SSブログ

ネタバレあり『君たちはどう生きるか』感想・レビュー [映画感想・実況]





 えー。すごくお久しぶりで。

 『プロフェッショナル仕事の流儀』の宮崎駿監督回は見逃した。
 お金払えばアマゾン、ポイント使えばユーネクストで見られるけれど、どうしようかな…

 見たのは1か月前だけれど、『君たちはどう生きるか』の感想残しておこう、と思いまして。



 まあ、まとめるとこんな感じなんだけれど。
 ネタバレありでいきます。

 序盤。
 主人公の父親が、軍需工場を経営している設定が、ちょっと意外でして。

 その、普通に苦労している設定の方が・視聴者は感情移入しやすいじゃないですか?
 『風立ちぬ』でも、零戦の開発に意識が集中して・その結果について考えていない(ように見える)主人公が描かれていましたけれども。
 あの、病身の妻の前でタバコを吸ったのは、その性格をあらわす象徴的なシーンですよね。

 でも今回の『君たちはどう生きるか』の場合は、何か深読みするよりは、単純に宮崎監督の生い立ちからこの設定にしたんだろうな、って考えるのが素直かなと思います。

 で。
 途中まではかなり、切ない気持ちで見ていたんですよね。『君たちはどう生きるか』。

 あの、見ている途中で何回か。
 ベルイマン『野いちご』について、小林信彦さんが「歳をとってから見るべき映画だった」みたいな短評を書いていましたけれど。

 なんかその短評を思い出していましたね。
 自分が年を取っているから、なんか胸に迫るものがあるんだろうか、とか。

 『君たちはどう生きるか』っていうタイトルなのに、途中から舞台は死後の世界。明らかに死後の世界ですよね。

 それが、なんか・すごいしんみりしながら見ちゃって。
 こんな若者に問いかけるタイトルなのに、舞台が死後の世界になるんだっていうのがね。ちょっと切なくなって。

 その死後の世界を描くイメージの積み重ねが。もちろん宮崎監督の年齢を脳裏に置きながら見ている、って言うのもあるんですけれど。
 それこそなんかね、テーマこそ違うけれどゴダール晩年の『さらば、愛の言葉よ』とか『イメージの本』とかを連想しちゃって。

 老境になった映像作家って、こう…なんと言うか、イメージの積み重ねみたいなシーンを描くようになるのかなって。
 ちょっと思いましたね。

 切なくなりながらも、老いた自分の心情や気持ちを込めた作品なんだなーって思って。

 それで途中からすごい悲しくなってきたのが、少年が冒険しているんだけれど、パートナーが少女ではなく変なサギ男だったりね、やっと少女がパートナーになったかと思ったら、それが母親っていうね(一番好きな宮崎作品はラピュタです)。
 年を取ると、冒険のパートナーはこうなるんだって。

 しかも、取り返しにいくのがとらわれた少女ではなくて、それもまた母親。
 これはもう完全に、ああもう若くない、と。
 これまで異性を取り返そうとしていた宮崎監督が。当たり前だけれど、もう若くないんだなって。年をとるって、こういう変化があるんだと思って。

 まあ死後の世界を舞台にしているから当然なんだけれど、端々に「死の臭い」を感じる。

 本当になんかね。でも、それでも映画作って。切ないような感じで見ていたんですよね。

 もう1つ、見ている途中までショックだったのが。
 「食事のシーン、全くないな」と。

 もうそれもショックで。
 なんか「生」の代表じゃないですか。食べるって行為。

 しかも宮崎作品の名物ですよ、食事シーンは。目玉焼き乗っけただけの食パンが、ハムをトッピングしたインスタントラーメンが美味しく見える魔法。

 その食事シーンがない! と思っていたら。

 途中からだんだん風向き変わってきて。

 食事のシーンと、どっち前後するか忘れましたけれど。
 過去の建築中の事故シーンあったじゃないですか。あのシーンでパラパラ簡単に人が死んでいるの見て、あれなんかちょっと、と。
 ラピュタ 好きなんで。昔を思い出すものがあるぞ、と。

 そうしたら食事のシーンが出てきて、しかもそれがなんかすっごいバターたっぷりの、カロリー高そうなパンだったんですよ!

kimitachi011食事.jpg

 ぼく、今まで見た映画のパンの中で。一番カロリー高そうなのって、ジャック・タチの『ぼくの伯父さん』の、揚げパンに砂糖まぶしたやつ。あれが一番だと思っていたんですけれど。

 今回、それに負けないぐらいカロリー高いパンが出てきて。
 ひょっとして、宮崎監督まだ若いんじゃないの、と。若いはちょっと違うな。富野監督ブログ的に言うと、「そこに残った 若さ取り出し」って感じなんじゃないの? と。

 そう思ったいたら、崩れかけた建物の中、動き回る、冒険している主人公見てね。
 本当、まだ全然頑張って・若さを見せてくれてるっていうのがね…

 前半の、老いを感じさせるところから、いっぺんに 若さを取り戻したような。

 劇中で老い→若さを感じさせる、そういう「うねり」があって、本当に感動しましたね。
 まだちゃんと、若いところを見せてくれようとしてるじゃん、みたいな。

 大伯父が示した崩れかけている世界とか、そういうテーマはぼく、どうでもよくて。
 おじいさんが若さを見せてくれてたところに、それ自体にちょっとなんか、メッセージを感じちゃったんですよね 。

 その点だけで、本当に『君たちはどう生きるか』、良かったなって。
 もうなんかずっと、「死後の世界」のイメージの積み重ね、みたいな・どうしようもない映画だったらどうしようって。道中、かなり不安もあったので。

 良かった。

 しかも最後、あの死後の世界にとどまろうという誘いに対して、争って現実世界に=「生」の世界に戻ってくるじゃないですか。
 それってやっぱり、宮崎監督のメッセージ を感じましたね。

 本当なんて言うんだろう。
 作品のテーマとか各シーンの解釈とかより、もっとダイナミズムにですよ。後半のシーン全般にメッセージを感じる、愛すべき作品だったと思います。

 ……この感想、ぼくが老け込んでいるからだよなあ。





漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/09/19
  • メディア: Kindle版



君たちはどう生きるか (ポプラポケット文庫)

君たちはどう生きるか (ポプラポケット文庫)

  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2023/09/29
  • メディア: Kindle版



スタジオジブリ絵コンテ全集23 君たちはどう生きるか (スタジオジブリ絵コンテ全集 23)

スタジオジブリ絵コンテ全集23 君たちはどう生きるか (スタジオジブリ絵コンテ全集 23)

  • 作者: 宮﨑駿
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2023/11/01
  • メディア: 単行本



ジ・アート・オブ 君たちはどう生きるか (ジブリTHE ARTシリーズ)

ジ・アート・オブ 君たちはどう生きるか (ジブリTHE ARTシリーズ)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2023/11/01
  • メディア: 大型本



徳間アニメ絵本40 君たちはどう生きるか (徳間アニメ絵本 40)

徳間アニメ絵本40 君たちはどう生きるか (徳間アニメ絵本 40)

  • 作者: 宮﨑駿
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2023/12/15
  • メディア: 大型本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。