SSブログ

「富野由悠季の世界」札幌開催記念特別上映会・劇場版『機動戦士ガンダム』富野監督舞台あいさつ内容要旨 [富野監督関係]

 昨日16日、「『機動戦士ガンダム』富野由悠季監督舞台挨拶付き上映」が開かれました。

 今日から始まっている「富野由悠季の世界」展の記念上映です。

 富野監督が札幌で舞台あいさつしたのは、たぶん劇場版∀以来。19年ぶり……

 まさか一人でトークするはずないので、「どなたが対談相手(か司会進行)を務めるんだろう」と思っていたら、まさかの最初から最後まで・観客から質問を受け付けて答えていく形式でした。

 司会は、劇場の職員さんが担当していました。

 では、内容です。走り書きしただけなので、ザックリした要旨です。


富野監督登場前~登場


 開始前に、スタッフからスタンディングオベーションの要請。
 サプライズで誕生日ケーキプレゼントがあることの告知。

 富野監督登場。素直にスタンディングオベーションする来場者。

 富野監督「立たなくていい、座れ!」
 俺(おお……これだよコレ……!)

 富野監督「なるべく簡潔に答えて、数多くの質問を受けるように努力します」

 文化功労者選出お祝いの花束贈呈。
 しかしちょっと遅れて、花束現れない。

 富野監督「無視して次に行く」「急げ!」(結局笑顔で受け取りました)

 富野監督「(文化功労者選出は)スタッフそして皆さんがいたおかげ。私は総代。カドが丸くなったので、皆さんが期待するようなコメントは出しません(笑)」


来場者からの質問1


Q、ニュータイプについて。NTの概念は。

A、ニュータイプを説明できなかったのがガンダム(シリーズ)。∀以降は描くのをやめた。現実ではオールドタイプの人間が大統領になったし、人類に絶望しているという言い方もできる。でもニュータイプを具体的にあげることもできる。藤井聡太さん。羽生さんのコメントでそう思った。 


来場者からの質問2


Q、F91で、ビギナ・ギナに花を付けた意図。

A、細かい部分に引っかかることが不思議。花が持っている共通認識がある。絶望したくない。


来場者からの質問3


Q、昔の作品も素晴らしいですが、現在の作品も素晴らしいと思います。劇場版Gレコの進捗状況を教えていただけるでしょうか?(なぜこの質問だけちゃんと書いているかと言うと、質問したのがぼくだからである)



A、ちょうど先週アフレコを終えた。年末までにはダビングを終らせたい。でも問題もある。信じてもらえないかもしれないが、コロナ禍でアニメが増えて、アニメーターが不足している。来年の6月までには5部作を終らせたい。奥さんからは絶対に言うなと言われているが、生きている間に終らせろと言われている(笑)


来場者からの質問4


Q、樋口監督のローレライなど実写映画に出演した理由

A、同業者に依頼されたら出る。現場を見たい気持ちもある。勉強になった、ありがたかった。


来場者からの質問5


Q、作詞する上で心掛けていること

A、「本来やってはいけないところ」という自覚を持ってやっている。これしか書けない、という絶望感の方が多い。子どもの時を思い出してほしいが、詩や短歌、俳句などを書けると思ったはず。自分は中学で「詩」を選んだが、その後高校で学ばなかったのでバチが当たった。
 本来書いてはいけない奴が書いている。作詞ができるとは思っていないが、富野展で展示しているものもある。「しょうがねえなハゲは」と見逃してほしい(笑)。


来場者からの質問6


Q、アニメ作品のバックグラウンドがアニメになっている(アニメを見てアニメを作っている)。後進の育成は。

A、(育成の)意識は毛頭していない。ライバルが増えるから。
「なんとなく作る」ことはやめた。アニメは「公」に向かって公開するもの。その意識を持っていると、後進に方向性を示すことになる。
日本のヌーヴェルバーグ(ブログ主注・たぶん松竹ヌーヴェルバーグのこと)は後進が生まれなかった。自己主張ではなく、みんなが喜んでもらえるものを作る。若い人に貰える楽しい作品を作る。「お前の個性」なんかいらない(この前に、富野ファンならお馴染みの「教育現場での個性あるあるは嘘」の話もしています)


質問終了


 約30分間のトークでした。

 富野監督「結局(答えが)長くなってしまった。でも60点くらいはつけられる」

 誕生日プレゼントのケーキ登場。




 司会の女性「最後のご挨拶をお願いします」

 富野監督「(司会が)最後の挨拶と言いました。どうせ私は来年死にますよ」 


 以上です。劇場版ガンダムは「見なくてもいいかな?」と思っていたんだが、結局最後まで見てしまった。

 背景を省略するためか顔のアップが多用されていたり、今の目で見ると作画的に辛いところもあるけれど、やっぱり見ると面白いわ。

 小学生の頃、「アムロの母親って浮気していて嫌だな…」と思っていた記憶があるんだけれど。
 今見ると、カマリアを乗せた車を・男が運転しているだけなんだよね。

 まあでも、それで分からせるってことでしょ。
 そこら辺が巧みですよね。

 ただ、画質悪かったなあ(笑)。絵がブレているシーンすらあったんだけれど。
 10年くらい前にリバイバル上映で見た時も、あんなに悪かったかな……


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。