SSブログ
富野監督関係 ブログトップ
前の20件 | 次の20件

劇場版『Gのレコンギスタ II「ベルリ 撃進」』、ネタバレあり感想・レビュー [富野監督関係]

 どうも。
 「大スぺタクルヒット」という不思議なキャッチとともに公開された劇場版『Gのレコンギスタ II「ベルリ 撃進」』、北海道の公開初日に見てきました。

 一応マスク(マスクのマスクじゃないよ)はしておいた。でも横も前の席も空いていたから、不安はなかった。

 ネタバレありの感想です。まあ、ネタバレといっても、太いストーリーはTV版通りだから…

劇場版2.jpg

 まあ最初に・わっと思ったのは、やっぱりデレンセン教官死亡シーンですよね。

 あの戦闘シーン、TV版の時はさあ…
 2つの難があって。

 まず、富野監督がなんかの時代劇見て、「途中のアクションシーンを抜いても分かる」と考えたんだっけ? 欠番カットが出て、殺陣がすごく分かりずらい…というか・少なくともぼくには流れが分からなかったのと。

 それと「なんで言葉も交わさずに、お互いの存在を認識できたんだ?」ってところですよね。

 放映当時は、結局はOPで使われた欠番カットを繋ぎ合わせる方がいたり、

 お互いの存在を認識できたのは、初回でデレンセンのお叱りをかわしたのと同じ動きだからだ、と喝破した見立てをネットで見て、
 おお、それだ!

 と納得したり。したのに。

 劇場版ではねー。そっか、「その声、ベルリ生徒だったか!」となったか。

 ……まあね。この方がいい。絶対に分かりやすい。

 あの当時の四苦八苦…この感慨は、当時TVシリーズを追いかけていた人間の哀愁…特典だと思おう。


 いや、全体的に良かったですよ。映画。
 94分の間に何回バックパック換装する?! って思えるくらい、戦闘が詰まっているのに、ストーリーはちゃんと進んでいる、キャラクターも見せている、という手練れな展開が。

 それにドリカムの主題歌も合ってましたよね?

 目まぐるしい展開の中、ぼくがエラソーに感じたのは

1、ラライヤ、効いているな。

2、中原さんの声は劇場映えする。

3、同じシーンなのに、TV版よりコメディとしてニヤつけるシーンがある。

 の3点でした。


物語の句読点になったラライヤ


 「1」の「ラライヤ、効いている」っていうのはね。

 TVでは正直、まあ後半MSに乗ったりもするけれど、あんまり作品に関与してないな、と思っていたんですよ、ラライヤ。「空から降ってきた少女」の割には。

 でも、今回の劇場版ではさー。
 
 先にも書いたように、基本的に戦闘シーンが多いから、ラライヤがでると物語が一度落ち着くんだよね。ちょっと和らぐというか。

 「あ、ラライヤってこの劇場版のために存在していただな」と思うくらい。

 素人がエラソーに言うのもなんだけれど、映画って当然ヤマ場の連続じゃ繋がらないわけで、戦闘シーンや状況の説明、キャラのシリアスな心情パートなんかが終わった時に、かなりラライヤが引き継いでいたな、と。ラライヤ連投していた。

 富野監督自身は今作にベッカーを推しているけれど、ぼくにはラライヤがメインに感じましたね。

 ラライヤの存在で、かなり映画のカラーが決まったと。


「劇場映えする声」


 TVで聞いてももちろん魅力的だけれど、劇場で聞くと「おおっこんなに?!」と脳みそやハートを貫く声がある、と思っておりまして。

 これを初めて実感したのは、『逆襲のシャア』リバイバル上映で川村万梨阿さんの声を聞いた時なんですけれど。
 なんかTVもいいけれど、劇場の大音量で聞くともっといいぞ。キャラの感情も伝わる、なんというか…ちょっと恥ずかしい言い方をすれば、「声の表情が分かる」というか。

 その川村さん体験をして以来、ぼくは「劇場映えする声」がある、と考えているんだよね。


 で、今回の劇場版『Gのレコンギスタ II「ベルリ 撃進」でも。

 ステアさんの声は「あーやっぱり劇場で聞いてもカッコいいなー。なんで他のアニメでも使われないんだ?」と思った。

 そして、劇場でバララの第一声を聞いた時は。

 「あれっ。こんなにも中原さんの声って可愛い…蠱惑的だった?!」って、ちょっと驚くほどだったんだよね。

 いや、もちろん中原さんの声が良いってのは知っているよ。おねツイの時から。

 でもちょっとねー。これほど蠱惑的になっちゃうと、バララが必要以上に可愛くなっちゃうんじゃねーの? って杞憂しちゃうほど良かった。


 そういやさ。
 このバララに関して。富野監督が舞台あいさつで。

 (バララの足を、マスクが押し出すシーンで)「バララの足を受け止めるカットができたときには、『うまくいった!』って一晩中泣いていたくらいでした。人間関係をワンアクションだけで描けるということをやれたのは、50年近くやってきて初めてですからね。あのシーンには身震いもしたし、それこそエクスタシーを感じましたね」


 とおっしゃったらしいですが。あの…お言葉ですが……

 ララァとシャアが同じソファに座るシーンは? 劇場版Zでも、「エマとヘンケン、TVとは違って劇場版ではできているんだな」って一動作で分かるシーンあったよね?

 富野監督、人間関係をワンアクションで描く、ずっとやってらっしゃいますよ。クエス「ペッ!」なんてストレートすぎるものじゃなくても。


 ちなみにこの舞台あいさつで、富野監督はGレコではバララが「一番いい女」って言ったらしいけれど。

 ぼくは富野作品は女性キャラがどれも魅力的すぎると思っていて(幕の内弁当理論) 、これ以上バララが魅力的になると・相対的にアイーダ様が……(笑)。


クスっとできるシーンが増えている


 TV版と同じはずなのに、やっぱり繋ぎ方で変わってくるんだね。

 「3」の「同じシーンなのに、TV版よりコメディとしてニヤつけるシーンがある」は。

 ベルリが言った「謝ることできるんだ」とか。ちょっと笑った。
 アイーダ様の「嘘ついちゃった(テヘ)」は・TV版と同じく「笑って済ませられること?」と心の中で突っ込みいれていたけれど(笑)。

 あと、やっぱりマスクが飛び乗ろうとするシーンですよね。敵であるベルリに助けてもらい、ライフルの銃身で押してもらいながら。

 歴代の富野作品で言うと、洸はもちろん、ショウだってビルバインに格好よくとび乗った(?)のにマスクときたら…

 今回、戦闘シーンが多いってことは、イコールそれだけマスクが負け続ける、ってことだからね。

 このシーンを決定的にして、マスクがコメディリリーフに見えてきた…

 まあぼく、G-レコは笑いながら見て良い、なんなら頭カラッポにして・ただただにぎやかな画面や・濃密ストーリー展開を楽しむだけで良い、と思っているので。
 富野監督自身も再三、おっさんに


うおおおおお今・伊集院の『深夜の馬鹿力』聞きながら書いているんだけれど、深夜2時40分、ドリカムの『G』が流れた!! 大好きな『深夜の馬鹿力』で、劇場版G-レコ2の主題歌『G』が!


 あれ、何書こうとしていたっけ。興奮して忘れた。


 あ、そうそう。富野監督自身も大人は見なくてよい、子どもに向けて作った。大人には分からない、とも言っていたので。

 ぼくは深読みとか、メッセージをくみ取るとかは一切放棄しております。

 だからそういう姿勢もあるのかもしれないけれど、TV版よりもちょっと「ふふっ」とできました。




人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



劇場版『Gのレコンギスタ Ⅱ』「ベルリ 撃進」 (セル版)

劇場版『Gのレコンギスタ Ⅱ』「ベルリ 撃進」 (セル版)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: Prime Video



劇場版『Gのレコンギスタ II』「ベルリ 撃進」 (特装限定版) [Blu-ray]

劇場版『Gのレコンギスタ II』「ベルリ 撃進」 (特装限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: Blu-ray



リスアニ! Vol.40.1(M-ON! ANNEX 644号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Universal Century-

リスアニ! Vol.40.1(M-ON! ANNEX 644号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Universal Century-

  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2020/03/26
  • メディア: ムック



リスアニ! Vol.40.2(M-ON! ANNEX 645号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Other Centuries-

リスアニ! Vol.40.2(M-ON! ANNEX 645号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Other Centuries-

  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2020/03/26
  • メディア: ムック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ドリカムファンの皆様へ。『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』で、ドリカムが曲を歌う意味。 [富野監督関係]

 えー。
 いつものみなさん、どうも。ドリカムファンのみなさん、はじめまして。

 さてこのたび、ドリカム(「さん」付けるのもなんかおかしよな?)が、劇場版『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』のテーマソング『G』を発売することになりましたね。



 ドリカムがアニメソングを手掛けること自体、珍しいと思いますが…

 アニメに興味がないドリカムファンのみなさんにとっては、「なんかよく知らないけれど、人気がある(らしい)ガンダムってアニメのテーマ曲を手掛けるんだ」くらいの感想で、それよりは「新曲聞ける!」「1年以上ぶりの新曲!」という喜びだと思います。

 もちろんそれで全然OKなのですが、この記事を読んでもらうことで、「そうかあ、その流れの中にドリカムの曲もあるのか」とドリカムファンのみなさんに知ってもらえたら、まあ富野ファンの1人として、幸せと思う次第です。


誰だ富野って?


 さて「ガンダム」って。
 一言で「ガンダム」といっても、ちょっと複雑なんですよ。

 1つの作品を、多くの人が紡いでいる。ペリー・ローダンシリーズのような……

 あっすみません。今の違う。


 えーと。カレーだと思ってください。カレーライス。

 一言で「カレー」と言っても、作っている人によって味が違うじゃないですか。

 ガンダムもそうなんです。監督やスタッフによって、まったく作品のテイストが違うんですよ。ストーリーもキャラクターも世界観も、全く違う。

 で、今月23日に、中村さんのラジオ『ENEOS presents DREAMS COME TRUE 中村正人のENERGY for ALL』に出演する富野由悠季監督って人は、はじめてガンダムを作った人なんです。

 ガンダムって、『ドラえもん』や『進撃の巨人』や『鬼滅の刃』と違って、原作漫画がありません(後年に発売された漫画はうなるほどある)。

 富野監督って人は、監督だけじゃなく、ストーリーラインも作った人なんです。

 あ。
 ちなみに中村さんの妻であるMAAKIIIさんが・以前所属していた「HIGH and MIGHTY COLOR」もガンダムのオープニング曲を歌っていますが、その『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は、富野カレーではありません。別カレーです。


 さて。
 それでぼくは、「ガンダムシリーズ」が好きなのではなく、「富野作品」が好きなのです。

 なのでぼくの中では、今回ドリカムが曲を歌ってくれる劇場版『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』も、「ガンダム」って流れではなく、「富野作品の最新作」という立ち位置になります。

 ちなみに『Gのレコンギスタ』も独立したカレー……作品なので、他のガンダムシリーズを一切見たことがなくても、まったく問題ありません。


富野監督の「アニソン」への思い


 この話は、富野監督いわく、ですが。
 はるか昔、1960年代とか70年代とか、アニソンはあまり価値を認められておらず、楽曲は「学芸部」あつかいでした。童謡などを扱う部署ですね。(出典・富野由悠季が語る“アニソン”の価値基準の変化

 この話はひょっとしたら、ドリカムファンのみなさんも小耳に挟んだことがあるかもしれません。
もう10年以上前になりますが、『中村正人の夜は庭イヂリ』で富野監督がゲスト出演したことがあって、その時にちょっと喋っているからです。

 富野監督は毀誉褒貶ある人ですが、アニメソングの社会的認知の向上に一役買ったことは間違いないかと思います。
 富野監督自身の言葉を引きます。



アニメ音楽というジャンルが“子ども向け”という認識を受けている状況を突破しなくてはいけない、とも感じていました。(富野由悠季が語る“アニソン”の価値基準の変化



 もう1つ引用。



僕の場合はもうひとつ重要な闘いがあって、アニメのオープニング、エンディング曲はレコード会社、これはコロムビアさんも含めてなんだけど、この時代は また「学芸部」の仕事だったんですよ。つ まりふつうの楽曲扱いじゃないんです。
―完全に子供のものだった。
現に担当者もそういう人が来るので、勘弁してくれよっていう世界でした。これを突破するにはどうするかっていうのから始まってるから、僕の詞のあり方も、そこから逃げ出すために七転八倒してきたってことです。(キャラクターランドVol.2「『海のトリトン』オリジナルサウンドトラック発売記念企画 富野由悠季SPECIAL INTERVIEW)


 さてはて。そんな想いを持つ富野監督の作品ではこれまで、色々な作曲家や歌手が参加してきました。もっとも富野監督は、「自分はキャスティングしていない」旨の発言を何回かしていますが…


 参加してきた作曲家・歌手の中には、もちろんアニメ界の大御所もたくさんいます。
 そして一方では、80年代に入ってから、例えば馬飼野康二さんだったり芹澤廣明さんだったり、いわゆる歌謡曲を手掛けている方も富野作品に参加しています(お2人は『ベルサイユのばら』『タッチ』など、アニソンのヒット曲もありますが)。

 その後も千住明さん、鷺巣詩郎さんなどなどが富野作品の音楽を手掛けてきました。

 また富野監督の映画で言うと、これまでTM NETWORKやGacktさんなんかが主題歌を歌っています。

 ガンダムファン的には、なんと言っても森口博子さんなのですが……


 今回ドリカムさんがキャスティングされた理由を富野監督は、妻の亜阿子さんに相談して決めた、とコメントしています。

 それは事実でしょう。

 しかしぼくには、ドリカムが持つメジャー性と無縁とは思えないのです。

 もう「アニソンの価値を高める」時代ではないでしょう(と、少なくともアニメ好きのぼくは思っています)。

 しかしドリカムが歌うことによって、G-レコは当然、ガンダムやアニメに興味がない層にも、劇場版『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』の主題歌は届く、と。
 『救命病棟24時』は見たことなくても、『朝がまた来る』『何度でも』は知っている、というようなね。


 いやもちろん、ドリカムの曲をきっかけにして、多くの方が劇場版『Gのレコンギスタ』を見てもらえたら、ファンとしてはもっと嬉しいんですが…

 ただ富野ファンの1人としては、かつて富野監督がアニメソングを「子ども向け」から脱皮させようと四苦八苦していて、現在アニソン周りの状況は変われど・その思いが今も息づいているから、今回の超メジャーであるドリカム起用に繋がったと考えているんですよね。

 で。
 ドリカムファンの皆様にも、『G』を聞く時に、富野監督はかつてそんな思いを持っていたんだ、と頭の片隅にでも置いていていただければ、味わいがいっそう深くなるかと思い。
 余計な一文を書いた次第です。


「(起用は)失敗だったかな」の件


 最後に1つだけ。

 劇場版『GのレコンギスタII「ベルリ 撃進」』の初日舞台挨拶で、中村さんが登壇。
 その際に中村さんは、富野監督から「(起用は)失敗だったかな」と言われたことを冗談まじりで話していたようです

 これに関し、ちょっと説明しておきたいと思います。

 アニソンの話とは一見矛盾するようですが、富野監督は作品を作る際に、「子どもに向けて」ということを強く意識しています。

 特に今回の『Gのレコンギスタ』では、その思いが顕著です。
 この作品をヒントに様々なことを考えてほしい、大人になった時に「あ、G-レコのあれはこういうことだったのか」と気付いてほしい、との思いなのです

 だからG-レコ関連のインタビューで富野監督は、「大人は見なくていいから、子どもに見せてほしい」と散々言っています。 

 ドリカムファンの皆様、考えてみてください。
 吉田さんや中村さんが、「今度の新曲、あなたは聞かなくていいから、子どもに聞かせてください」なんてイカレたこと言いますか?

 しかし「子どもに見せたい、見せたい」という思いだけが先走り、機会があるたびに「大人は見なくていいから、子どもに見せてほしい」と富野監督は言い続けるのです。

 だからリンク先の記事にあるように、「若いファン層を取り込みたい」思いから、この発言につながったのだと思います。


劇場版Gのレコンギスタ テーマソング『G』特別サイト



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ


nice!(3)  コメント(150) 
共通テーマ:アニメ

『忘れじのカルチャー倶楽部 クラッキクロニクル 〜タイムマシンに気をつけろ!〜』のテーマ「ガンダム」回で、吉田健一さん登場 [富野監督関係]

 どうも。予定通りに3日連続更新。

 シネフィルWOWOWで押井監督、すみぺさん、小黒祐一郎さんによる『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 』のコメンタリー版が放送されるというので、数年ぶりにスカパーと契約しました。

 スカパーと契約すると、個人的に一番楽しみなのが契約者用のチャンネル「BSスカパー!」を見られること。
 正直、どこかの専門チャンネルの番組より、「BSスカパー!」で放送されている『ダラケ!』『田村淳の地上波ではダメ!絶対!』を見られるのが嬉しいんだよな…

 どこの専門チャンネルとも契約せず、基本料金だけ払って「BSスカパー!」を見れたらいいのに…(現状では必ず基本契約+チャンネル最低1つとの契約が必要)。


 さて、そのスカパー契約者だと見られるチャンネル「BSスカパー!」では現在、『忘れじのカルチャー倶楽部 クラッキクロニクル 〜タイムマシンに気をつけろ!〜』が再放送されています。
 主に昭和40年代生まれの人を対象にした番組(でいいのかな?)で、「付録」「ウルトラQとウルトラマン」「昭和の声優文化」「フォークソング」など毎回テーマを変えて放送しています。

 メインMCはサッカー実況などで著名な倉敷保雄さん(だから番組名が倉敷→愛称クラッキ→クラッキクロニクル)。

 先日再放送された第9回・本放送は昨年9月では、テーマが「ガンダム」でした

 ゲストはキンゲやG-レコで・富野作品ファンにはおなじみ、吉田健一さん。

 吉田さんと倉敷さんは、倉敷さんの本の表紙を吉田さんが担当するなど、以前から交流があるようです。


星降る島のフットボーラー

星降る島のフットボーラー

  • 作者: 倉敷 保雄
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: 単行本



 番組は、途中で歌紹介などを挟みつつ、吉田さんがご自身で書いたコンテ絵的ラフを使いながらガンダムの魅力・見どころなどを説明していました。

 あのラフ絵、全部見たい……
 一部は、吉田さんがご自身のツイッターに上げていました。
 
吉田さん.jpg
(この画像クリックすると該当ツイートにいきます)


 では以下、ざっくり、本当にザックリと番組内容です。


 吉田さんの着ているTシャツ、メトロン星人が描かれている……

 吉田さんが『ガンダム』で好きなのはザク。ザクとモノアイ。

 住んでいた熊本県では放送していなかった。

 ジオン兵が良かった。

 吉田さんが好きな井荻作品は『愛のフィールド』。倉敷さんはララァ系の歌が好き。

 これからはしばらく、ガンダム1話冒頭の話。ザクの目を消している。

 無重力空間の演出を、さらりと(しかし)しつこくやっている。

 上からの視点で、降下するザクとコロニーの地表を描いたカット。吉田さんの描いた絵には、「この絵はもう生まれて始めて見た光景ですよ!! だんぜん新しい!! …と、思ったものです…オレは、もうもっていかれました」との走り書き。

 着地した音で、(ザクが)重いと分かる。

 ジオン兵が覗く双眼鏡の景色から、コロニー内が円形だと分かる。

 細かい描写をやりながら、細かい説明はしない。目線誘導だけでやっている。それを視聴者の知りたい順番にやっている。

 これ以降はキャラクターや戦闘シーン、NTについて。

 キャラクターについて。ラル一行との邂逅シーン。憎むべき敵とは違う、普通の人がいっぱいいると分かる。

 吉田さんと倉敷さんによるマチルダさん話から、声もいい→歌もうまい→『コスモスに君と』の話にも。

 吉田さんいわく、ミハルは自分たちの代表だと思う。自分たちがあの世界にいたら、ああなっちゃうのかなと。

 MS戦について。コンスコン戦。アムロはライフルを撃ち尽くしたあとに、戦艦にビームサーベルの柄を押し付けてから、ビームを出す。その時一瞬、反動がある。それがたまらんかった。

 ララァはオリエンタルな雰囲気もあるし、(それまでの他のキャラと)違う。(視聴者は)この人どんな人だろう? と思う。ちょっと違う感を、絵で描いている。

 吉田さんはアムロが安彦さん、シャアが富野さん説を持っている。
 演出もやる・絵も描きたい(吉田さん曰く「絵を伝えることが上手なんだと思っている」)シャア=富野監督と、絵を一発描くだけで何かを全て決定してしまうかのようなアムロ=安彦さん。

 シャアとアムロは孤独になっていく。演出家とか、才能ある人も孤独になると思う。あのお2人(富野監督・安彦さん)ならなおのこと。

 (2人をつなぐ)ララァは星山さん説。

 吉田さんに影響を与えたアニメキャラベスト10。1~3位は『母をたずねて三千里』から。アメデオはデザイン的にも扱いもキャラクターも、フィクションと現実のギリギリのライン。

 そして7位に、まさかのアバデデ様!(ブログ主注・フリップではなぜか「様」付き。アバデデか…「忠義忠節だけの男。面白くもない……」)


 以上です。本当にざっくり・ザックリでしたが…
 本当はトーク、映画順に進んでいましたが、このようにまとめちゃった。

 にしても吉田さん、どうしてアバデデ様選んだのか、聞きたかったな。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



昭和40年男 2020年2月号 [雑誌]

昭和40年男 2020年2月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: クレタパブリッシング
  • 発売日: 2020/01/11
  • メディア: 雑誌



昭和40年男 2019年12月号 [雑誌]

昭和40年男 2019年12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: クレタパブリッシング
  • 発売日: 2019/11/11
  • メディア: 雑誌



俺たちの胸に刺さった昭和ソング 2019年7月号 [雑誌]: 昭和40年男増刊 総集編

俺たちの胸に刺さった昭和ソング 2019年7月号 [雑誌]: 昭和40年男増刊 総集編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: クレタパブリッシング
  • 発売日: 2019/06/11
  • メディア: 雑誌



平凡Special 僕らの80年代 (マガジンハウスムック)

平凡Special 僕らの80年代 (マガジンハウスムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: ムック



昭和40年男 2019年10月号 [雑誌]

昭和40年男 2019年10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: クレタパブリッシング
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: 雑誌



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

富野監督の「人類観」に対する、押井監督と平井和正さん評の違い [富野監督関係]

 どうも。昨日、約2か月ぶりに記事を更新したと思ったら、今度は連日更新。
 忘れていなければ、たぶん明日も更新する。



 さて昨日、富野監督ファン界隈のツイッターは、押井守監督の『【連載エッセイ】押井守の映画50年50本』の「1988年『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』編」で、少し盛り上がったかと思います。

 この文章は、8月に発売予定の立東舎『押井守の映画50年50本』の連動企画で、同社のHPに公開されたもの。


押井守の映画50年50本(仮)

押井守の映画50年50本(仮)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 立東舎
  • 発売日: 2020/08/08
  • メディア: 単行本



 Amazonの商品説明読むと、同書では逆シャア以外に『2001年宇宙の旅』『わらの犬』『ブレードランナー』なんかが紹介されているようですね。
 でも立東舎さんHPにある『【連載エッセイ】押井守の映画50年50本』では、1968年の分もアップされていて、そこでは『2001年宇宙の旅』ではなく『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』(別名『ウエスタン』)が選ばれているけれど(笑)。


【Amazon.co.jp限定】 ウエスタン スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組)(復刻B全ポスター付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ウエスタン スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組)(復刻B全ポスター付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray




 今回のエッセイで富野ファンが衝撃を受けたのは、なんと言っても「宮さん、よく富野さんに電話しておしゃべりしていたからね」ではないでしょうか(個人的にはほかに、ぼくは知らなかった伊藤さん・高橋さんの関係に流れ弾が飛んでいるところも面白かった)。

 あと、そうだなあ、「(劇中のセリフの多さは)僕どころじゃないよ」と笑い交じりにおっしゃっているけれど、いやいや『御先祖様万々歳!』を作った方が何を……とは(笑)。

 さて熱心な富野監督ファン、あるいは押井監督ファンの中には、押井監督が『逆襲のシャア』について触れる(しかも褒める)ことについては、知っていた方もおられるかと思います。

 今回のエッセイでも記述があるように押井監督は、庵野監督などが手掛けた同人誌『逆襲のシャア友の会』のほか、『アニメージュ』誌上でも俎上にあげているし。2人で対談もしています。



『ガンダム』は観ています。特に『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(88年)は、かなりしつこく観ました。
 あれは特筆すべき作品ですね。(91年4月号



 持ってないから確認できないけれど、この文章はたぶん『すべての映画はアニメに変わる』に収録されているんじゃないかな。違ったらすまん。


すべての映画はアニメになる[押井守発言集] (アニメージュ叢書)

すべての映画はアニメになる[押井守発言集] (アニメージュ叢書)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/03/27
  • メディア: 単行本




 同じ『アニメージュ』の誌上で対談したのは93年、『Vガンダム』が始まった頃。
 互いの作品、Vガンとパト2についてや、TVアニメと劇場版アニメの違いなどについて語り合っております。

 個人的には、劇場版『パトレイバー』と逆シャアって、見た時期が近かったこともあって、逆シャアにどうしても「時代遅れ」を感じてしまったんだよね。
 大昔にもこのブログで書いた記憶あるけれど、OSの概念の導入とか、「CGと分かって良いところでCGを使う」手法とか、『機動警察パトレイバー the movie』って衝撃的だった。

 ホラ、逆シャアのCGコロニーのシーン、やっぱり違和感あるでしょ?

 最後のMS同士のどつきあいとかさ…だから当時の逆シャアって、ぼくは「劇場版パトに比べると古臭いけれど、でも好きなんだ!」って作品だったの。
 
 だから押井さんが逆シャアを激賞していると、知ってはいたけれどちょっと不思議な感じもします。


 ちなみに逆に、富野監督がトークショーやインタビューなどで、押井監督に触れたのは……

 あるイベントで、インタビュアーから・実写パトや庵野ゴジラなど、アニメ監督が実写作品を手がけていることについて聞かれたことがあります。ノーコメントにしているけれど……

 別のイベントでは、明言していないけれど『イノセンス』を否定的に言っている。そのくらい?

 
 さて押井監督が逆シャアを「日本のロボットアニメが到達したひとつの極点」「たとえガンダムやロボットアニメに興味がなくても、ドラマとして、人物として鑑賞できる作品のはず」とまでプッシュする理由の1つは、

 「富野さんはそこまで人類に絶望しているんだなって分かったから」と説明されています。

 シャア=富野監督、というのは今までも見られる説ですが(ちなみに明日紹介する予定ですが、吉田健一さんも同じことを語られています)。

 シャアが富野さんの本音を代弁して、人間なんてダメだ! 粛清してやる! とアクシズを落とすわけですね。

 しかもここからはぼくの推測ですが、おそらく・富野監督っぽくいうと「やってみせる」ことが重要で、結果はあまり問わない、と。

 まあマスクもかぶってないし・鉄仮面と違ってむき出し。サイコフレームの奇跡は「物語を終結させるための方便」で、見る限り・やっぱり力点は「アクシズ落としたる!」にあると感じるし。

 だから富野監督のむき出し感がある。押井さんの書いてらっしゃることも分かる。

 蛇足ですが、例の有名な庵野監督による「パンツはいてる・はいてない」も、ここら辺のことじゃないのかな。


 さてここで、自らの作品を「人類ダメ小説」と称していたSF作家がいます。平井和正さんっていうんですけれど。


日本SF傑作選4 平井和正 虎は目覚める/サイボーグ・ブルース (ハヤカワ文庫JA)

日本SF傑作選4 平井和正 虎は目覚める/サイボーグ・ブルース (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 平井 和正
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/02/06
  • メディア: 文庫



 今は亡き平井さんの富野監督評が、今回の押井さんとは真逆だったので、ご紹介しておきます。
 ま、発言の時期が違うからね。平井さんの発言は、イデオンの頃だから。



(ブログ主注・平井作品が絶対的な善悪構造であるのに対して)富野さんの場合にはそれが相対的な構造になっている。富野さんは心優しいわけですよね、人間を信じている。私のようにとことん冷酷になれないんですね。
 ですから富野作品の中には、徹底した悪人は出てこないです。(ラポート㈱『伝説巨神イデオン大事典』43-44P)


 これも、納得出きるところですよね。

 富野監督、人間を信じたり、絶望してみたり。波のようにその時期によってたゆたっているのか。
 それかイデオンの頃には信じていたけれど、その後闇落ちしたのか(笑)。

 ただまあ、∀は人類が一回絶滅してからの話だったり、G-レコもクンタラがいたり技術がタブー化しているところを見ると(しかも富野監督の中では∀より後年設定)、人類への絶望感は根深そうだな、とは感じます。

 こう書くと、人間賛歌と人類絶望が同居しているな、富野作品。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



押井守の人生のツボ (TOKYO NEWS BOOKS)

押井守の人生のツボ (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 押井守
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/08/08
  • メディア: 単行本



誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本



セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》

セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2019/10/17
  • メディア: コミック



押井言論 2012-2015

押井言論 2012-2015

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: サイゾー
  • 発売日: 2016/02/03
  • メディア: 単行本



仕事に必要なことはすべて映画で学べる

仕事に必要なことはすべて映画で学べる

  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2013/10/15
  • メディア: Kindle版



やっぱり友だちはいらない。 (TOKYO NEWS BOOKS)

やっぱり友だちはいらない。 (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 押井 守
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: 単行本



世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)

世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/12/06
  • メディア: Kindle版



犬.jpeg
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

コミック版『戦争は女の顔をしていない 1』の帯が富野監督 [富野監督関係]

 どうも。今年もよろしくお願いします。もう1月も終盤だけれど……

 コミック版『戦争は女の顔をしていない 1』が発売されていて、帯を富野監督が書いています。


戦争は女の顔をしていない 1

戦争は女の顔をしていない 1

  • 作者: 小梅 けいと
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/01/27
  • メディア: コミック



 下記の文言です。


この原作を漫画化しようと考えた作家がいるとは想像しなかった。瞠目する。(中略)それを漫画化した作者の蛮勇にも脱帽する(後略)


 「蛮勇」ってあまりプラスのイメージがない言葉を使いながら、「脱帽」と白旗をあげる言葉にすぐ接続しているのが、富野監督の個性が出ていると感じさせる一文だけれども…

 さて富野監督が、このコミックの原作ルポである『戦争は女の顔をしていない』に触れたのは、およそ3年前。
 『この世界の片隅に』の片淵須直監督と対談した時です。

 富野監督はこの対談で、『戦争は女の顔をしていない』を紹介しつつ、
「ソ連の赤軍にいた女性狙撃兵とすずさんは全く同じだったという感触を僕は持ちました」
「すずさんがまな板を持っている場面と、ソ連の女性狙撃兵が同じメンタリティーだということが分かったんです」

 と指摘し、さらに『この世界の片隅に』のあるシーンにおける、カメラアングルにまで言及しています。興味のある方は、リンク先の記事をお読みください。

 勝手な想像ですが、今回富野監督がコミック版の帯を書いたのも、この対談での発言が縁じゃないのかな……

 蛇足ですがぼくは当時、この対談を通じて『戦争は女の顔をしていない』に興味を持って、近くの図書館で借りて読みました(買えよ)。


戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)

  • 作者: スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/02/17
  • メディア: 文庫



 ちなみにコミック版は、ツイッターの公式アカウントで全話公開されてもいます。もちろん読みづらいので、買った方が快適な読書体験だろうけれど。

 しかし富野監督による帯の最後、「女たちは美しくも切なく強靭であったのは事実なのだ」って、まるで富野キャラそのものだよなあ。
 富野監督が『戦争は女の顔をしていない』を読む・遥か前に創造された、カテジナさんがぼくの脳裏をチラつくのだが……


エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO カテジナ・ルース

エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO カテジナ・ルース

  • 出版社/メーカー: メガハウス(MegaHouse)
  • メディア: おもちゃ&ホビー








人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

映画館で映画を見る楽しみ~劇場版『Gのレコンギスタ Ⅰ』「行け!コア・ファイター」 [富野監督関係]

 どうも。
 劇場で映画を見ることの楽しみって色々あると思うんですけれど。おっきい画面とか、良い音響とか。

 もちろんぼくにも、それらは魅力なんですが。

 それとは別に、「ほかの知らない人たちと、1つの作品を見て時間・空間を共有する」っていうのがあるんですよね。

 その中にはもちろん、ネット上で話題になった「スマホを見ている奴」とか「クレジット途中で退席する人」とかも含めて、映画体験なわけですよね。

 特に「知らない人と感情が一致する」は、良い体験だと思うんですよ。

 昔、談志師が「『ダイ・ハード』でブルース・ウィリスの妻があのTVレポーターを殴った時に、劇場の観客が一斉に拍手した」みたいな話をしていましたけれど。
 ま、それは極端な例でも。

 例えば大勢の人がいっせいに同じシーンで笑うとかですよ。

 
 ぼく、富野ファンとしては遅ればせながらですが。

 劇場版『Gのレコンギスタ Ⅰ』「行け!コア・ファイター」を見てきました。

 東京では満員、なんて情報もTLで見たけれど。札幌のぼくの見た回では、ちょっと寂しい20~30人でした。

Gレコパンフ (2).jpg


 だから、体感できなかったけれども。

 大勢観客が入っている劇場では、天才クリムの初出撃シーンで、軽快な(調子のよい)ジャズ風のBGMが流れたことに、クスクスの忍び笑いは聞こえたんでしょうか。
 ピッタリだったなあ。あれでニヤニヤするのは、TV見ている人が条件になっちゃうけれど…

 「おなかのラッパがナイアガラ」(マルC林原さん)で・ベルリが下痢リになる時の、クリムの大仰なセリフ


「奴め! 本気か!」


 で、劇場には笑い声が聞こえたでしょうか。

 ハッパさんが・アルケインが飛んでいるのにビックリした時も、「いや、お前メインメカニックだろ!」と突っ込み笑いが聞こえたでしょうか。

 楽しい映画だったな。そして、頼もしかった。楽しく見られる映画になっていて、満足です。


 そしてやっと物語の視点がアイーダに向けられた。

 シミュレーションゲームで、何十人ものキャラクターがあちこちに・勝手に動く様を見るのも良いけれど、メインキャラ視点で見るRPGの方が見慣れているかな。

 推しつつも、色々と不満のあるTV版Gーレコだったけれど。

 一番の不満……じゃないな。不満ではなく、諦めていたのは、「俺のための物語じゃないな」ってところ。

 アニメって基本的には子どものものだと思うし、おっさんのぼくが距離感を覚えるのは・当然のことだと思っていたんだけれど。

 劇場版になった途端に、いきなり側に寄って来た。

 富野監督本人は、お父さん・お母さん世代は見なくていいと散々言っているのに…この距離の詰め方はなんだ?

 そこが驚きだったのと。


 それと。
 いやーなんかさー。

 劇場版Zの時に、「新訳」と銘打たれているのに、TV版とあれこれ比較する風潮が好きではなかったので。


 今回も、TVシリーズはきれいサッパリ忘れて見ようと思っていたんだけれど。

 話そのものより、TV放映当時の思い出がどうしても脳裏をよぎるんだよね。


 ウィルミットママの「とがめるといけない」を聞いて、咎めるってなんだ? 方言? って調べてみた思い出や。

 クンパの「Gセルフは奪われつつあります」のセリフを聞いて。
 あーGレコアンチに、「奪われつつあります」ってどういうことだよ、と散々突っ込まれていたな、と思い出したり。

 アイーダとステアが寄り添っているシーンを見て、
 「これ、オンエア時はこの2人・2回頭を付け合ったりするのは何か特別な関係なんじゃないか? と勘繰った記事を書いたなー。そのシーンがソフトになる時に修正され、あの記事はおじさんの気味悪い妄言になっちゃったなー」と忘れていた記憶が蘇ったり。

 「水の玉」も、劇場版で初めて「ああいうもの」と心情的にスッと腑に落ちた(TVの時は、どんなシステムなんだ? と気になって咀嚼しきれなかった)。


 だから作品そのものは、TVと映画を別個のものとして見られるんだけれど、どうしてもオンエア時の、ネット上での交流とか・思い出のあれこれはついて回るんだよなあ。

 だからなのかな。

 劇場版の出来に大満足して、良かったと良かったとED『Gの閃光』を聞いていたら、不意に泣きそうになってさ。

 富野監督がまずは「状況」を作るために、「劇場版やる」って何も決まっていないのに言い出したんだろうな、と思っていたし(これは今でも思っている)。

 実際に完成するのか半信半疑だったし。

 それが完成して、上映して、しかも明らかに良かった。

 もう、刺激されたよ涙腺。泣かなかったけれど。いやあ、色んな意味で良かった良かった。
 


人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ




安田 朗 ガンダムデザインワークス

安田 朗 ガンダムデザインワークス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2017/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック

ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2015/09/23
  • メディア: 単行本



ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス

ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2015/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK 684)

ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK 684)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: ムック



ガンダム Gのレコンギスタ(5) (角川コミックス・エース)

ガンダム Gのレコンギスタ(5) (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

クイズアプリ「みんはや」フリーマッチで開催した「富野由悠季関連問題」掲載 [富野監督関係]

 どうも。

 クイズアプリの「みんはや」。
 ちょっと前から、「フリーマッチ」で開催予定・開催中のクイズが確認できるようになって、便利性があがりました。

 それで先日、ぼくも時間の合間に「富野由悠季関連問題」を作り、フリーマッチで開催しました。

 ここに問題を再掲しておきます。

 全20問。何問か、冒頭が一言で始まるものがありますが、それは「分かる人はここで押してください」意図です。


 「富野知識を競う」というより、「早押しを競う」作問のつもりだったんだけれどな……

 2回やったんだけれど、2回目は参加してくれた3人とも1問目からスルーで、これはぼくの作問がやばかったかと思いました。
 だってふだんぼくのTL見てたら、これくらい……



 言い訳か。お1人…いやお2人、詳しい方いた。


 では。


クイズ1.jpg

クイズ2.jpg

クイズ3.jpg

クイズ4.jpg

クイズ5.jpg

クイズ6.jpg

クイズ7.jpg

クイズ8.jpg

クイズ9.jpg

クイズ10.jpg

クイズ11.jpg

クイズ12.jpg

クイズ13.jpg

クイズ14.jpg

クイズ15.jpg

クイズ16.jpg

クイズ17.jpg

クイズ18.jpg

クイズ19.jpg

クイズ20.jpg


 参加してくれた方は6人で、たぶん一番正解されなかった問題は「ロカルノ」かな。

 逆に正解された方が多かった問題は「この作品は見ないでください」。印象強かったのかな……


人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ




QUIZ JAPAN vol.11

QUIZ JAPAN vol.11

  • 作者: セブンデイズウォー
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2019/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



天才頭脳・水上颯の「最強クイズ全書」

天才頭脳・水上颯の「最強クイズ全書」

  • 作者: 水上 颯
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/11/30
  • メディア: 単行本



QuizKnockファンブック

QuizKnockファンブック

  • 作者: QuizKnock
  • 出版社/メーカー: クラーケン
  • 発売日: 2019/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



○×ピンポンブー

○×ピンポンブー

  • 出版社/メーカー: ジグ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



早押しアンサー

早押しアンサー

  • 出版社/メーカー: ジグ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



東大発の知識集団QuizKnockオフィシャルブック

東大発の知識集団QuizKnockオフィシャルブック

  • 作者: QuizKnock
  • 出版社/メーカー: クラーケン
  • 発売日: 2018/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



遊べる! 学べる! 怒涛のクイズ連投500問! クイズドリル 初級編

遊べる! 学べる! 怒涛のクイズ連投500問! クイズドリル 初級編

  • 作者: セブンデイズウォー
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2018/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



超逆境クイズバトル!! 99人の壁 公式問題集

超逆境クイズバトル!! 99人の壁 公式問題集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



伝説のクイズ王も驚いた予想を超えてくる雑学の本 (王様文庫)

伝説のクイズ王も驚いた予想を超えてくる雑学の本 (王様文庫)

  • 作者: 西沢 泰生
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2017/08/30
  • メディア: 文庫



田中健一の未来に残したい至高のクイズ II (QUIZ JAPAN全書)

田中健一の未来に残したい至高のクイズ II (QUIZ JAPAN全書)

  • 作者: 田中健一
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

今回は無題です。 [富野監督関係]

どうも。お久しぶりです。

ぼくの場合、ファン活動の熱に波があって、現在は凪。完全に凪。今週、G-レコの劇場版公開なのにな…

原因の1つは、インタビューが多すぎる! 出版物も多い!→面倒くさい…の流れ。

本質的に、ファン気質じゃないんだろうな。ましてやコレクター気質はない。

それと、前から富野監督が言っていた、「(Gレコ)をガンダム好きの父母世代は見なくていいけれど、子どもには見せてほしい」というちょっと意味の分からない言説を、

1回なら「あーまたか」と思っても、何回も読んでいるうちにちょっと疲れてきたというか。

ぼくは、ガンダム好きではないけれども(種も00もユニコも見てない)。
でも自分が見てないものを、どうなったら子どもに薦めるんだ(笑)。

まあいいや。


貧乏人だから迷ったけれど、復刻アニメックは買った。


アニメック ガンダム40周年記念号 (カドカワムック)

アニメック ガンダム40周年記念号 (カドカワムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/11/09
  • メディア: ムック



富野監督のインタビューを読みたい気もあるけれど、最近はなー。内容にちょっと・えっと思うこともあるので。



ただ復刻アニメックには、川村万梨阿さん・永野護さん夫婦のインタビューが載っていたので。

この2人が語る「富野作品話」を読みたい、と思って買ったら。

違った! お2人ともアニメックの話していた! 勘違いしてしまった……なんかガンダム(富野作品)特集号だと思い込んでいた。

俺、アニメディア派だったので、特段懐かしさもなく…でも、なかなか楽しく読めました。

で、凪時間の結果、、、あ…この感じは「『停滞』だ…」

懐かしいな。つまみ食いした。


ファン活動への熱が下がっている結果、最近立て続けに出た出典物をことごとくスルーしたわけだが…

キネマ旬報は買わなくても、ここで読めたので良かったかな。

あと、夕刊フジも買おうか、と思ってて・そのうちスッポリ忘れたわけだが、ここで読めた。

アニメージュの富野監督インタビューは、AmazonのKindleアンリミテッドと再契約して読んだ。

残り気になるのはヤンジャンかな。まだ売っているかしら…


ああ、そうだ。それと「富野由悠季監督に質問です。(小原篤のアニマゲ丼)」。 

その中で、富野監督は「食べものというものに全く興味がない」と明言されていて。

かつて「富野アニメの食事の変遷~やっと美味しそうな食事が出てきたGレコ」というブログ記事の中で、


ぼくは、富野監督は「食事の描写には興味がない」と思っている(た)けれど


と書いたぼくとしては、わが意を得たりとなりました。


あとは、まあ……劇場へは、29日初日に見に行こうかな。どうせ札幌では、富野監督舞台挨拶はないだろうし。∀の時はあったんだが…

26日現在、札幌上映館のシネマフロンティアでは・まだ29日の上映時間は発表されず。

まあ水曜からネット購入可能になるので、明日には上映時間も分かるだろう。

うーん。なんか優れない。


富野監督関連以外もちょっとだけ。

今期アニメは、ハイスコアガールも平均値も良いが(ツイッターをフォローしてくれている方々、毎週広瀬さんの声が良い声が良いとツイートしていてすみません)、その中でも『バビロン』はちょっと頭抜けている印象。

まだ4話までしか見ていないけれど、最新話まで見ても・同じクオリティだったら大プッシュ記事を書きたい衝動に駆られるかもしれない。

あとは、おじさんなのに何故かラブコメ漫画ばかり読んでいる。



どうしたんだ俺は…


モブ子の恋 1巻

モブ子の恋 1巻

  • 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: Kindle版



しかし、やっぱりG-レコ。
ヒロインが道程途中の第3部で・サブキャラ(ケルベスごめん)と結婚して、そのあとキャラクターとして弾むのかしら。
ノレド頑張れよー。


人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



その着せ替え人形は恋をする(1) (ヤングガンガンコミックス)

その着せ替え人形は恋をする(1) (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: 福田 晋一
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2018/11/24
  • メディア: コミック



その着せ替え人形は恋をする(2) (ヤングガンガンコミックス)

その着せ替え人形は恋をする(2) (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: 福田 晋一
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2018/11/24
  • メディア: コミック



その着せ替え人形は恋をする(3) (ヤングガンガンコミックス)

その着せ替え人形は恋をする(3) (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: 福田 晋一
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2019/05/25
  • メディア: コミック



その着せ替え人形は恋をする(4) (ヤングガンガンコミックス)

その着せ替え人形は恋をする(4) (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: 福田 晋一
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: コミック



やんちゃギャルの安城さん 1 (ヤングキングコミックス)

やんちゃギャルの安城さん 1 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 加藤 雄一
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2018/03/12
  • メディア: コミック



やんちゃギャルの安城さん 2 (ヤングキングコミックス)

やんちゃギャルの安城さん 2 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 加藤雄一
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2018/08/27
  • メディア: コミック



あせとせっけん(1) (モーニング KC)

あせとせっけん(1) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 金鉄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: コミック



あせとせっけん(2) (モーニングコミックス)

あせとせっけん(2) (モーニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/01/23
  • メディア: Kindle版



あせとせっけん(3) (モーニング KC)

あせとせっけん(3) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 金鉄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/04/23
  • メディア: コミック



あせとせっけん(4) (モーニング KC)

あせとせっけん(4) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 金鉄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/07/23
  • メディア: コミック



あせとせっけん(5) (モーニング KC)

あせとせっけん(5) (モーニング KC)

  • 作者: 山田 金鉄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/23
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「伊集院光とらじおと」2019年10月16日放送分、小林亜星さんゲスト・『∀ガンダム』主題歌関連部分のみ文字起こし [富野監督関係]

 どうも。文字起こし屋です。
 最近、文字起こしの記事しか更新してないな…

 先日のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』、2019年10月16日放送のゲストは小林亜星さんでした。

 富野ファンにとっては、もちろん小林さんと言えば『∀ガンダム』の主題歌『ターンAターン』です。
 が、話題には上がらないだろうなと思いつつ、話を聞いていました。

 すると終盤、


伊集院さん:このCD(注・下のCDのこと)で150何曲聞き直したりして、亜星さん自身が今まで作った曲の中で、一番好きなのなんなんですか。


小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ アニメ・特撮主題歌編

小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ アニメ・特撮主題歌編

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD



小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ こどものうた編

小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ こどものうた編

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD



小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ コマーシャル・ソング編

小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ コマーシャル・ソング編

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD



小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ 歌謡曲編

小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ 歌謡曲編

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD



小林さん:アニメの歌はたくさん作ってますけど、まあTBSの『貫太郎一家』っていうのに出演させてもらってね、西城秀樹さんといっしょに、親子の役で。取っ組み合いばかりやってて(笑)。それなのに、西城さん素晴らしいミュージシャンなのに、ぼくは作曲させてもらったことないから。それで、最後の方にね、アニメの仕事いただいたんでね。これ西城さんにいってもらったらどうかと思いましてね。

伊集院さん:はい。


 という流れなって。おっこれは、と。『∀ガンダム』の話になるぞ、と。

 実は小林亜星さん、2018年5月16日に西城さんが逝去された時も『ターンAターン』をあげて、「僕の作ったアニメの曲では一番だと思う」と新聞社のインタビューにコメントしています。

 しかしこの時は、「西城さんが亡くなった時のコメント」だから、西城さんといっしょに仕事をした『ターンAターン』の話が出るのは分かります(それでも『貫太郎一家』だけではなく、『∀ガンダム』に触れてくれたのは・富野ファンとして嬉しかったけれど)。

 しかし今回は、「亜星さん自身が今まで作った曲の中で、一番好きな曲」です。

 アニソンに限っても、テッカマン、ガッチャマン、コンV、ボルテス、サリーちゃんと、メジャーな曲がたくさんある。

 そういやさあ、『ゴワッパー5ゴーダム』も小林亜星さん作曲なんだけれど。
 あのOP見ているとさ(本編見たことない)、「アニメを見ている快感」ってなんだろう、って思っちゃわない?

 滑り棒から降りた時にする・小僧(名前知らない)の無駄な1回転、ヒロインが帽子のつばにちょっと手をやる仕草、そういうどうってことない動きが、見ているとフックになって気持ちいい視聴体験を提供してくれる。

 ん? なんの話だっけ?

 そうそう、それでそんな軒並みある名曲をおさえて、まっさきに小林亜星さんがあげたのが『∀ガンダム』の主題歌『ターンAターン』。
 引き続き文字起こし。



小林さん:それで西城さんの曲を作らせていただいたでんすけどね。西城さんはそれからしばらくして亡くなっちゃったんですけど、それだからそれが、最後のアニメの仕事だし、西城さんとの思い出があるんでね。

伊集院さん:ターンエーガンダムだ!

小林さん:そうだそうだ。

伊集院さん:そうか、あれが西城さんと亜星さんのコンビなんだ。

小林さん:そうなんですね。

伊集院さん:へえー。

小林さん:それはぼく非常に満足している。西城さんはやっぱりね、歌い手と言うよりね、非常にものすごいミュージシャンなんでね。西城さんが生きるように、もう子どものために分かりやすくとか、流行るようにとか一切考えないで、音楽として俺がやりたい音楽で、西城さんが歌いたい歌を作らせてもらった。それが最後のアニメの音楽になりましたね私は。
だからそれは一番印象に残っていますね。

伊集院さん:それもね、今回の『小んな歌 亜んな歌』のね、アニメ・特撮主題歌編にはもちろん入っているんですけど、ちょっと聞いてもらいましょう。

小林さん:最後に入ってますね。

伊集院さん:『∀ガンダム』より『ターンAターン』、西城秀樹さんです。

(曲流れる)

伊集院さん:えー小林亜星さんの作品で、西城秀樹さんが歌っております、『∀ガンダム』の主題歌『ターンAターン』、聞いていただきました。亜星さんのゲストコーナー、まだまだ続きます。


 文字起こしは以上です。

 伊集院さんと『∀ガンダム』と言えば、『地球光』のパンフに「二つの道をともに歩むこと」という一文を寄せています。



 この伊集院さんの寄稿文は、「そのほかの作品も見ようかと思っている」で結ばれています。

 今でこそ番宣でゲストに来た俳優さんの映画・ドラマを見る時には「見る」と言って・有言実行する伊集院さんですが、
 まあ、逆に「見る」と言わない時は、見る気ないんだなって思うんだけれど(笑)、

 この寄稿文に関しては、ほかのガンダムシリーズも実際に見ていたとは思わなんだ。ラジオでもファーストの話しかしないし…

 さて、小林さんが「西城さんが歌いたい歌」として作った『ターンAターン』ですが、レコーディング打ち上げの席で西城さんは次のように語っていたそうです。



「貫太郎のイメージしかなかったから、この曲、亜星さんが書いたのって疑ったものね。おれのこと、こんなにわかっているのかって、(後略)」(『∀の癒し』富野由悠季著・角川春樹事務所・229P)


ターンエーの癒し

ターンエーの癒し

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 文庫




 プロ同士、通じている!

 さてこのブログを読んでいただいている方はご存知の通り、『ターンAターン』は前期OPで、後半からは別な曲になります。
 その時の富野監督の心情を、同じく『∀の癒し』から引用して・この記事の結びとしましょう。

 また、おいでください。



「レコード会社にもペイしなければなりませんからねぇ」
「そんなに売れていないの? ぼく、気に入っているんだけど」
 音楽に関しては、サンライズの吉井社長からも、別の方法だってあったんでしょうに、といわれたのだけど……。
 小林亜星さんと西城秀樹さん、谷村新司さんにだって悪い。
(165-166P)



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ


小林亜星さん.jpg



癒しの虫たち

癒しの虫たち

  • 作者: 川邊 透
  • 出版社/メーカー: repicbook
  • 発売日: 2019/07/19
  • メディア: 単行本



夜9時からの、癒しのスープ

夜9時からの、癒しのスープ

  • 作者: 〓山 かづえ
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2019/10/12
  • メディア: 単行本



癒やしの温泉紀行「究極のにごり湯」 (ヤエスメディアムック604)

癒やしの温泉紀行「究極のにごり湯」 (ヤエスメディアムック604)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 八重洲出版
  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: ムック



癒しと成長の表現アートセラピー―EXPRESSIVE ARTS THERAPY

癒しと成長の表現アートセラピー―EXPRESSIVE ARTS THERAPY

  • 作者: 小野 京子
  • 出版社/メーカー: 岩崎学術出版社
  • 発売日: 2011/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



癒しの現代霊気法―伝統技法と西洋式レイキの神髄

癒しの現代霊気法―伝統技法と西洋式レイキの神髄

  • 作者: 土居 裕
  • 出版社/メーカー: 元就出版社
  • 発売日: 1998/05/01
  • メディア: 単行本



異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています 7 (Regina COMICS)

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています 7 (Regina COMICS)

  • 作者: ふじま 美耶
  • 出版社/メーカー: アルファポリス
  • 発売日: 2019/09/01
  • メディア: コミック



病いと癒しの人間史 ペストからエボラウイルスまで

病いと癒しの人間史 ペストからエボラウイルスまで

  • 作者: 岡田 晴恵
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「伊集院光とらじおと」2019年9月26日放送分、戸田恵子さんゲスト・富野作品関連部分のみ文字起こし [富野監督関係]

 どうも。よろしくお願いいたします。

 ラジオ番組「伊集院光とらじおと」の2019年9月26日放送で、ゲストが戸田恵子さんでした。
 
 ちょっと遅くなりましたが、富野作品関連の話もありましたので、そこだけテキトーな文字起こしです。

 前フリ時の伊集院さん、『イデオン』を『ガンダム』より放送前と勘違いしていたよな…?

 まあいいや。とりあえず、文字起こしです。
 ダイターンと、あとちょっとイデオン『コスモスに君と』の話。

戸田さん.jpg


 歌手で、挫折して野沢那智さんにまたスカウトされて、那智さんがやってらっしゃった劇団薔薇座というところに入って、初めて舞台というものに、まあ20歳ですね。
 全然舞台になんか見たことなかったのに、ちょっと入っちゃったんですよね。

 それで一から舞台のことを学んで、ミュージカルやって、それで20代は薔薇座で全部過ごし、その途中で声優の仕事も、何か食べなくちゃいけないのでって、野沢さんが道をつけてくれて。

 まあやり始めて。ちょっと最初はもう全然仕事がもう出来なくて、声優と言うね仕事をしたことがないし。今のように養成場があるわけじゃないし。何も知らないでとにかくスタジオに放り込まれて、本当にゼロからスタートして。

 全く、全然変な言い方ですけど、全くあの知らないし興味のない世界観ではあったんですよね。
 でも野沢さんがアラン・ドロンのこうやってるというのは分かっていたんですけど。

 私にできますかっていう感じで始めました。で、今と違って先輩方が、いわゆる劇団にいるその俳優さんたちが声の仕事をやっていらっしゃるという時代だったので、ちょっとピリッとした、大人のムードの雰囲気で。

 愛川欽也さんもやってらっしゃって。いわゆる大御所たちがいて、外国映画の吹き替えなんか特にちょっとピリッとするくらい大御所の人たちがね、いて。

 ちょっとドキドキしたりして。マイクの立ち位置も分からないし、どれくらい離れてしゃべっていいのかも分からないし、どのタイミングで・どこで座っていればいいのかとかね、そういう様子から分からないので。
 アニメーションに至ってはまず口パクっていうか、人工のあの口に、まず自分のセリフが合わないんです。いつまでも合わないんですよね(笑)。下手くそ丸出しで。

(中略)

 私その、それこそ富野監督の作品で最初ものすごくやらせて頂いて。

 ガンダムの前に実は『ダイターン3』という(1.2.3! の部分を歌う伊集院さん)、それに1話だけゲストで出たのが初めてだったんですけど。(注・33話「秘境世界の万丈」)

 コマンダー・ドイルという役だったんですけど。やはり中性的な女性なんですけど、途中で変身するんですよ。
 で、変身して岩男みたいになる。

 途中、「変身・アドリブの声」みたいに書いてあって。
 私変身したことはないし、怪物になるようなアドリブの声なんてね、できない。岩男みたいなすごいのになるのに。

 これはちょっと参っちゃってもじもじしたらね、白石冬美さん、ちゃこさんが後ろで、「陣痛の要領よ、陣痛の」。

 だけど陣痛も経験ないし(笑)。そうなるともうね、陣痛のフィルムとか映像を見たことがある。そうするとそこから引き出しを出して、「んんんー」となんか唸ってみる。

 とりあえずいろんなことができないと、自分のリアルじゃないものをアニメをやらなくちゃいけないじゃないですか。変身したことないのに変身の声みたいな。

 それがチャコさんにその一言で救われたっていうか、助かったと思って。
 そんな声をかけてもらって嬉しかったですね。

(中略)

 でもそれまではすごいかっこいい宝塚ばりのそういう役を富野さんにも頂いていたんですけど、変身するっていうのがね。(注・ダイターンが声優デビュー作=時系列おかしいので、ここは戸田さんの言い間違いだと思います)

 伊集院さん「ぼくはそのイデオンの終わりの歌の『コスモスに君と』という歌を、これが戸田さんだとは一致しないまま、いい歌だなとずっと思ってて」

 ありがとうございます。すぎやまこういち先生の良い、すぎやま先生もずっとその後も大事にしてくださっていて。私もいまだにライブでは歌ったりとかします。

 伊集院さん「すごくいいんですよ。なんか、アニメ、今日も見終わって、来週まで見れないんだって感じの。余韻がある。アニメの終わりのいい歌ってみんなそういうので。頭はすごい元気に始まるんだけど。終わりの歌はああ今週も終わっちゃったなっていう。ちょっとロス感のある歌で」

 ありがとうございます。

(以降はアンパンマンの話に)


 書き起こしは以上です。

 戸田さん、歌手デビューはテレサ・テンさんや林寛子さんと同期だったのか。




人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



ぼくらがアニメを見る理由ーー2010年代アニメ時評

ぼくらがアニメを見る理由ーー2010年代アニメ時評

  • 作者: 藤津亮太
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2019/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



アニメ美術から学ぶ《絵の心》

アニメ美術から学ぶ《絵の心》

  • 作者: 小林七郎
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2019/08/29
  • メディア: 大型本



中村豊 アニメーション原画集 vol.1

中村豊 アニメーション原画集 vol.1

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スタイル
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: ムック



旅と鉄道 2019年増刊11月号 アニメと鉄道2019

旅と鉄道 2019年増刊11月号 アニメと鉄道2019

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 天夢人
  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: 雑誌



馬越嘉彦アニメーション原画集 第二巻

馬越嘉彦アニメーション原画集 第二巻

  • 作者: 馬越 嘉彦
  • 出版社/メーカー: メディア・パル
  • 発売日: 2019/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(11) 
共通テーマ:アニメ

春日さんの「『ガンダム』は立派な剣劇アクションだ!」を聞いて、『Gレコ』のデレンセン撃墜シーンを思い出す [富野監督関係]

 どうもお久しぶりです。もう。前回更新から随分と間があいた…

 2か月ほどの前の話になってしまいますが、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』で、時代劇研究家の春日太一さんが、ガンダムと殺陣の関連について話していました。
 タイトルは「『ガンダム』は立派な剣劇アクションだ! 特集」。

 この場合の「ガンダム」というのは、勿論富野ガンダムのこと。

 富野ガンダムが好きで、時代劇も好きなぼくは、興味深く聞きました。


殺陣の魅力


 説明不要でしょうが、殺陣とは時代劇=チャンバラにおける、チャンチャンバラバラの部分です。

 ガンダムと殺陣の密接な関係については、以前からいろんな人が語っていたと思います。

 何かのガンダム本で。
 ファーストガンダムでは殺陣の魅力が溢れていたが、『Z』では殺陣が少なくなったのが、戦闘シーンの魅力が少なくなった原因のひとつだと読んだ記憶がありますね…

 確かに『Z』ではあまり殺陣のシーンって思い浮かばないです。
 個人的には、ジェリドがバイアランの隠し腕でガザCを一刀両断したシーンは、それこそ居合切りみたいな感じがして凄い好きなのですが(その様子をモニターで見ていたシロッコが、「ジェリドねぇ…」と小馬鹿にしたように呟くのも好き。島田さん!)

 ただ殺陣で言えば、『Z』が駄目でもその後、『逆シャア』も『ブレン』もあるし。

 『アフター6ジャンクション』では殺陣の魅力から始まって、富野作品がどのように殺陣を描いているのか、非常に興味深い内容で進行しました。

 ガンダム初心者向けの放送、それと時代劇も初心者向き内容だったのかな。
 だから素晴らしい殺陣がどのような要素で構成されているのか、から説明がありました。動と静だったり、構えだったりと、そこらへんの説明。

 ちなみに一昨年放送されたTV番組『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』時代劇編では、殺陣が素晴らしい俳優・作品として、

 『剣客商売』藤田まこと

剣客商売(一~十六、番外編) 合本版

剣客商売(一~十六、番外編) 合本版

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: Kindle版



 『椿三十郎』三船敏郎(ラストの決闘なんて、まさに「静と動」だよなあ)

 『座頭市物語』勝新太郎(子どもの頃、座頭市の殺陣を見た時は、他の時代劇と違うタイプでビックリした記憶がある)

 『桃太郎侍』高橋英樹(ゲストだったから、あげないわけにはね)

 の4作品(人)があげられていました。

 ぼくは必殺シリーズが大好きですが、藤田まことさんの殺陣をそんなふうに見たことはなかったな。

 必殺シリーズの中では、ぼくは田村高廣さんの殺陣が好きでした。すごく華があるように見えて。まあ、殺し屋の殺陣に華があるのがいいのかは、分かりませんけれども……


モビルスーツもやはり「キャラクター」だ


 さて話を「アフター6ジャンクション」に戻して、この放送を聞いて改めて思ったのは。
 モビルスーツも「やっぱりキャラクターなんだな」ということ。

 春日さんは、宇宙での戦いでは本来不必要なはずの「重心をおろす」などの動作をモビルスーツがする、それは富野監督が殺陣での見栄えを重視しているから、と指摘しています。

 本当にその通りですよね。
 モビルスーツはよく人型兵器とかリアルロボットの先駆けとか・そういう文脈で語られることが多いですが、今回の「ガンダムと殺陣」の密接な関係の話を聞いて、「やっぱりモビルスーツもキャラクターなんだ」と強く再確認しました。

 ガンダムで殺陣というと、おそらく真っ先に出てくるガンダムVSグフとか、あの時の両機って機械じゃないですよね。「ああいうキャラクター」ですよ。

 春日さんの話はとても興味深く、彼のTwitter をフォローしている人なら知っていると思いますが(ぼくはしてないけれど)、春日さんは富野監督にインタビューもしています。
 その書籍は、来年1月に発行される『時代劇入門』(?)に掲載されるらしいです。

 さてそのインタビューの話題になって、興味深い話が。


富野監督が考える殺陣の効能


 そのインタビューの中で富野監督が、次のようなことを語っていたと春日さんは言っています。

 殺陣の利点として距離が近い。銃だと距離が離れているから、感情が遠い。相手を殺す時も感情が弱い。
 刀で斬るとなると、直接斬りに来るから距離が近くなる。相手を斬る時の重みや痛みも伝わる。
 ガンダムに多いけど、斬り合いながら台詞を言い合う。近いからリアルにできる。斬る側・斬られる側のドラマがより濃厚に伝わってくる。


 この富野監督の言を逆に考えると、あまり感情を乗せたシーンにしたくない時は、ライフルでそっけなく撃墜すれば良いことになりますよね。

 例えば春日さんはこの放送で『逆シャア』を何回も例に挙げていますが。
 ギュネイの撃墜シーンは、まさに逆の表現だったと思います。νガンダムの武装を放棄するのをダミーにして、あっさり狙撃・撃墜すると言う。そこにはアムロとギュネイの会話はいっさいない。


だからデレンセンはライフルで殺される


 そしてもう1つ、この春日さんが紹介した富野監督の言葉で思い出すのが、『Gレコ』におけるベルリとデレンセンの・最後の戦闘シーンですよね。

 あの戦闘シーンもずっとライフルの打ち合いになってて、最後にサーベルを使える間合いに入るんですけど。

 結局最後は、至近距離でライフルを撃ってデレンセンを撃破する。
 そしてデレンセンの最後の攻撃をかわすGセルフの挙動によって、2人は互いの存在を認識するわけです。

 もし、例えばサーベルで斬り合ったりしていたら、相手が誰であるか気付いたかもしれない。
 もちろん作劇している人間は・キャラクターに「気づかせない」こともできるわけですが、するとフィルムに違和感が漂うかもしれない。視聴者が「これだけ間近で斬り合っていたら、気づくんじゃね? 挙動とか、ミノフスキー粒子があっても、この距離なら無線聞こえるんじゃね?」とか。

 だからこそ、作劇上・あそこはライフルの打ち合いでなければ駄目だったのだと、今回の放送を聞いて思います。


1つだけ留意点、ガンダムのビームサーベルマウントは佐々木小次郎がイメージ、は面白いけれど…


 今回の放送では、ファーストだけではなく『逆シャア』『 F91』も語られています。

 ガンダムを知らない人向けだからこそ、 F91の分身は・何だか早い動きだから残像が見える、みたいな説明になっていたので、塗装が剥がれて…の一言の説明があればもっと良かったような気もしますが……

 それは五月蠅いファンの難癖だとして。

 今回の放送で、1つだけ注意しなければならない点があります。

 春日さんが行った富野インタビューの中で、富野監督の好きな剣豪が佐々木小次郎であることが判明したそうです。

 それで、春日さんはガンダムが背中にサーベルを背負っているのは、佐々木小次郎のイメージから来ているのではないかと推測しています。

 この仮説は非常に面白いし、だからその通りでいいのではないか、とも思うのですが。

 しかしぼくが知る限りでは、ガンダムのデザインは大河原さんがデザインして、安彦さんがクリンナップしたものです。
 その前に、富野監督のラフ案がありますが (あのなんか悪役顔したやつ)。
 そのラフには、まだ作品名が「ガンボーイ」だったこともあり、サーベルのサの字も見当たりません。

 ですから、「ガンダムのサーベルが背中にマウントされているのは、富野監督が好きな佐々木小次郎のイメージから来ている」という仮説は面白いのですが、少なくともぼくの手持ちの資料では実証されませんでした。

 来年発売されるという春日さんの本に、その事について富野監督の言及があれば、新たなエピソードとなると思います。
 もちろん、大河原さんは色々なところで「ガンダムのデザインにはいろんな人の意見が入っている」旨を公言しているので、富野監督の意見が入っている可能性もあります。

 ただ例えば、大河原さんデザインのグフの初期案を見ると、それこそ佐々木小次郎の刀を想像させるような、背中にサーベルをマウントしているデザインが描かれています。

グフ初期案.jpg
※Googleで「グフ 初期案」で画像検索した結果の画面

 これの方が、まんま小次郎だな。ちなみにぼくは、小次郎というと「あうー」とか唸る小次郎より、高倉健小次郎を思い出します。

 話逸れた。
 なので、ガンダムのサーベルを背中にマウントさせたのは、大河原さんじゃないのかなと個人的には思うのですが。
 繰り返しますが、仮説としてはすごい面白いので、これが事実だったら事実で面白いと思います。

 ちなみこのインタビューでは富野監督、『逆シャア』の時には1回ビームライフルを撃ったらもう撃たないと自己規制していた、という話も聞いたそうです。

 なお、9月20日現時点で、この回のアフター6ジャンクションはアプリ「ラジオクラウド」を使って聞くことができます。7月17日放送回です。

 興味のある方は是非。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



町山智浩・春日太一の日本映画講義 時代劇編 (河出新書)

町山智浩・春日太一の日本映画講義 時代劇編 (河出新書)

  • 作者: 町山智浩
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: 新書



黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄

黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/10/10
  • メディア: 単行本



あかんやつら 東映京都撮影所血風録 (文春文庫)

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 (文春文庫)

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: 文庫



役者は一日にしてならず

役者は一日にしてならず

  • 作者: 春日 太一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/02/23
  • メディア: 単行本



なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

  • 作者: 春日太一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/09/16
  • メディア: 新書



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Amazonでも『富野由悠季の世界』取り扱い開始、富野監督が「カルト」と評した作品は、ほか [富野監督関係]

 さて、こんにちは。今日は短い話題をいくつか。

 ひと時お付き合いいただければ幸いです。


『富野由悠季の世界』Amazonでも取り扱い開始


 ぼくが注文した楽天のショップでは品切れ状態だった『富野由悠季の世界』が・再入荷され、1週間ほど前に自宅に届きました。

富野由悠季の世界.jpg

 噂通りの厚さ・重さで、死体の横に転がっていたら凶器認定されるかしら。「鈍器のようなもの」だ…

 ゆっくり読み進めて楽しもうと思っています。


 ちなみに『富野由悠季の世界』発売がアナウンスされた頃には取り扱いしていなかった、Amazonでも購入受け付けが始まっています。

 もっとも、下のように書影もなく、現在・7月16日午前11時50分時点で「8/15木曜日~9/14土曜日までに無料配送」となっていますが。届くの1か月先だ。


富野由悠季の世界

富野由悠季の世界

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2019/06/22
  • メディア: 単行本




朝日新聞デジタルの『アニマゲ丼』で3回にわたり富野監督話


 朝日新聞デジタルの小原篤さん著『アニマゲ丼』コーナーでは、前々回から富野監督のことを取り上げていました(その前から何回も、富野監督のことを書かれています)。

 この記事、全文読むには会員登録が必要ですが、

 月に何本かまでは無料で読めるし(正確な数字忘れた)、

 先に書いたように小原さんが富野監督のインタビューやらコラムやらをたまに上げてくれるので、富野監督ファンなら登録して損はないかと思います。

 デメリットは、朝日新聞から1日1回以上メールが来ることくらい。
 ぼくは面倒なので放置していますが、たぶんメール配信の停止もできるんじゃないかな…(無責任)


 7月8日にアップされた「せめぎあい宇宙」では、∀の最終回について書かれています。

 「今さら野暮なことだが、『∀ガンダム』の、「あの」ラスト6分間をもう1度振り返ってみる」というブログ記事を書いているぼくとしては、最終シーンがなぜ感動的なのかを論じるにあたり、小原さんが「ヤボなまね」と自ら断りを入れていることにドキドキしてしまいます。
 同じ感情だわ……

 小原さんはこの中で、『月の繭』の後にもう1曲・にぎやかな曲が流れるTV版より、劇場版の方に軍配を上げています。

 まあここは、好みが分かれるところでしょうね。

 TV版で『月の繭』の後に『宵越しの祭り』足したのって、菅野さんが「変な顔したから」だったよね、確か。出展忘れちゃたな。

 この小原さんの記事、興味深い富野監督のコメントも掲載されているので、ファンは読むのがよろしいかと。



 ちなみにこの記事には、富野監督がある作品群を評して「カルト」と言っていることが・短くだが書かれています。

 まあぼくはその作品群を見ていないし、見る気もないので感想は何も言えないが、さもありなんという気持ちはあります。

 ところでこの「カルト」、制作者とファン、どちらに向けられた言葉だろうね?


『金剛寺さんは面倒臭い』面白かった


 最後に、富野監督以外で1つだけ。

 漫画『金剛寺さんは面倒臭い』1巻のkindle版が期間限定無料なので読んだのですが。






 握手するだけで見開きページ×3を使っていたのには驚いてしまった。

 遥か昔、ジョジョとDioがすれ違うシーンが・見開きで描かれているのにも度肝を抜かれたものですが、それ以上のインパクトがありました。


 男性作者が描いているのに話の展開が早く(ぼくの偏見)、中盤でそこまでいくの? というスピード感も良かった。

 ただ読むだけの怠惰なクソ豚であるぼくの、無責任で身勝手なワガママとしては、「読んでいて作者の才能を必要以上に感じてしまう」ところが唯一の難でありますが、ないものねだりの要求であることは自覚しています。

 レストランに強盗が押し入ってくる回は、途中からパターンが読めるのに声を出して笑ってしまった。




人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



初月無料のフジテレビ動画配信アプリ「FOD」。富野作品もあるよ。
FOD / フジテレビオンデマンド
FOD / フジテレビオンデマンド
無料
posted withアプリーチ




金剛寺さんは面倒臭い (2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

金剛寺さんは面倒臭い (2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 作者: とよ田 みのる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: コミック



金剛寺さんは面倒臭い (3) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

金剛寺さんは面倒臭い (3) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 作者: とよ田 みのる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: コミック



金剛寺さんは面倒臭い (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

金剛寺さんは面倒臭い (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 作者: とよ田 みのる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

映画『逆襲のシャア』を読み解く 1 0秒~2分35秒 [富野監督関係]

※この記事は5か月ほど前に別ブログでこっそり書いていたものを、転載したものです。やっぱりアクセス数少なすぎて…


 どうも。未見の方が読んでも楽しい、何度も見ている方が読んだらもっと楽しい、を目指します。

 ではサクサクと始めていきましょう。


U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • メディア: Blu-ray




冒頭


 向こうに見える地球から月面のクレーターへとカメラ(視点)が降りてきて、チェーンとオクトバーさんの口論が聞こえてきます。

 カメラが近づくと、声が聞こえてくる。観客はすんなりと舞台を認識できます。

 舞台は月。ガンダム好きなら、月面とくればアナハイム・エレクトロニクスと分かります。


 2人はMSのコクピット周りの重量が軽くなっていることを言い合っています。


チェーン「原因は何です? 重量が3キロ減った原因は?」

チェーン「なんで事前に通知して…!」


 全て見終えると分かるのですが、いや、1回見ただけじゃ分からないかも……


 まあ、このシーン、

「アムロにもササビーに匹敵するMSに乗ってほしいと思ったシャアが(ロマンチストですなあ)サイコフレームの技術をアナハイムに流して、νガンダムのメカニックであるチェーンも知らぬ間に、コクピット周りに実装されていた」

 ことを表しているのです。


 初見で、ラストシーンを見ながら「冒頭でチェーンが言っていたの、サイコフレームが入れられたからか!」と思い出せる人はそんなにいないと思うので・少なくともぼくには無理です、再見前提なのかなあ。


 ラスト……そして物語のキーとなる「サイコフレーム」の存在が、映画開始一発目で匂わされていることになります。





サイコフレームはマクガフィンか


 余談ですが、個人的にはサイコフレームはヒッチコックいうところの「マクガフィン」足りえないと思っています。


 物語の推進にほぼ役立っていないし、そのくせ物語の核心に関わりすぎているから。

 サイコフレームを別物に置き換えると、ラストの奇跡が(表面的でも)説明できなくなってしまいます。


 サイコフレームは映画上、かなり厄介な存在なのです。

「物語上ではあまり説明されていないのに、結果には重要な役割を及ぼす」小道具を「サイコフレーム」と命名してもいいのではないかと思うほどですね。



短いセリフで簡潔に状況を説明


 納期を短くされたから連絡できなかったんだ、と反論するオクトバーに、

 チェーンはシャアに言ってください、と反論します。


 この中で「ネオジオン」「隕石落とし」の言葉が出てきます。



開始1分14秒で、戦争が始まっている状況を説明。


 なのですが、このセリフだけで、ものすごい情報が入っています。


1、ネオジオンという組織がある。

2、その組織にはシャアが所属している。

3、隕石落としなる作戦を実行している(これまでの作品で「コロニー落とし」を知っている視聴者なら、作戦内容の想像はつく)。

4、ネオジオンは作戦行動が早い。

5、そして逆に、新型MSの完成を無理に急がせているのだから、地球連邦は(制服で判断してチェーンは地球連邦)後手に回っている。


 1つのセリフで、ここまでが分かります。

 音楽の盛り上がりに合わせて、ロールアウト前のνガンダムの顔がアップで映ります。そして『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』とタイトルが出ます。

 このケレン味は素晴らしいですよね。始まるぞ、バーン! という高揚感を観客に抱かせます(語彙力どうした)。

 ちなみにこのシーンで、「んっ」と巨大なシートをめくるチェーンの動き、可愛いですよね。


 この冒頭、富野監督自身は



まずチェーンという、まったく新しいキャラクターを出すことで「あれ? この話はアムロもシャアも出てこないじゃないか」というフックをつけたんです。



 と語っています。



場面は地上へと



 タイトルが出たことで場面が転換されます。

 宇宙から地上へ。まだどこかのコロニー内なのか、地球なのかは分かりません。

 走っている4人の男女。しかしカメラは、その中の一人の少女に焦点を合わせていきます。クェスです。

 武装している集団に追われている4人。囲まれます。



武装集団「だいたい地球で遊んでいられる身分かよ」(2分2秒)



 地球だ!



武装集団「おまえ、クェス・パラヤだな?」



 問い詰められて、不安そうな顔をしているクェスのアップから、高級そうな黒塗りの車に無理矢理乗せられるクェスへと場面が転換されます。


 ぼくが以前に別ブログで、『∀ガンダム』の最終回を分析してみた時(「今さら野暮なことだが、『∀ガンダム』の、「あの」ラスト6分間をもう1度振り返ってみる。」)に、文章で細微に追ってみて・ものすごくプロの技に感心したことの1つが、この場面転換のスムーズさです。


 ただぼんやり見ているだけでは気付きづらいけれど、これはやっぱり、やっぱりすごいな、と。

 「あのね、プロ」とか空耳が聞こえそうだけれど。



説明せずとも、伝える


 抵抗して、母親らしき女性の手を噛むクェス。

 いやー、ここも素晴らしいんだよな。


 女性はクェスを怒るのではなく、男性(おそらく父親)の方を向いて、「クェスが噛んだんですよ!」と告げ口するんですよ。


 このワンアクションだけで、観客は「あれ、この女性はクェスの母親じゃないんじゃね? 父親らしき男にも敬語だし、この女性は愛人、あるいは後妻(なりたて)かな」と想像できるわけですよね。


 説明するんじゃない、伝える。

 知ってるぞ、映画用語で「シャレード」って言うんだろ! 


 で、この直後、家に残った側近と警護兵? の会話で、「あれ、奥さんじゃないんでしょ」と答え合わせをするわけですね。

ついでにここの短い会話で、クェスが「高官の娘」「でも家に馴染んでいない」も分かります。


 さて場面がシャトルに移ったところで、また次回。


 まだ2分30秒しか経っていないんだけれど(笑)。どこまで続いたら終るんだ、これは……



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



初月無料のフジテレビ動画配信アプリ「FOD」。富野作品もあるよ。
FOD / フジテレビオンデマンド
FOD / フジテレビオンデマンド
無料
posted withアプリーチ




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

富野監督関連小ネタ [富野監督関係]

 どうも。

 今回はタイトル通り、細かいネタをいくつか。

 現在、高松監督の『RobiHachi』をゆっくりペースで見ているのだが、先日4話を見ていたら、こんなシーンが出てきた。

robihachi.jpg

 うおわ。まんまじゃないですか、これと。

ザンボット最終回.jpg

 このブログを読んでいただいている方には説明不要でしょうが、高松監督はZやZZ、逆シャアで富野監督といっしょに働いているから、偶然似たレイアウト…じゃないよね?

 それより偶然かどうか知りたいのは、この第4回の舞台が「オダワーラ」だったこと(笑)。
 舞台が小田原だったことも踏まえての、ザンボットパロだったのかしら。

 ちなみに高松監督、この回については次のツイートを残しています。




 オダワーラだから富野作品パロにしたのかも知りたい…


 さて富野作品パロと言えばもう1つ。

 疲れたリーマンの欲望を飲み込んでくれるアニメ『世話やきキツネの仙狐さん』の最終回。
 『逆襲のシャア』、ありましたね。

 劇中劇(アニメ)で、CV釘宮さんのキャラクター「稲荷少女ヨーコちゃん」が・落ちてくる隕石を止めようとするの。

 で、ヨーコちゃんが操る葉っぱがジェガンのように隕石にとりつく(貼りつく)。最後は不思議な光が隕石を包んで落下を防ぐ。ここが一番逆シャアだったな。
 
 ぼくはリアルタイムで見ていて、「あ、逆シャアパロだ」と思ったけれど、ツイッターのTLではどなたも呟いておらず。


 そりゃそうだよね。

 だって裏で、富野監督出演の『夜の巷を徘徊する』やっているんだもん。
 そらぼくのTLでは、そっちばかり見ているわ。

 北海道は遅れての放送なんだよ…


 ぼくも見逃し配信を利用して見ました。










 スタッフは「劇場版」ではなく「総集編」と濁さざるをえない現状なのかなと。勘ぐってしまいました。


 さて最後。

 AmazonではPrime会員を対象に、7月16日までKindle Unlimitedが3か月99円、のキャンペーンをしています(対象にならない場合あり)。
 


 3か月99円は安い! そしてぼくは対象。3か月過ぎたら、解約すればいいや…との思いで、アンリミテッド会員になりました。

 さて何を読もうかと2時間くらいリストアップした中に、『エロマンガノゲンバ』もありました。


エロマンガノゲンバ

エロマンガノゲンバ

  • 作者: 稀見理都
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: 単行本



 まあ、ぼくはあんまエロマンガって読んだことなくて、どのくらい読んだことがないかというと。

 この本では27人の漫画家さんがインタビューに答えていて、そのうちぼくがお名前を知っていたのはお1人だけ、「お名前を見かけたことがあるかも…?」という方が3名という、散々な結果。

 それでも「表現がどう変わっているか」とか、他の漫画と同じように部数は落ち込んでいるだろうかとか、色々興味あったので読んでみました。

 読んだら、フリーライターのぼくにも何かと共通点が感じられ、色々身につまされるところ多かったです…


 さて本題。

 この中で、浅学なぼくでも唯一お名前を存じ上げているところの森山塔さん。

 本の中では、森山さんが『コミックロリポップ85年秋号』に書いたコラム紙面が掲載されていて。
その中でアニメが大っ嫌いとした上で、「おめーのことだよ富野由悠季 NHKなんか出んじゃねえ。文化人ヅラすんじゃねえ」って書いてあるの(笑)。

 85年でNHKでしょ。「YOU」かなあ。
 ※読んでいただいた方から、情報いただきました。時期的に「アニメーション人物録」のようです。

 森山さん、本の中でこの投稿に触れて、「ガンダムじゃなくて、ガンダムガンダムと騒いでるヤツが嫌いだった」とおっしゃっています。

 ガンダムガンダムって騒ぐヤツね。こうやって、テメエのブログで紹介するヤツもいるしなあ(笑)。確かに鼻につくのは分かる。


 しかしこの本読んで思ったけれど。
 タモリ俱楽部でも取り上げられた・著名なエロマンガ雑誌投稿者である三峯さん、大病になっていたのか。
 ちょっと興味を持って調べたら、togetterにこんなのあった。

伝説のハガキ職人”三峯徹”。家族バレした経緯と、投稿が再開できるようなった理由。

 いやー。
 自分に置き換えて、カミさんの両親に三峯さんの偉大さを説明できるのすごいわ。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ





エロマンガ表現史

エロマンガ表現史

  • 作者: 稀見 理都
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2017/11/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



藤子・F・不二雄のまんが技法 (小学館文庫)

藤子・F・不二雄のまんが技法 (小学館文庫)

  • 作者: 藤子・F・不二雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/03/03
  • メディア: 文庫



少女マンガの表現機構―ひらかれたマンガ表現史と「手塚治虫」

少女マンガの表現機構―ひらかれたマンガ表現史と「手塚治虫」

  • 作者: 岩下 朋世
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2013/07/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



月刊MdN 2016年 3月号(特集:漫画家が発明した表現30 漫画を漫画たらしめるもの)[雑誌]

月刊MdN 2016年 3月号(特集:漫画家が発明した表現30 漫画を漫画たらしめるもの)[雑誌]

  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション(MdN)
  • 発売日: 2016/02/05
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ガンダムはSFか」論争のあれこれ [富野監督関係]

 どうも。今回は、ちょっと力入れた。
 原稿料くれ…じゃなかった、よろしければひと時お付き合いのほどを。

 数日前、ツイッターのTLに「ガンダムはSFか」関連の話題が(今更)流れて来ました。

 ぼくはSFマインドが無い・SFの分からない人間だし、ガンダムマニアでもないので、正直ガンダムがSFであろうがなかろうが・どうでもいいのだが、この論争がかつてあったこと自体は勿論知っていました。

 高千穂遥さんによる「ガンダムはSFではない」や、唐沢俊一さんによるガンダム否定などです。

 ただ、その文章自体は読んだことがなかった。

 で、今回TLにその話題が流れて来たのは、当時の文章がツイッターで上げられたかららしい。

 togetterにもまとめられていた。
「ガンダムはSFか」を語る中、80年代の同テーマの有名な論争資料が発掘される〜2019年に、当時の作家らの言説を振り返ると?
 

 読んでみると。
 TV版ガンダムのロマンアルバムに掲載された文章で、高千穂さんや光瀬龍さんの・ガンダムに対してかなり否定的な文章だった。
 思っていたより、かなり厳しい否定だったな(笑)。

 先述したようにぼくはSF者ではないので、光瀬さんの有名な『百億の昼と千億の夜』すら読んだことないし…


百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)

百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 光瀬 龍
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/04/05
  • メディア: 文庫



 高千穂さんは、書棚探したらダーティがあった。

ダーティ.jpg

 ぼくはファーストガンダムが好きだが、お二人があのように書くのも、なんとなく、なんとなくだがその心情を想像できなくもない。
 
 ぼくも今から数十年前、「Gガンなんてガンダムじゃない!」と思っていたしなあ…

 もともと日本のSFは「SF雑誌がSMコーナーに並んでいた」という有名な・不遇の時期を経ているために、マニア特有の心理が働いていたのかもしれない。

 そこら辺の微妙な心理について、庵野秀明さんは『SF入門 日本SF作家クラブ編』で次のように語っている。


(前略)七十年代の終わりあたりから、日本はSFブームになるんですが、ぼくはブームになると冷めてしまう、天の邪鬼なところがあって、(略)
 オタク気質だと思うんですけれど、メジャーになっていくにつれ、自分の大事にしているものが世間によって浸食されていくような気がして、『ヤマト』も続きがどんどん作られていくのがイヤでしたね。(早川書房『SF入門 日本SF作家クラブ編』、78P)


 さてガンダム周辺に関わりのあった高千穂さんは後回しにするとして、光瀬さんで富野まわりと言うと、ぼくは『『海のトリトン』の彼方へ』(古沢由子著、風塵社)の後書きを担当なさっていたことしか知らない。


『海のトリトン』の彼方へ

『海のトリトン』の彼方へ

  • 作者: 古沢 由子
  • 出版社/メーカー: 風塵社
  • 発売日: 1994/06/01
  • メディア: 単行本



 この後書きの中で、光瀬さんは「トリトンは繰り返し青春の夢と挫折を綴っていた」と指摘したうえで、こう続けている。


物語そのものが私の記憶に残るものではなかったとは言わないでおこう。(中略)。あの戦争と、戦争が終わった後と、二つの時代によって完全に自らの青春時代を分断され、否定された五十歳の男にとっては、夢や挫折は問いかけの領域ではなく、極めて簡単な方程式に過ぎないからだ。(212P)


 この本を読んだ当時、「トリトン研究本の後書きで、控え目だけれどハッキリと・内容は響かなかったと書いているなあ」と苦笑したものだが、今回時を経て読んだガンダム短評はもっとストレートに批判していたな(笑)。

 まあぼくは、SF界における覆面座談会事件とか、坂口安吾のミステリー作家批判とか(横溝はベタ褒め)にワクワクするタイプの人間なので、この評自体は嫌いじゃない。
 アニメ史に残る出来事になっていると思うし。評の内容があっているかどうかはともかく。
 そのうちアニメ界でも、細君譲渡事件とか起こらないかしら。今ならあちこちの方面からボコボコだろうな。

 さて、完全な「外野」である光瀬さんに比べて、高千穂さんの立場は・完全な外野とは言い切れない。

 高千穂さんは今回話題になったロマンアルバム以外でも、「OUT」などでガンダムに言及している(らしい、と付けておこう。ぼく自身はお目にかかっていないから)。

 ここら辺は、サイト「SF者達の挽歌」さんが詳しい。
 
 また、ネットで読めるPDFファイルの論文「想像の共同体としてのニュータイプ──『機動戦士ガンダム』をめぐる同時代言説──」では、そもそもガンダムファンが文意を取り違えているか、SFじゃなくても面白いというガンダムファンと高千穂さんでは・実は対立軸が存在しないため、論争のていをなしていなかったと指摘している(もっとも今回togetterに掲載された文章を、「ただSFか否かの視点からのみ批判している」かは、検討の余地があると思う)。

 さて上記サイト「SF者達の挽歌」さんによるとその後、富野監督と高千穂さんが対談したそうだが、高千穂さんが指摘するガンダムのSF性のなさを、富野監督はほとんど肯定したそうです。
 誰か文章読ませてくれ…

 これは、『だから僕は…』での豊田有恒さんへの言及を読むに、富野監督ファンなら納得できるところだと思います。
 そもそも富野監督は、ご自身にSF的素養があるとは思っていないのではないでしょうか。

 光瀬さんと違って高千穂さんは、「スタジオぬえ」結成前、『ゼロテスター』の頃からサンライズと付き合いがある。
 『ザンボット3』にも企画時に参加しており、キラー・ザ・ブッチャーの名付け親は高千穂さん(この辺りの話は、『サンライズ創業30周年企画「アトムの遺伝子 ガンダムの夢」』第10回に詳しい)。
 
 ガンダムが、ハインラインの『宇宙の戦士』にヒントを得て制作されたことは知られているけれど、


宇宙の戦士〔新訳版〕(ハヤカワ文庫SF)

宇宙の戦士〔新訳版〕(ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ロバート・A ハインライン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: 文庫



 その本を貸したのも高千穂さん。
 ちなみにネットでは、高千穂さんが富野監督に貸した、とするものもあるけれど、出典どこだろう? 『OUT』で、松浦さんに貸した(そして無くされた)エピソードは掲載されているようだ。

 話題を戻して。
 だから光瀬さんより、関わりのある高千穂さんの方が、あの文章書くのに勇気が必要だったと思うんだけれど(笑)。ガンダムに対して、思うところも色々あったろうし。

 結局「ぬえ」からは、松崎さんしか『ガンダム』に(直接的には)参加していない。
 
 ちなみに松崎さんご本人は、「ぬえ」から自分だけ参加していることに関して、


それはわからなくもないかな。ポリシーというか「これは違うだろう」「こうでなきゃダメなんだ」という自分の基準にこだわる、言ってしまえば暴走するタイプのやつもぬえにはいましたからね。
(講談社『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』110P)


 と語っています。

 富野監督自身は、「ぬえ」について


「(前略)それまでのアニメ関係者とはちがう人種だったんだ。SF考証とかメカの構造など、それまでのアニメ界ではほとんど無視されていたことについて、"偏執"と思えるほどディテールにこだわっていたものね」


 と、出会えたことに感謝しています(徳間書店『アニメージュ』1981年1月号)。


 さてガンダムをSF的視点から…だけかどうかはともかく、批判した高千穂さんですが、富野監督と疎遠になったわけではありません。

 それどころか、(おそらく日本初のロボットアニメ発のノベライズである)小説版『機動戦士ガンダム』が朝日ソノラマから出版できたのは、高千穂さんの力添えがあったからであることを、富野監督自身が何回か語っています。

 では・そもそも、SFとは何か。

 「SF者達の挽歌」さんの中では宮武さんによる言葉、「価値の相対化」「視点の流動化」がSFの武器、と紹介されています。

 もっとも『アニメージュ』1988年1月号の富野監督との対談で田中芳樹さんは、ガンダムの魅力は「視点の相対化」と指摘しているんだけれど…ちょっと意味合い違うようですが。


 毎週30分のTVアニメはアトムから始まって、鉄人、そして平井和正原作・SF作家も脚本に参加していたエイトマンと続くわけだけれど、それでもガンダム放映当時は「TVアニメ」と「SF」がハッキリ分かれていた時代、ってことなのかな。

 この「○○はSFか」、近年では「ガルパンはSFか」も、少しネットで盛り上がっていたような気がするけれど。

 でもガルパンのそれは、SFが奥深く浸透した時代故の結果で、ガンダムのSF論争とは似て非なる様相のものなんだろうな。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



revisions 時間SFアンソロジー (ハヤカワ文庫JA)

revisions 時間SFアンソロジー (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/12/05
  • メディア: 文庫



SFが読みたい!2019年版

SFが読みたい!2019年版

  • 作者: SFマガジン編集部
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: ムック



別冊映画秘宝 絶対必見!SF映画200 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝 絶対必見!SF映画200 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: ムック



SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録

SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録

  • 作者: 大森 望
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ハヤカワ文庫SF総解説2000 (早川書房)

ハヤカワ文庫SF総解説2000 (早川書房)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/11/25
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

奥井亜紀さんが語る『月の繭』、井荻(富野監督)作詞とのある共通点(5月27日放送「Anison Days」より) [富野監督関係]

 昨日、BS11で放送された「Anison Days」。
 
 先週放送時の予告から、ゲストが奥井亜紀さんで、『月の繭』を歌うと知っていたので。

 楽しみにしていました。

 実際に見た結果、良かったわー。

 で、ちょっと資料的な価値もあるかもだし、エピソードが面白かったので『月の繭』関連だけ文字起こししておきます。

月の繭.jpg

森口さん:ちなみに(Anison Daysの)どの回をご覧になってくださっていたんですか。

奥井さん:『限りなき旅路』を(森口さんがカバーして歌った回)。

森口さん:いやー(笑)。奥井さんの。菅野さんの作曲。でもビューティフルスペーシー(?)ソングの極みですよ。

奥井さん:あの曲ね、歌っていただいて嬉しくて、でも自分の曲って言っても自分で作ったわけではないので、自分の曲っていうのもアレやから、Twitterで本当は「森口さんが歌ってくれたんだよ」と書きたいけど、私が言うのはなんか変だなと思って。

森口さん:いやいやいやいや。いや、私は奥井さんのずっと聞きまくってましたよ(笑)。

奥井さん:でもね、私はそれがすごい嬉しかったの。カバーしたってことは、私の歌聞いたってことやなと思って。

森口さん:そうです。

奥井さん:でも私も、初めてあの歌をうたうのに、最初ラララで貰ったんですけど、『限りなき旅路』を歌った時はわーって間奏で宇宙空間に飛ぶ感じっていうか、その感じを味わえたから、これ私今、地球上で初めての人なんやこれを聞いたのと思って。それがすごい嬉しかったし、その感じを共有できる人がいる、と思って。
 もう、今日これだけで30分くらい喋っていいですか?

(中略)

ナレ:そして自分の音楽人生を語る上で欠かせないというのが、この『月の繭』。

森口さん:どうですかこの曲を最初に聞いた時は。

奥井さん:ああもう、もうなんかこれを、オーディションとはいえ歌わせてもらうだけでもういいって思った。
 もしこれで、菅野さんに「あ、駄目だねこの子」ってもし言われたとしたら、もう私は2度と歌は歌わん方がいいなと思って。でもそれ言うほどの覚悟があっても、とにかくそのブースで歌わせてもらった時間がものすごく幸せで、「これで生きていける」と思って。

森口さん:そしたら合格ですもんね。

奥井さん:そう合格して。うーん。『限りなき旅路』も歌わせてもらったし、で菅野さんがね、「もし私が歌うって決まるんだったらもう1曲書いてあげるよ」って言って『炎と雨』(『月の繭』カップリング曲)って曲も書いてくださったんですよ。

森口さん:そうなんですか。

奥井さんそうなんですよ。

森口さん:(ポーズを作りながら)いいなぁ菅野さん(笑)。
 さあ『月の繭』は番組最後のお楽しみということで。

(中略)

森口さん:もう1度、皆様に歌う前によろしくお願いいたします。

奥井さん:テレビで(『月の繭』を)歌うの初めてなので

森口さん:えー! 貴重ですね。

奥井さん:なのでそれがこの番組で歌わせてもらうのはすごいありがたいですし。
 全然リリースしてない曲なんですけど、私が高校時代に作ってた曲があって、それが

♪今夜も月が見ているから 歌うルーララー

 って曲があるんですね。

森口さん:高校時代に作った。おしゃれ。

奥井さん:それが『月の繭』ではララルなんですけど。同じようにラとかルとか使う人がいた、と思って。

森口さん:あー。

奥井さん:だから初めてその歌詞見た時に、富野監督が(歌詞を)書いてらっしゃるとか何も聞いてなかったんですけど、「あ、あたしと同じこと考えていた人がいた!」と思って。そう、月見てたらラリルレロだよねーと思って。


 書き起こしは以上です。

 ちなみにこの回、登録不要・無料のBS11オンデマンドで、6月10日まで見られます。

 俺、歌声聞いて、ちょっと涙ぐんじゃったよ。

 心の琴線に触れる歌声と歌詞。
 広大な俯瞰的視点を持ち、かつポエティックでもあるこの歌詞は、井荻作品の中でも1つの到達点ではあるまいか。

 未見の方はぜひ。





 ちなみに奥井さんはご自身のブログの中で、

「いのちの名前は、昼の月の繭で、月の繭は夜のいのちの名前だと思ったので、選曲しました。」

 と今回の選曲理由について書いておられます。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



Lost Melodies

Lost Melodies

  • アーティスト: 奥井亜紀,大村雅朗,菅野ようこ,小野寺明敏,鶴来正基
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1994/04/25
  • メディア: CD



∀ガンダム — オリジナル・サウンドトラック 3 COCOA

∀ガンダム — オリジナル・サウンドトラック 3 COCOA

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2000/06/07
  • メディア: CD



cocoroto(初回)

cocoroto(初回)

  • アーティスト: 奥井亜紀
  • 出版社/メーカー: (有)INFINITY Records
  • 発売日: 2003/11/28
  • メディア: CD



絵日記と紙芝居~村下孝蔵トリビュートアルバム~

絵日記と紙芝居~村下孝蔵トリビュートアルバム~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME Records
  • 発売日: 2006/07/12
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

『富野由悠季の世界』の公式図録発売、『富野由悠季 全仕事』が20年越しに重版決定、など [富野監督関係]

 どうも。今回もひと時、お付き合いのほどを。

 さて、ちょうど1か月後に迫った展示会「富野由悠季の世界」ですが、公式から図録の販売がアナウンスされました。




 うーん。ありがたい。

 貧乏人としては・世界展そのものに行けるかは微妙だけれど(何故札幌は・はぶかれているんだ…)、この図録は買わなきゃ。

 5月22日22:00現時点では、まだAmazonに登録されていないけれど。

 キネ旬の公式HPには、書影はまだですが、内容の詳細は書かれています

 約3万字にもおよぶ富野由悠季監督のロングインタビュー!

 意地悪な視点としては、あまり掘り下げようのない(ように思える)『しあわせの王子』をどう料理しているかにも興味があります。

 それと、かつてNOTEに

 作家としての「富野由悠季」

 を書いたぼくとしては、「小説家としての富野由悠季」も気になります。

 楽しみ。
 ところでコレ、発売日書いてないけれど・やっぱり6月22日かな?

 
 そして「富野由悠季の世界」公式アカが、立て続けにもう1つ、興味深いツイートをしてくれました。
 まったく。それに比べて、あの公式アカときたら昨年11月以来……(またぼくの愚痴が始まった)。

 下記のツイートです。




 これまで重版されてなかったのか……。

IMG_20190522_210824.jpg

 もう発売は20年前。それから富野ファンになった方も多数いると思うので、この重版はいいですね。
 あまり使いたくない言葉だけれど、ファン必携といってもよいアイテムだと思うので。

 こちらの方も、まだAmazonには反映されていないけれど、ただ


1999年6月に初版発行、長らく在庫切れだった本書が待望の重版決定!


 の一文は、Amazonでも商品説明に追加されています。

 まあ、ホントはねー。

 欲を言えば、99年以降の業績も追加した「増補版」が欲しかったけれども。「増補版」が欲しかったけれども。増補版が……

 言っても詮無いけれども。今回の重版の売れ行き良かったら、新たな展開あるかしら。

 なにせキネ旬、押井守監督は『全仕事』の増補版である『全仕事リミックス』出しているんだよな(笑)。


押井守全仕事リミックス (キネ旬ムック)

押井守全仕事リミックス (キネ旬ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: ムック



 どういうこった!

 いや、どういうことですか(低姿勢)。だから富野監督もお願いします…

 
 さて、最後についでというか何というか。

 岡田斗司夫さんが現在、過去にニコニコで有料配信していた「ガンダム講義」シリーズの冒頭をYouTubeで無料配信しております。

 5月17日に配信が始まった、第7回講義「敵の補給艦を叩け!」の解説前半では、ぼくのブログ記事を紹介してくれています。



 07:00~ですね。
 ニコニコ配信時は、岡田さんのブログでも紹介してくれたのでアクセス増えたなー。

 該当記事は下記になります。未読の方は、もしよろしければ。

久しぶりに見たガンダム3話「敵の補給艦を叩け!」がやっぱり凄かったので、一々説明する。

 この記事書いてから8年か…
 当時、幼稚園児だった娘も中学生だ……



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ



初月無料のフジテレビ動画配信アプリ「FOD」。富野作品もあるよ。
FOD / フジテレビオンデマンド
FOD / フジテレビオンデマンド
無料
posted withアプリーチ



機動戦士ガンダム サンダーボルト (13) (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト (13) (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 太田垣 康男
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: コミック



A.O.Z RE-BOOT GUNDAM INLE ガンダム・インレ ‐くろうさぎのみた夢‐ II (単行本コミックス)

A.O.Z RE-BOOT GUNDAM INLE ガンダム・インレ ‐くろうさぎのみた夢‐ II (単行本コミックス)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/05/27
  • メディア: Kindle版



マスターアーカイブ モビルスーツ RX-93 νガンダム (マスターアーカイブシリーズ)

マスターアーカイブ モビルスーツ RX-93 νガンダム (マスターアーカイブシリーズ)

  • 作者: GA Graphic
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2019/06/21
  • メディア: 単行本



機動戦士ガンダムさん (17)の巻 (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダムさん (17)の巻 (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

富野監督関連で振り返る平成 [富野監督関係]

どうも。タイトル通りです。

TV出演など特にですが、抽出したものはぼくの好み。

あと最初に最後のあいさつを。元号変わってもよろしくお願いいたします。




1989年
小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』シリーズ刊行開始


1991年
『F91』TV特番放送。「戦わざるをえなかった、ざるをえなかったみたいなシチュエーションのものを、積み上げていったらどういう映画ができるかなと。強いて言えばその部分が新しさで、逆に言えば古いもの、繰り返しの物語になってしまっている」

『機動戦士ガンダムF91』公開




小説『機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード』発売


1992年
『ママは小学4年生』OPストーリーボード担当


1993年
『機動戦士Vガンダム』放送開始

小説『機動戦士Vガンダム』シリーズ刊行開始


1994年
漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズ刊行開始(原作・企画)

松本サリン事件・地下鉄サリン事件発生
「テレビのレポートで紹介されている若者世代に、あっちにいってしまうのも分かるかなー、という発言もかなり散見されていて、アニメ屋としては考えさせられてしまう。
 彼らの反応から、映像力学が、心理的に与えるモメントがあって、それが現実にむけて作動させる要素があるのではないか、という仮定が、実証されてからである。」
(ダイヤモンド社『あれは何だったのか?―「オウム」解読マニュアル 』)


1995年
小説『バイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼』シリーズ刊行開始

小説『アベニールをさがして』シリーズ刊行開始

小説『王の心』シリーズ刊行開始

『闇夜の時代劇』 第2話「正体を見る」放送


阪神淡路大震災発生


1996年
OVA『バイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼』発売開始

「情けない神の国の片隅で」連載開始


1997年
『スーパーロボット大戦』プロモーション映像担当(俺、結局この映像見れてないな…)

小説『密会〜アムロとララァ』発売


1998年
『ブレンパワード』放映

雑誌『G20』刊行開始


1999年
『∀ガンダム』放送開始

『富野由悠季全仕事 1964-1999』刊行

『富野語録 富野由悠季インタビュー集』刊行


2000年
『∀(ターンエー)の癒し』刊行

『ガンダムの現場から 富野由悠季発言集』刊行

アトラクション「GUNDAM THE RIDE」特別監修


2001年
『ガンダム新体験‐0087‐グリーンダイバーズ』特別監修

『ガンダムエース』刊行開始


附属池田小事件発生
「神戸の小学校で子供たちを殺傷した宅間という男がいましたが、あの錯乱や狂気というのは、昔で言うところの××××なんだろうかと言うと、僕は昔の××××ってもうひとつどこかが曲がっていたような気がします。それに比べるとあの男は、「お前この程度でキレちゃだめだぞ」という感じがするんです。
(中略)
言ってしまえば、『Vガンダム』程度の敗北のしかたをしているなんていうのは、やっぱり僕も宅間レベルでしかなくって、もうちょっと深いところに、ちゃんと深入りできていかなければならないのだろうと思います。」
(ラポート社『それがVガンダムだ -機動戦士Vガンダム徹底ガイドブック-』より。伏字は自主規制した……)


2002年
『劇場版∀ガンダム I 地球光』『劇場版∀ガンダムII 月光蝶』公開

『OVERMANキングゲイナー』放送開始

『映像の原則-ビギナーからプロまでのコンテ主義』刊行

『戦争と平和』刊行

『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』刊行

『だから僕は… ガンダムへの道』新装版発売

だから僕は…―ガンダムへの道 (角川スニーカー文庫)

だから僕は…―ガンダムへの道 (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2002/11/30
  • メディア: 文庫



「富野に訊け!」連載開始

NHK「トップランナー」出演


2003年

「教えてください。富野です」連載開始

日テレ系『爆笑問題のススメ』出演





2004年
雑誌『TOYS』でコラム開始


2005年
OVA『リーンの翼』ネット配信開始。

『機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者』『機動戦士ΖガンダムII 恋人たち』公開

『富野に訊け!』刊行

『教えてください。富野です』刊行 

美術展「GUNDAM―来たるべき未来のために―」国内6会場で開催。富野監督自身の作品も展示


2006年
『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』公開

第42回シカゴ国際映画祭 アニメーション特別功労賞受賞


2007年
アトラクション「ガンダムクライシス」特別監修

OVA『GUNDAM EVOLVE 5 RX-93 ν GUNDAM』発売


2008年

秋葉原通り魔事件発生


2009年
『リング・オブ・ガンダム』公開

ロカルノ国際映画祭 名誉豹賞受賞

NHK BS『週間手塚治虫』出演

NHK教育とフジテレビのコラボ企画・TV『復活?真剣中年しゃべり場』出演
(結構印象残っているんだけれど、当時のぼくのブログ見たら凄い番組の悪口言ってた)


2010年
『富野に訊け!!』文庫版刊行

『リーンの翼』完全版刊行


2011年
『「ガンダム」の家族論』刊行

『映像の原則 改訂版』刊行

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

  • 作者: 富野由悠季
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2011/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



『ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集I~III』刊行


東日本大震災発生


2013年
メルマガ『トミノ流のトミノ』配信開始


2014年
『ガンダム Gのレコンギスタ』放送開始

ミニッツブックで『トミノ流のトミノ』3冊配信開始

トミノ流のトミノ

トミノ流のトミノ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版




2017年
『富野に訊け!! 〈怒りの赤〉篇』『富野に訊け!! 〈悟りの青〉篇』刊行


2019年
『機動戦士ガンダム』40周年

元号・令和に。


(働かなければストレスはないが、ストレスを抱えるような知性を持てるようになったから人間なんだろう、という流れから)
「2050年くらいまでは、どうにか地球も無事だとエコノミスト誌さんも保証してくれるようですし、
だったら僕は死ぬまでアニメを作る!」(「トミノ流のトミノ」 vol.024)




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

真剣に女性を口説く「(キングゲイナーの)エクソダスとはそういうことなんです」 [富野監督関係]

どうも。ひと時お付き合いのほどを。
今回は今まで通り、こちらのブログで。

キングゲイナーといえば名シーンが色々あります。


キンゲ.jpg


その中の一つが・例のこっ恥ずかしい告白シーンだと思います。
敵は「氷の運行部長」ことカシマル・バーレーが操るプラネッタ。そのオーバースキル「表層意識を声にして周りに解放する」を打ち破るため、ゲイナーくんはサラへの愛情を告白するわけですね。


「サラのことはもっと知りたいんだ」
「サラを抱きしめたいんだ」
「ぼくは君を、ぼくのものにしたいんんだ」
「力いっぱいのキスを、どこにも、ここにもしてみせます」


 まあ恥ずかしいセリフのオンパレードを、みんなが聞くわけです(サラのリアクション可愛い)。印象深い告白シーンだと思います。

 このシーンが放送される前、雑誌『TV Bros.(テレビブロス)』2002年10月12日号に掲載されたガンダム特集・富野監督のインタビューを読むと、実はこの告白は・富野監督が描きたかった重要なシーンなのではあるまいかと思えてきます。

 このブロスにおけるガンダム特集は、セイラ・マスに2ページが割かれています。富野監督のインタビューも、「富野由悠季、セイラを語る」と銘打たれています。

 当時はキングゲイナーの放送が始まったばかりで、富野監督は次のように語っています。


インタビュアー
監督はセイラだけでなく、Vガンダムのカテジナのような強烈な実体感を持った女性キャラも生み出していますが


富野監督
それにはすごく大きなテーマがあります。
(中略)
あからさまに言えば、セックスを含めて、どう女性と接すればいいかということ。カテジナもクェスも、男の欲望に全くリアクションを起こしてくれないんだけど、欲望を満たすためには絶対向こうからのリアクションがない限りありえないわけです。
(中略)
『キングゲイナー』のために、ロシアに行ったんですが、田舎の娘さんは、健やかに自然にセックスアピールをしているし、 男も真面目に相手の目を見て口説いているんですよね。
(中略)
『キングゲイナー』でも、 ロボットものという中に、そういうテーマを込めて、真剣に女を口説けるようになろうよと。エクソダスとはそういうことなんです」(同誌65P)


実際のところ、劇中のゲイナーはサラの目を見て告白していませんし、それどころか自分の告白が全世界に広まってるとは想像していなかったので、「相手の目を見て口説いている」わけではありませんが……

あのように熱量を持って、女性を口説けと言う富野監督からの発破なのかもしれませんね。ハードル高すぎるけれど。


にしても、15年以上前のアニメについて、さも現在放送中のように・当たり前に語り始めたな俺……


こちらでも富野作品関連のブログを運営しております。よろしければ。



Exodus

Exodus

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2004/10/05
  • メディア: CD



Exodus '04

Exodus '04

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2005/06/21
  • メディア: CD



オーバーマン キングゲイナー7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

オーバーマン キングゲイナー7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2015/08/31
  • メディア: Kindle版



オーバーマンキングゲイナー オフィシャルブック エクソダスガイド

オーバーマンキングゲイナー オフィシャルブック エクソダスガイド

  • 作者: 藤津 亮太
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2003/04/04
  • メディア: 大型本



オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX [Blu-ray]

オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)

オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



15秒で口説く エレベーターピッチの達人――3%のビジネスエリートだけが知っている瞬殺トーク

15秒で口説く エレベーターピッチの達人――3%のビジネスエリートだけが知っている瞬殺トーク

  • 作者: 美月 あきこ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2014/12/10
  • メディア: 単行本



今夜から! 口説き大王 彼女にイエスと言わせる心理テクニック (きずな出版)

今夜から! 口説き大王 彼女にイエスと言わせる心理テクニック (きずな出版)

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: Kindle版



なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか?

なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか?

  • 作者: 長谷川 裕雅
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2012/06/28
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

エルガイムのような展開になる予定だった『ザブングル』のラスト [富野監督関係]



マクラなしに。1週間ほど前、島津冴子さんが次のようなツイートをしていました。














37年前ですか。



この頃と言えば、富野監督の新作TVシリーズが毎年のように作られていて、それを不思議とも思っていませんでした。



けれども今考えると、当時の富野監督は劇場版ガンダムを作っていて、さらに劇場版イデオンも動き始めていた頃で、通常なら1年間の新作TVシリーズを作るようなスケジュールではなかったでしょう。



実際・ザブングルは当初、鈴木良武さんと吉川惣司さんの企画でスタートしており、監督も吉川さんがする予定でした。内容は宇宙SFもの。



富野監督が参加したのは放映4か月前。

ホテルに一晩泊って、骨格を固めたエピソードはこちらのサイト、またはこのブログに詳しいです。



ぼくは当時バッチリ視聴者層だったものの・リアルタイムでは見ておらず、後年レンタルビデオショップで借りて見ました。



今のように「TVアニメシリーズの全巻がある」のが当たり前の時代ではなく、その出始めだったように思います。



だからリアルタイムの感想で、「マクロスと同年代」「同じような三角関係の構造」と言われると、やはりリアルタイム視聴でないと得られないものはあるのか、と感じます。







君は走るか、俺たちゃ走る!




ザブングルのイメージは、一言でいうと「走る」だと思う。








(おそらく局や広告代理店向けの)PR企画書には「ユーモア・ロボットアクション」とか、「惑星西部劇」なんて言葉が躍っているけれども(『ロマン・アルバムエクストラ57』126P、以下ページ数のみの場合はこのムックを指す)、まあ現在から思い返すと、「走る」イメージしかありません。 




ユーモアはまだあったかもしれない、でも西部劇は・砂塵吹く舞台だけで、個人的にはあまりしっくりこない。 あ、ティンプはまんま西部劇っぽい。

ロボットで西部劇と言えば、今となっては『ガン×ソード』を思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか。



ザブングルでぼくが「走る」をイメージするのは、『ザブングル・グラフィティ』の影響も強いのかもしれません。



「君は走るか、俺たちゃ走る!」とのキャッチも印象強いし、どこに掲載された一文か忘れてしまいましたが、「キャラクターも走り、2スタも走った」的な富野監督のコメントも良かった(これ、何に掲載されたコメントだっけ?)。




『ザブングル・グラフィティ』はファンに愛される小品、という感じがあり、ぼくも好きな作品です。

ファンじゃない人にお勧めできる作品じゃないけれど…



また「走る」に関連して、キャラの動きや演出も印象深いものがありました。



まあ富野監督本人も言っているので・問題ないだろうけれど、『未来少年コナン』をしようとしているな、と。

富野監督本人は例えば、





具体的な例では、「カリオストロの城」をまねろとっていって、まねしてもらったりもしたわけです。(128P)



「未来少年コナン」という作品をコピーするところから、練習を初めています。(ラポート『富野語録』73P)


と語っています。





この思いがあるからこそ、数十年後、G-レコの劇場先行公開を見た時に、ぼくは下記のように呟いたわけです。なぜ関西に行ったこともないぼくが大阪弁になっているのか、我ながら鬱陶しい限りですが……








印象深い次回予告




TVシリーズでいうと、次回予告も特徴的でした。



ぼくが見ているサンライズロボットアニメの中では、ボトムズ、ドラグナー、そして本作の次回予告が特に良かったと思います。



ボトムズ、そしてザブングルの次回予告を担当した声優は銀河万丈さんで、当時は「予告に関してはかなりやり残したような感想がありますね」(136P)と残しています。



また後年の古川さん・平野さんとの対談では、「楽しめそうなフレーズがあるとうれしくなっちゃったりしました」と振り返っています。





「銃火の果てに見たものは、父の仇のティンプ・シャローン。地の果てまでも追いかける、執念見せますジロンです。ラグとエルチはほっといて、ゴースト・タウンで大決闘」なんて、講談を連想していまいます。







元案では、ラストシーンはエルガイムと同じ展開だった




富野作品はこの後、TV版のザブングルがあり、『グラフィティ』があり、ダンバイン、エルガイムと続いていきます。



確か永野護さんだったと記憶していますが、エルガイムにはザブングルに再チャレンジしよう、という思いが富野監督にはあったと語っていたはずです。



確かに前述した三角関係のキャラ配置や、特にエルガイムの前半部分は、ザブングルと重なる部分があります。



そしてラストシーンも、実は関連がありました。

以下は、ザブングル時の島津冴子さん(ラグ役)のコメントです。





8月の段階のラストシーンは、ラグにとってもっと寂しい終末だったんです。エルチが洗脳されたままジロンと旅に出、ラグはサンドラットの仲間と残されてしまう。(134P)





実際では、ザブングルのラストはみんなで走る、「らしい」内容になりました。



しかし没案である「エルチが洗脳されたままジロンと旅に出、ラグはサンドラットの仲間と残されてしまう」は、エルガイムのラストそのままです。



エルガイムの後半はすでに『Z』制作が動いていたので、間に合わせるために「没案を引っ張りだしてきた」可能性もあります。

それともこの展開、富野監督にはよほど捨てがたい魅力があったんでしょうか。



富野監督自身は、下記のように語っています。





ですから、ラストシーンと言うことについては一番初めに頭にあって作ったシリーズだということです。(『富野語録』P110~111)



そりゃ頭にあったでしょう。

なにせザブングルの時から、同じようなラストを考えていたのですから。



よくある「キャラクターも生き物」的には、ジロンはそのラストを拒絶して走り出し、ダバは受け入れた、とも書けるのですが。



ぼくそういうの、好みなんですよね。





 ※関連記事

 
『エルガイム』の企画段階とラストシーン

  ブルーストーン経済によるシビリアンコントロール<『戦闘メカ ザブングル』惑星ゾラ開発史>







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の20件 | 次の20件 富野監督関係 ブログトップ