこうか。


富野監督と秋元さん


中村:(笑)。なんですかそれ。悔しい悔しいで1時間話してきましたけれども。
もちろんね、ソーシャルディスタンス取りながら、監督の健康にも私自身もそうですけど。また是非、秋元(康、この番組のプロデューサー)さんにチャンス頂きましたんで、

富野:本当そういう意味ではご縁で(笑)、だって、秋元さんって人もぼくにとって妙な関係の人で。

中村:なんか番組では言えない話があるらしいですね。

富野:言えないじゃなくて、そうじゃない。

中村:そうじゃないそうじゃない(笑)。

富野:作詞をやってもらっているんだよね、変な曲のさ(ブログ主注・おそらく『アニメじゃない』のこと)。

中村:気が付きました。1時間やっていて気づきました。秋ボトっていうロボットがいるんだね、秋元さんの。

富野:はなから、はなから気付いています。

中村:ぼく全然気付かなかったです。なんか台本がでるのかと思った。違いましたね。

(笑)

中村:ひどいね。これで俺が仕切っているんだよっていうのを証明するわけだね。ひどい人だねホントに…

富野:そうそう(笑)

中村:ぜひまたチャンスがありましたら。

富野:本当に機会があればということで。ぼくにとっても本当に中村さんの切り口の考え方みたいなもの正直本当に勉強になるんで、ありがたいんですよね。ありがたいけどただ今から聞かされてもね間に合わないんだよねー
(笑)


※関連記事
ドリカムファンの皆様へ。『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』で、ドリカムが曲を歌う意味。 




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 4 [富野監督関係]

どうも。

『ガンダム』などを作った富野監督と・ドリカム中村さんが出演したラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(8月21日放送)の文字起こし、その4です。
次回で終ります。

富野監督の最新作劇場版『Gのレコンギスタ』(略称『Gレコ』)シリーズのテーマ曲を担当したドリカム。そのため、対談の内容は多岐に渡っています。

これまでの記事は以下の通りです。

ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 1
ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 2
ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 3

今回も、勝手に適宜中見出しを入れております。それと敬称略です。ではでは。



亜阿子さんからのダメ出し


中村:世界の富野ですよ。ぼくおべっか使う必要全く無くてですね、おべっか使ってもなんの得もないんですよ。

富野:はいはいはい。

中村:テーマ曲書かせていただきましたし(笑)。
全く損得ないところで、今回の『Gレコ』でやっぱり監督が強調していらっしゃったのは、そのガンダムっていう先入観なしで見て欲しい。
逆に言うとガンダム知らない人に見てほしい、今の子どもたちに見て欲しいっていう意味では、ぼくは年食ってますけれども結構同じところから入ったわけですよ。



改めて『Gレコ』を、オリジナル版をあえて見ないでね、このポスターだけ見て、これから感じる音楽書いてくれればいいんだよって言ったのと全く同じ角度で入って、やっぱり『Gレコ』はね、面白い。
でもね、まだね得体が分からない面白さなの。

富野:そうなの。その欠点というのが、最近ようやく分かるようになったわけ。
亜阿子さん(富野監督の妻)から昔から言われていたんだけれども、登場人物が多いやつはダメ。映画っていうのは2人とか3人とか4人、出ても5人まで。それで『Gレコ』はキャラクターが多すぎる。ガンダムも多すぎる。それダメ。映画になってないって言われて、本当にすみませんって言うのは最近本気で分かるようになったからね。


「群集劇」の魅力


中村:でも、ぼく亜阿子さんに逆らう気はなくてですね、なぜかというと(劇場版『Gレコ』に)ドリカムを使えと言ったのは亜阿子さんですから。
本当に亜阿子さんに感謝してて、監督にはちっとも感謝していないんですが。
でもこの前も対談でちょっと喋らせてもらったんですが、今の例えばネトフリとか、そういう海外ドラマも含めてヒット作っていうのは、群集劇っていうか登場人物が多くて、でもその登場人物を本当に丁寧に描いて。

富野:そうか。

中村:そうですよ。本当ですよ。何でもいいですよ、例えばゾンビ映画でも、何でもいいや。
そういう意味では『Gレコ』はまさにベルリだけを描いているんじゃなくて、ベルリを中心に……してない時もあるじゃないですか。

富野:そうそう。だけど映画っていうのは2時間以内で、ピシッと見られて分かるというのが映画なのよ。そういうものに収まっていない『Gレコ』ってやっぱり映画じゃないのね。

中村:でも今の映画は、もちろん15秒で分かる映画もあれば、ネットフリックスみたいに10シーズン・各話(おそらくシーズンのこと)18話とかそういうので延々見せるのも、その劇中の一人として自分を感じてきちゃうわけじゃないですか。
そういうの見てると。

富野:はいはいはい。

中村:『Gレコ』はそういう要素いっぱいあるって前の話であれなんですけど。だから亜阿子さんの意見も勿論分かりますけれども、今じゃないですか。

富野:だからこそなの。『Gレコ』は5部作で作ってもいいんじゃないのかってことはもうほんと5年前から思ったし、それを実行させてもらってるんだけれども、やっぱり戯作者としての理想論があるわけね。高い。シェイクスピアに勝ちたいわけ。

中村:勿論です。


「若い子」と分類することの無意味


富野:そういう時にこれでなーってのがあるから。
だから今回、『G』の曲を頂いた時に本当にビックリしたのが、あの単語(ブログ主注・「シェイクスピア」のこと)が出てくるっていうことの凄さっていう意味では、今の若い子には分かんないだろうと思うんだけどドス突きつけられたって感じがあるからね。


【メーカー特典あり】 YES AND NO / G (特典:Gのレコンギスタ×DREAMS COME TRUE 特製クリアファイル)

【メーカー特典あり】 YES AND NO / G (特典:Gのレコンギスタ×DREAMS COME TRUE 特製クリアファイル)

  • アーティスト: DREAMS COME TRUE
  • 出版社/メーカー: Universal Music
  • 発売日: 2020/07/01
  • メディア: CD




中村:それは監督、我々というか監督はぼくの大先輩ですけれども、今の若い人たちっていう分類もこうままならなくなってきて、まさにそのオンラインとオフラインの人類に全く別れてですね、年齢関係なくオンラインとして実績がない人間は尊敬されないと言うか。
尊敬までいかなくて、相手にされない。
うちの娘がぼくがアドバイスしても、ぼくは動画の編集の仕方も知りませんし(笑)、本当ガジェットの使い方ホントに分かんないんで、人生の先輩として教えても、iPhone使えなかったらアウトなんですよね。説得力が。

富野:きっとそうなですよね。今ぼくの周りにはそういう人がいないから、

中村:そうですか?

富野:そういう敗北感がないの。だって同年齢しかいないんだもん。

中村:でも作画の現場って、やっぱり最新のガジェット使ってますよね(笑)。

富野:使っているんだけど、使っているんだけどもああいう物を使うようになっている奴は他人だもん。他人なんてもんじゃない。スタッフ以下だもん。絶対付き合わない。

中村:何言ってるんですか。

富野:鉛筆で絵を描ける人としか仕事はしなくなっちゃってるから(笑)。

中村:宮崎駿さんみたいなこと言わないでくださいよ、よく分かんないなもうー。


戦前生まれの富野監督


富野:だってそういう歳…年齢には勝てない部分があるんだって。

中村:でも監督41年生まれじゃないですか。本当にポツダム宣言が45年じゃないですか(笑)。

富野:(笑)。

中村:すごいと思って俺なんか。もう現役ですよ。
こういう言い方したら軽くなっちゃって、ちょっと誤解を受けて困るけど。だけどよく考えたらぼくも58なんで、生まれが。ポツダム宣言からたった13年しか経ってないんですよ。今の13年前ってこれ皆さんどう思います? 昨日のことでしょ13年前って。

富野:言われてみればそうだよね。

中村:ですよ。

富野:だけど今の若い人ってポツダム宣言の話とか分かんないんでしょ絶対に。

中村:いや今検索してますよ。簡単ですよ。あっという間に。今「ポツダム宣言」って上がってきますからガンガン。ふざけてるんじゃなくてね。

富野:いや分かる。

中村:やっぱりその中で猛烈な体験をなさってきて、

富野:してない。だからぼくの場合には。

中村:それはあのWikipediaで読みました。


「立派な戦死」という言い方の発明


富野:してない一番の理由っていうのは、今8月期だからそれ終戦記念日みたいなことがあるんで、そういう記事もいっぱいを読まざるを得ないわけ。
で読んでてつくづく思うことがあって、なんでこんな風な日本になってしまったんだろうなって言えても、なんであんな戦争やれたんだろうなすごいよねってキ***沙汰…ああ、ごめん(ブログ主注・放送中では全部言っていました)。

中村:大丈夫です大丈夫です。41年生まれなんで普通の言葉ですから。当時の表現を今忠実に再現しているわけであって。今監督はそういう概念は持ってらっしゃらないから。

富野:概念は持ってないからこそ逆に、ほんとにね謎なんですよね。
なんでああまで国力が違うのに戦争を仕掛けられたんだろうかなっていうのは、常軌を逸してるって言うもんではないんですよ。
そういうレベルではないのに、実は戦後の問題でよく分かることがあるんだけども、一番仕掛けた、仕掛け人をした人たちというのが全部発言をしてないわけ。戦後は。つまり特攻に行けと言った奴は、いなくなっちゃったの。一切合切いなくなっちゃったの。
で、特攻させられて死んだっていう痛みだけを持った人たちが戦後発言をしているわけね。
あの特攻を仕掛けるということを思いついて、それをやることが戦争だと思えて、そして特攻で国に殉じたということで立派な戦死なんだって言う言葉遣いを発明する奴がいるわけよ。

中村:それはでも、それで救われる方も。

富野:当然です。あの戦死者を家庭内に持ってる人たちはみんなそうなの。だってそうでなかったら、無駄死になんて言ってほしくないもの。

中村:本当ですね。本当ですね。

富野:問題なのは、だけど死にに行けと言って、それで戦争に勝てるんだったら死にに行けと言ってもいいんだけども、死にに行けと言った奴が戦後生き残っててごめんなさいって言った奴は一人もいなくて、軍人恩給をもらってんのよ。

中村:ちょっとその辺はですね、この番組が終わった後に。(文字起こし「5・最終」に続く)


※富野監督は「子どもに作品を届けたい」と願い、また過去に何回も「子どもを舐めて作品を作ってはいけない」って言っておきながら、この対談では「今の若い子には分かんないだろう」って繰り返すの、なんなんだろうね?
 特に「ポツダム宣言の話とか分かんないんでしょ絶対に」なんて、ホントにどういう意味で言ってんだろ?


※関連記事
ドリカムファンの皆様へ。『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』で、ドリカムが曲を歌う意味。 




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 3 [富野監督関係]

どうも。

『ガンダム』などを作った富野監督と・ドリカム中村さんが出演したラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(8月21日放送)の文字起こし、その3です。

富野監督の最新作劇場版『Gのレコンギスタ』(略称『Gレコ』)シリーズのテーマ曲を担当したドリカム。そのため、対談の内容は多岐に渡っています。

これまでの記事は以下の通りです。

ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 1
ラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」の富野監督×ドリカム中村正人さん対談文字起こし 2


今回も、勝手に適宜中見出しを入れております。それと敬称略です。ではでは。




菅野祐悟さんの近況


中村:そうそう、俺聞きたかったんですけど、どうなってます(劇場版『Gのレコンギスタ』の)3本目。どうしますコロナ禍。

富野:よく分からない、全然分かんない。ただ、先週3本目と4本目と5本目のBGM、発注を菅野(祐悟)さんに発注して。

中村:菅野さん、お元気でした?


thanks!~菅野祐悟 ベストセレクション~

thanks!~菅野祐悟 ベストセレクション~

  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: CD



WORKS

WORKS

  • アーティスト: 菅野 祐悟
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: CD



富野:元気。元気なんってもんじゃなくて。

中村:元気…(笑)

富野:本当にあの人は元気なんてもんじゃなくて、米津なんだぁー!! って人ですからね。

中村:お、いいですね。いいですね。

富野:そういう意味ではね、ちょっとびっくりした。それで、なんだっていうのが、ぼくと違ってて、「だって30秒聞けば分かるでしょ」。

中村:はい、おっしゃる通りです。天才です。

富野:だから、あの人をどうこうしようって思わないから、俺流に仕事させてくださいって締めたの。


「天才」が及ぼす影響


中村:それでもこの野郎って思っているのは、そういう天才、時代を越えるユーミンさんもそうですし、多分みゆきさんもそうだし、宇多田ヒカルちゃんもそうだし、やっぱりそういう天才たちってもっと影響を与えるんですよ。
それは今の人たちに一番受けているとかいう事象以上に、我々クリエイターの端っこ…端っこって言ったら菅野さんに怒られちゃうけどさ、菅野さんさえインスパイアするわけ。

富野:そうそう。

中村:定点観測させる。米津に比べてこうだから、この方法でいくよ…

富野:だから本当に先週久しぶりで『Gレコ』の作品のことを考えながら話をせざるを得なかったわけ。
だから富野さんも自分でも内心偉ぶりましたもん。つまりこの1年何もやってないのに、『Gレコ』って凄いな、いろんな事を考えさせる作品だな。だからこうしてくださいよっていう話が、菅野祐悟っていう才能に言えた自分っていうのが嬉しかったもんね。

中村:客観的に見れたっていうのは大変良かった。もちろん大変な方々、今も戦場で戦ってくださる方々がたくさんいる中で、我々こんなにのんびり飲みながら話している場合じゃないんですけど、ただ今日はいいか…

富野:というだけじゃなくて、この時間がなかったらね、それこそ人間、24時間ピンと張ってらんないもの。

中村:おっしゃる通り。

富野:だからこれで良いんです。
良いからこそなの。ぼくのつまり、理想があるわけよ。作り手だったらね、実を言うと秋元(康、このラジオ番組をプロデュースしている)さんみたいにずっと作り手風にしたかったんだけど。

中村:(笑)。

富野:それができてないのが悔しい、っていう。

中村:なるほどねコマーシャルいきましょう。


『惑星』を巡るやりとり


(ホルストの『惑星』が流れ始める)



中村:今日みたいに仕事抜きの時はあまりないので、僕の好きな曲を。監督と是非聞きたい曲がありまして。

富野:はい。

中村:今鳴っているやつなんですけど。これがですね、あのベルリンフィルなんですけど。ホルストの『惑星』という曲で。平原さんで有名になっちゃいましたけど。『Jupiter』って曲ですけど。これを一緒に聞きたくて。これご存じですか?

富野:(失笑)少しは知ってます。

中村:そうですか。これですね、まさに宇宙ってこういう音なんだろうな、と。まさにまだ人類が宇宙に飛び出てない頃に、ホルストって作曲家が作ったんですけど。

富野:そうですね。

中村:この中で『火星』も素晴らしいんですけど、この組曲の一番最初の。あらゆる映画音楽家の元ネタになっているような。組曲なんですけど。
この『 Jupiter』っていうのはね、まさにぼくらが少年時代に見た、あるいは『Gレコ』で宇宙が舞台になっていた時に、聞こえてた音だったんですよ。こういう音楽をぼくはいつか作りたいと思って、今聞いていただいて。中村こういうの作りたいんだよっていう、プレゼン(笑)。

富野:っていうよりも、すごく実言うとぼくにとって当たり前だから。

中村:これが?

富野:当たり前な、そう曲だから、びっくりしました。もう少し違うものって。そういう意味で言うとぼくやっぱり偏見があったんですよね、ドリカム対して。

中村:もうずっとそれ言ってるからね監督(笑)。もう偏見の塊だから、富野さん。本当に。

富野:『Jupiter』なんてのは当たり前に、宇宙そのものなんだから、いいんだよね。逆に、こういう記憶はぼくの中にあるからなんです、『2001年』が困っちゃったわけ。ええー、これでこられたか。

中村:ああ。そういう意味でね。

富野:そう。




ちょっとご不満な感じのお二人→仲直り


中村:でもなんかこの楽曲って、すごいテクノロジーも感じるんですよね。雄大な自然だけじゃないんですよ。

富野:分かりますよ。

中村:分かります?

富野:分かります。

中村:だからそれこそ巨大ロボットも見えるし、もうあらゆる『Gレコ』で登場する…

富野:だから広がりそのものが見えるし、もう1つ重要なことがあるのは、空間というよりも、水平線って言うのかな、地平線って言うのかな、ザーッと走っているのね。

中村:分かります。

富野:やっぱりそういう見事さっていうのはあるという意味では認めます。だから、嫌いな曲ではありませんが。

中村:あまり驚かなかったっていうこと?

富野:うん。

中村:もう。何言ってんの。

富野:さっき言った通り、最近モーツァルトの自然体に…

中村:もうちょっと驚いてくださいよ。中村こういう曲選んだんだ、いいなお前とかちょっと言ってくださいよ。

富野:あ、それはだって大前提だもん。当たり前。今更そのことでお前偉いねなんて言ったら、舐めてることになりません?

中村:(笑)。いやいやもう…分かりました。でも今日ぼくホルスト選んでたから、さっきモーツァルトの話おっしゃった時に、ちょっとビクッとしましたよ。そこかって。モーツァルトかって。


『ガンダム』だからみんなが語る


富野:それはね、自分の中でもなんですよ。
趣味性の問題みたいなことを考えていた時に、自分に一貫したものがなくって、結局一番みんな言ってるモーツァルトに戻らざるを得なかった自分っていうのは本当に嫌だったとかってこともあるわけ。

中村:でも総監督、みんなが言うからモーツァルトじゃなくて、モーツァルトだからみんなが言っているんじゃないですか。それはもうガンダムと一緒ですよ。

富野:はあー。

中村:巨大ロボットものだって、結局ガンダムに戻らなきゃいけなかった(富野監督の口真似?)。監督の周り、しかばね累々(たぶん死屍累々のこと)ですよ。ね? 同じこと言ってるでしょ?

富野:中村さんってさホント、プロデューサーね。すごいね。

中村:そんなことないでしょ(笑)。

富野:ホントお上手。

中村:お上手じゃない。カントク~。でも同じこと言ってますよ。しかばね累々ですよ巨大ロボットものの監督たちは。コノヤローって。言わないでしょうけどね。
でもちょっと言ってほしいんでしょ。

富野:言ってほしくない。

中村:絶対嘘だと思う(笑)。

富野:強がりじゃなくて、これを基準にしちゃいけないんだよね。そして、やはりぼくは、やっぱりなの。
大学以後の、二十歳以後のことで言うと、やっぱり戯作者になりたかったっていうすごくシンプルなその思考っていうものを身につけちゃったのに、結局巨大ロボットものしかやらせてもらえなかったっていう意味でテメエラぶっ殺してやろうかって、日本の映画界全部に対して思っている人間ですから。

中村:でも番組の始まり、ここに飲みに来る前になんか「巨大ロボット捨てて」何とかって言ってましたけど、何言ってんですか。


巨大な仮想敵を設定してしまう


富野:巨大ロボットのギミックを使う、使わせたら天下一品だろうっていう、それが縛りになっちゃって劇がで作れなくなってしまった、戯作をするということはそういうことではないんだよっていうことが分かった。
だから言ってしまえば、ぼくは未だにドストエフスキー読めないんだけれども、バルザック何かを読んで本でガックリ来る事あるんだけども、人を観察する能力は全くなかったっていうことを知らされて、本当に愕然とするのね。

中村:あの敵対するレベルの人が違いますから、監督の場合。

富野:ああそうか。

中村:それダメです。例えば吉田も今回の『G』でね、(歌詞に)シェイクスピア出してますけれども。
監督とシェイクスピアはきっと同じことを言っているんだろうってことで、吉田はシェイクスピアを出したんですけれども。
でもぼくちょっと今日監督に久しぶりにお会いできる…でもシェイクスピアもエンターテインメントやりたかったんですよね。エンターテインメントとして芝居の中に…


シェイクスピア『ハムレット』 2014年12月 (100分 de 名著)

シェイクスピア『ハムレット』 2014年12月 (100分 de 名著)

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2014/11/25
  • メディア: ムック



あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)

あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)

  • 作者: 河合祥一郎
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2013/12/02
  • メディア: 新書




富野:だし、もう一つシェイクスピアであったのは、自分が田舎者なんだけれども、ともかくロンドンにいる連中に少しはね、俺のこと偉いと思ってよっていうそういう下心があったっていうのは本当によく分かるわけ。
そういう意味では向上心を持っていたけど自分はこういうにしか劇を書けない。だから日常劇がものすごい多いシェイクスピア劇ってつまんないわけよ。ながーくって。
で、こういう風にしか書けない俺っていうコンプレックスをずっと持ってた人なんじゃないのかなって言うと、これまた袋叩きにあうかもしれない(笑)。

中村:でも今シェイクスピアを表現したのは、富野総監督の気持ちとちょっと被るところあるんじゃないですか。俺は巨大ロボットものしかできないなんて言われてたから。

富野:だから。

中村:(笑)

富野:ハッと気が付いた。別に自分がシェイクスピアと並んでなんて考えていませんからね。

中村:(笑)

富野:世界の文豪と。(文字起こし「4」に続く)


※関連記事
ドリカムファンの皆様へ。『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』で、ドリカムが曲を歌う意味。 




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の20件 | - 富野監督関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。