SSブログ

『リスアニ! 「ガンダムシリーズ」音楽大全』で、やっと「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」の作詞共作の流れが判明した [富野監督関係]

 どうも。

 今回はすでにTwitterで呟いた内容をもう少し詳しく。

 『リスアニ!』の「ガンダムソング特集」が先日届きまして。


リスアニ! Vol.40.1(M-ON! ANNEX 644号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Universal Century-

リスアニ! Vol.40.1(M-ON! ANNEX 644号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Universal Century-

  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2020/03/26
  • メディア: ムック



リスアニ! Vol.40.2(M-ON! ANNEX 645号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Other Centuries-

リスアニ! Vol.40.2(M-ON! ANNEX 645号)「ガンダムシリーズ」音楽大全 -Other Centuries-

  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2020/03/26
  • メディア: ムック



 ぼくは赤しか買いませんでしたが…


 そこで早速、ぱらぱらとめくって川添智久さんのところだけ確認した。
 『Vガンダム』のOP『STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜』についてのインタビュー。

 そのインタビューでは富野監督がまず歌詞を提出して、そのあと川添さん側(みかみ麗緒さん)が直した・共作にした経緯が書かれていました。 

 良かった……20年ぐらいかけて、ソース取れた(笑)。

 Googleで検索しても、「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」でどのように歌詞を共作したか、ほとんど出てこないと思うんだよね。
 富野監督が先なのか、とか、何故、とか。

 たぶん、ヒットするのはこちらの記事『井荻麟作詞論 第39回「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」』くらいかな、と。

 で、このリンク先の記事では、書かないでいてくれているけれど。
 「インターネット上で見られる記述」として引用されている、


「(最初にあがってきた歌詞が)行け行けガンダム~、みたいな歌詞だったので変えてもらった」旨の発言を(川添さんが)している。


 って引用文章、書いたのは15年ほど前の俺なんだよね(笑)。

 そのブログ記事自体は、内容が古くなり過ぎたのと、今回とは違う部分でファクトチェックしきれない箇所があったので、今は未公開にしているけれど。


 で、このエピソード。大昔に、何かの音楽雑誌かなんかで読んだものなんですが。

 後年、確かめようと思ってネットで調べても、何の情報も出てこないし。
 記憶違いだっただろうか、と、ずっと気にしていたんだよね。

 もう1つ、俺の記憶の中では、川添さんが「ソロアルバムでアニソンっぽい曲が何曲かあったから、オファー来るんじゃない? って話していたら、本当に来た」みたいな話をしていて。

 ただこれ、調べてみると、ソロアルバムの発売が1993年3月5日、『機動戦士Vガンダム』放送が同年4月2日。

 1か月しかないよ? だから、これは俺の記憶違いかと思って(結局この点は、俺の記憶違いか否か、今も分からず)。


 それですっかり、「富野監督が書いてきた歌詞を、川添さんの要望で合作にした」が本当の記憶かどうかも、自信無くしていたんだよね。


 しかし今回の『リスアニ!』の記事で、明言されていて良かった(笑)。

 富野監督が書いた「いけいけガンダムみたいな歌詞」が、「バンバンバンバン バンババン」だったのも判明したし(笑)。

 そういえばこのインタビューで、驚いたことが1つ。
 『STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜』、音楽に興味のない俺でもお名前を存じ上げている青山純さんが参加していたとは。





「新海誠監督の映画『天気の子』を動画フル視聴!(※無料期間あり)配信サービス・DVD・Blu-rayも紹介!」の記事制作に携わっております。よろしければ。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント