SSブログ

このブログも10周年を迎えました。 [その他]

 えー、どうも。

 数か月前、別のブログさんが10年目に突入したことを知って、「あれ、俺は何年くらいブログやっているんだろう?」と調べたら2005年の5月29日でした。

 「おれも・もう少しで10年かー」とその時思ったのですが。

 その「もう少し」が今日だった。10年たった。

 このブログの最初の記事は、「富野にとって、何の為の作品か その2」。
 今読むと、劇場版Zについてグチグチ文句言っているな。

 どうでもいいことでしょうが、当ブログ名が『富野とかBLOGサイト2』と「2」が付いているのは、その前にAAA!CAFEのブログで記事を書いていて。今では404not foundだけれど。

 しかし使いづらいので、現在のソネブロに移転した。それから10年。

 当初は不都合連発していたソネブロも、近年はずっと安定しているなー。メンテ開始からのメンテ延長コンボも、ちょっと懐かしいな。

 このブログはもともと、「富野由悠季乱調辞典」を多くの人に読んでもらいたくて始めたので、もうやめてもいいっちゃいいんだよな。

 10年の間に、「さらうアニメ史」なんて・ちょっとは同好の皆さんの役に立てそうなものも書いたし。

 まあタラタラと続けます。誰か原稿料くれ。お金くれたら張りきって書く。
 何故にライターなのに、趣味で・無料で・PVも更新したところで1日千程度なのに、文章を無料で書いているんだ(愚痴)。

 ちなみにアクセス数が多かった記事を、上位から順番に並べてみると。あ、トップページ表示は抜かして、記事への直接アクセスのみね。


1、パチンコ フィーバーマクロスF初打ち報告

2、小説『リーンの翼』エロシーン、なんか不思議じゃね?(ピンク)

3、『マツコ&有吉の怒り新党』の「新・三大○○」でザンボット3登場

4、『Gのレコンギスタ』(Gレコ)を放送する地上波が3局しかないと知って、しばし呆然としたのでした。また「子ども向け」から遠ざかる

 ここまでが1記事につき1万5千アクセスくらい。
 以下は全部1万切っている。

5、パチスロ「マクロスF」初打ち結果報告。

6、『えびてん』が良い意味でどうかしている。4話目はレイズナーのネタなの?

7、今さら『サマーウォーズ』感想 後編

8、今さら野暮なことだが、『∀ガンダム』の、「あの」ラスト6分間をもう1度振り返ってみる。

9、富野由悠季乱調辞典 か行 

10、伊集院光は(やっぱり)岡田斗司夫が嫌い

11、【ネタバレなし】アニメ『ねらわれた学園』感想・レビュー

12、『ゼーガペイン』最終話の気になる点(疑問点)

13、『Gのレコンギスタ』(Gレコ)をより楽しむための極めて簡易なテクスト① マスク先輩はこれまでのマスクキャラと違い、そして富野監督の分身である

14、『Gのレコンギスタ』(Gレコ)3話で、なぜアイーダ様は踊りながら出てきたのか? 

15、【ネタバレなし】『おおかみこどもの雨と雪』感想・レビュー

 
 お気づきかもしれませんが、富野作品ブログのはずが、アクセス上位15記事のうち半数以上が富野と無関係。なんかヘコむ…

 ちなみにパチンコ・パチスロ記事は、設定とか潜伏有無とか天井とか知りたくてホールから検索している屑どもが、「見ず知らずの奴(ぼく)の勝ち自慢を読んで腹を立てる」ために書いた記事です。
 かなり意地悪な魂胆と、自慢のためだけに書きました。それがトップ。10年の結果。

 逆に嬉しいのは、∀のラスト6分の記事を、今でも読んでくれる人がいることかな。この記事は今でもアクセスある。

 『リーンの翼』の小説記事はね、評価をいただいたことも数回あるのですが、エロ単語で検索引っ掛かる方が多いのかな。

 エロ単語でいうと、「富野由悠季乱調辞典」の「か行」がアクセス多いのは、これはもう間違いなく。
 例の富野発言「こんなクェス・パラヤの…」を書いているからですね。さすがに今ではいなくなったけれど、数年間・これ関連を検索して当ブログに来ていただく人が必ず1人はいたからなー。毎日。

 まあ余談だけれど、この発言もねー。
 10年たった今となっては、出所が誰だったかを考慮するに「盛っているとは思っていたけれど、まさかゼロから話を作ってないだろうな?」くらいの信ぴょう性にはなっちゃいましたね。

 あと10年前との一番の違いは、様々な富野好きの方とネット上で会話するようになったことかな。楽しい。
 それと、ついにTVシリーズの富野作品が放映されて、同時代にブログ記事を書けたこと。

 それまでは「放映済みの作品を振り返る」だったのが、「現在進行形の作品を語る」ってのは、違う難しさや面白さがあったな。

 これはまた、別に記事にします。


 月に数回、ヘタしたらしばらく更新しないこともあるブログですが、よろしければ今後もたまにはおいで下さい。
 読んでくれてありがとう。


 追記・たぶん、1人だけだと思うんだけれど。
 このブログの前のさらに前、仕事日記みたいなブログ(すぐやめた)から読んでくれている人がいて。

 今も来てくれているか知らんけれど。

 なんかありがとう。





映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

  • 作者: 富野由悠季
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2011/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






アパートメント・オブ・ガンダム 3 (少年サンデーコミックススペシャル)

アパートメント・オブ・ガンダム 3 (少年サンデーコミックススペシャル)

  • 作者: 春風邪 三太
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: コミック



ガンダム世代への提言  富野由悠季対談集 I (単行本コミックス)

ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集 I (単行本コミックス)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/07/23
  • メディア: コミック



「ガンダム」の家族論 (ワニブックスPLUS新書)

「ガンダム」の家族論 (ワニブックスPLUS新書)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2011/04/15
  • メディア: 新書



密会―アムロとララァ (角川スニーカー文庫)

密会―アムロとララァ (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 富野 由悠季
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2000/09/28
  • メディア: 文庫



機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (9) (カドカワコミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (9) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: コミック



「ガンダム」を創った男たち。上巻<「ガンダム」を創った男たち。> (角川コミックス・エース)

「ガンダム」を創った男たち。上巻<「ガンダム」を創った男たち。> (角川コミックス・エース)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/08/11
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

kaito2198

10周年おめでとうございます。
まだまだ盛り上がる材料がいっぱいありますので(意味深)、これからもよろしくお願いいたします。
by kaito2198 (2015-05-29 23:22) 

坂井哲也

お祝いの言葉ありがとうございます。

材料あるなら嬉しいです。なにせ近年まで一番の材料(TVシリーズ)が無い状態で、お互い続けてきたんですからね(笑)。

こちらこそこれからもよろしくお願い致します。
by 坂井哲也 (2015-05-29 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。