SSブログ

富野監督が現在構想している新作タイトルは、昔どこかで聞いた『ヒミコヤマト』! [富野監督関係]

 ホントは今日、富野展に向けて札幌を発っているはずだったのに…




 拗ねて拗ねて、静岡での富野展始まって2~3日は、ツイッターほとんどミュートしてたしね。かなり富野監督への関心も減退していたのですが。

 最近発売された『グレートメカニックG』は、オーラ・バトラー特集で、富野監督のインタビューも載っているというのでAmazon注文しました。


グレートメカニックG 2020AUTUMN (双葉社MOOK)

グレートメカニックG 2020AUTUMN (双葉社MOOK)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: ムック




 古見さんの最新刊といっしょに買った。
 只野くん、モテモテ…もう「ただの人」じゃないじゃん。

 さてモノが届き、取り敢えずは富野監督インタビューをパラパラと。真っ先の感想は、





 でしたね。富野監督が、いきなり現在構想している新作『ヒミコヤマト』なる作品の話を始めたので…

 インタビュアーさん(無記名だけれど、どなただろう?)が、「ダンバインを含め富野監督の作品を見ている視聴者は…」とか、「この新作の構想は掲載していいのですか?」、「アニメ版『リーンの翼』では、…」などと、なんとか軌道修正しようとしているのと、

 途中で「『ヒミコヤマト』についてもう少し」と、(これはもうダンバインのインタビューとしては無理かも)と保険うっている感じが、

 なんかこうね。インタビュー中にどのような原稿にまとめようか、大変だったろうな…と。


 さて気になるこの『ヒミコヤマト』、詳しい内容は是非とも『グレートメカニックG 2020AUTUMN』を読んでいただくとして。

 ぼんやりと分かることは


卑弥呼=弥生姫(日本名)が出てくる。

戦艦大和が絡んでくる。

富野監督自身もまだ物語はよく分からない。


 ですかね。作品名にもなっているくらいだから、もし弥生姫が主人公なら、富野アニメ初の女性主人公だ。



 さてさて。
 『ヒミコヤマト』の名前を聞いて、「まだ監督の中では生きていたのか、この企画」と思った富野監督ファンもいらっしゃると思います。


 カタカナではなく漢字の『卑弥呼大和』は、富野監督と角川春樹氏・福井晴敏氏が構想した企画。福井さん曰く「戦艦大和に卑弥呼的な、源日本的な何かが取り付いて、現代の東京をしかりにやってくる話」だそうです。

 ぼくは手元にないので確かなことは言えませんが、これたぶん、『リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well』の中で出てきた話だと思います(『リーンの翼』、あんまりピンとこなかったもので買わなかった…違ったらすまん)。


リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well

リーンの翼 オフィシャルガイド Road to Byston Well

  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2007/03/30
  • メディア: 大型本




 今回のインタビューによると、企画は99年。富野監督が「東京都知事を倒す」話と言っているので(どんな話だ…)、上記の福井さん「現代の東京をしかる」とも一致しますね。


 今回のインタビューでも触れられていますが、この『卑弥呼大和』のイメージボードは、「富野由悠季の世界展」の兵庫会場で「のみ」展示もされていました。俺の前で富野展の話をするのはやめろー!!(情緒不安定)





 ちなみに劇場版『Gレコ』以降の新作については、最近ネットで公開された公研『ガンダム監督の「敗北者宣言」』でも触れられていました。
 劇場版5部作のうち、まだ3作残っているのに…というツッコミはひとまず置いておいて。


---ここから引用---
今シナリオを2本持っています。2本ともロボットらしいものが出てきます。
(中略)
できたら人型ロボットが出てこないものを作るために新しいホンを書いています。
---ここまで引用---


 このロボットに関しての言及は今回のインタビューにもあるので、シナリオ2本のうち1本が『ヒミコヤマト』ってことでしょうね。


 なお、富野監督が今回のインタビュー最後で語っている「素晴らしい物」。

 ぼくの脳裏に反射的に浮かんだのは、「それってヒゲの洗濯で見せてもらったけれど…」なんだけれど、それはともかく。

 過去の作品を振り返るインタビューで・次回作の構想を話す富野監督、「らしくて」良かったです。

 ぼくは、完全新作>バイストンウェルもの>ガンダムシリーズの順で期待しているので、『ヒミコヤマト』は良いな。ホントは『Gレコ』もガンダムシリーズから切り離されていたら、言うことなしだったのに。

 そしてこれまで10本以上の劇場用作品を作っている富野監督ですが、「完全単独作品」は無いと思っているので、劇場用作品としての『ヒミコヤマト』を期待してしまいます。



人気漫画が毎日読めるアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
無料
posted withアプリーチ


スクエニの基本無料漫画アプリ
マンガUP!
マンガUP!
無料
posted withアプリーチ





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント