SSブログ

エルガイムのような展開になる予定だった『ザブングル』のラスト [富野監督関係]



マクラなしに。1週間ほど前、島津冴子さんが次のようなツイートをしていました。














37年前ですか。



この頃と言えば、富野監督の新作TVシリーズが毎年のように作られていて、それを不思議とも思っていませんでした。



けれども今考えると、当時の富野監督は劇場版ガンダムを作っていて、さらに劇場版イデオンも動き始めていた頃で、通常なら1年間の新作TVシリーズを作るようなスケジュールではなかったでしょう。



実際・ザブングルは当初、鈴木良武さんと吉川惣司さんの企画でスタートしており、監督も吉川さんがする予定でした。内容は宇宙SFもの。



富野監督が参加したのは放映4か月前。

ホテルに一晩泊って、骨格を固めたエピソードはこちらのサイト、またはこのブログに詳しいです。



ぼくは当時バッチリ視聴者層だったものの・リアルタイムでは見ておらず、後年レンタルビデオショップで借りて見ました。



今のように「TVアニメシリーズの全巻がある」のが当たり前の時代ではなく、その出始めだったように思います。



だからリアルタイムの感想で、「マクロスと同年代」「同じような三角関係の構造」と言われると、やはりリアルタイム視聴でないと得られないものはあるのか、と感じます。







君は走るか、俺たちゃ走る!




ザブングルのイメージは、一言でいうと「走る」だと思う。








(おそらく局や広告代理店向けの)PR企画書には「ユーモア・ロボットアクション」とか、「惑星西部劇」なんて言葉が躍っているけれども(『ロマン・アルバムエクストラ57』126P、以下ページ数のみの場合はこのムックを指す)、まあ現在から思い返すと、「走る」イメージしかありません。 




ユーモアはまだあったかもしれない、でも西部劇は・砂塵吹く舞台だけで、個人的にはあまりしっくりこない。 あ、ティンプはまんま西部劇っぽい。

ロボットで西部劇と言えば、今となっては『ガン×ソード』を思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか。



ザブングルでぼくが「走る」をイメージするのは、『ザブングル・グラフィティ』の影響も強いのかもしれません。



「君は走るか、俺たちゃ走る!」とのキャッチも印象強いし、どこに掲載された一文か忘れてしまいましたが、「キャラクターも走り、2スタも走った」的な富野監督のコメントも良かった(これ、何に掲載されたコメントだっけ?)。




『ザブングル・グラフィティ』はファンに愛される小品、という感じがあり、ぼくも好きな作品です。

ファンじゃない人にお勧めできる作品じゃないけれど…



また「走る」に関連して、キャラの動きや演出も印象深いものがありました。



まあ富野監督本人も言っているので・問題ないだろうけれど、『未来少年コナン』をしようとしているな、と。

富野監督本人は例えば、





具体的な例では、「カリオストロの城」をまねろとっていって、まねしてもらったりもしたわけです。(128P)



「未来少年コナン」という作品をコピーするところから、練習を初めています。(ラポート『富野語録』73P)


と語っています。





この思いがあるからこそ、数十年後、G-レコの劇場先行公開を見た時に、ぼくは下記のように呟いたわけです。なぜ関西に行ったこともないぼくが大阪弁になっているのか、我ながら鬱陶しい限りですが……








印象深い次回予告




TVシリーズでいうと、次回予告も特徴的でした。



ぼくが見ているサンライズロボットアニメの中では、ボトムズ、ドラグナー、そして本作の次回予告が特に良かったと思います。



ボトムズ、そしてザブングルの次回予告を担当した声優は銀河万丈さんで、当時は「予告に関してはかなりやり残したような感想がありますね」(136P)と残しています。



また後年の古川さん・平野さんとの対談では、「楽しめそうなフレーズがあるとうれしくなっちゃったりしました」と振り返っています。





「銃火の果てに見たものは、父の仇のティンプ・シャローン。地の果てまでも追いかける、執念見せますジロンです。ラグとエルチはほっといて、ゴースト・タウンで大決闘」なんて、講談を連想していまいます。







元案では、ラストシーンはエルガイムと同じ展開だった




富野作品はこの後、TV版のザブングルがあり、『グラフィティ』があり、ダンバイン、エルガイムと続いていきます。



確か永野護さんだったと記憶していますが、エルガイムにはザブングルに再チャレンジしよう、という思いが富野監督にはあったと語っていたはずです。



確かに前述した三角関係のキャラ配置や、特にエルガイムの前半部分は、ザブングルと重なる部分があります。



そしてラストシーンも、実は関連がありました。

以下は、ザブングル時の島津冴子さん(ラグ役)のコメントです。





8月の段階のラストシーンは、ラグにとってもっと寂しい終末だったんです。エルチが洗脳されたままジロンと旅に出、ラグはサンドラットの仲間と残されてしまう。(134P)





実際では、ザブングルのラストはみんなで走る、「らしい」内容になりました。



しかし没案である「エルチが洗脳されたままジロンと旅に出、ラグはサンドラットの仲間と残されてしまう」は、エルガイムのラストそのままです。



エルガイムの後半はすでに『Z』制作が動いていたので、間に合わせるために「没案を引っ張りだしてきた」可能性もあります。

それともこの展開、富野監督にはよほど捨てがたい魅力があったんでしょうか。



富野監督自身は、下記のように語っています。





ですから、ラストシーンと言うことについては一番初めに頭にあって作ったシリーズだということです。(『富野語録』P110~111)



そりゃ頭にあったでしょう。

なにせザブングルの時から、同じようなラストを考えていたのですから。



よくある「キャラクターも生き物」的には、ジロンはそのラストを拒絶して走り出し、ダバは受け入れた、とも書けるのですが。



ぼくそういうの、好みなんですよね。





 ※関連記事

 
『エルガイム』の企画段階とラストシーン

  ブルーストーン経済によるシビリアンコントロール<『戦闘メカ ザブングル』惑星ゾラ開発史>







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。